Home

白鳳会ブログ

北蔵王連峰

蔵王連峰をつなげたい。未だ歩いていないところ。北蔵王連峰は、雁戸山は、

北峰と南峰の間。八方平から名号峰の間。ここを歩けば、北の笹谷峠から白石スキー場

まですべてつながる。

 

2019年11月2日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

 ぶどう沢登山口13:20発。2回渡渉有りで急坂になる。

 

<登山道から南雁戸山>

 登山道から南雁戸山.JPG

 

15:40分、今夜の宿泊地、八方平避難小屋に着いた。

 

<八方平避難小屋>

 八方平避難小屋.JPG

 

<南蔵王方面>

 南蔵王方面.JPG

 

<夜の避難小屋>

 夜の避難小屋.JPG

 

 

11月3日(日) 曇り後晴れ

 

期待していたご来光は、拝めなかった。

6:00前に出発。まずは、南雁戸山。

 

<飯豊連峰>

 飯豊連峰.JPG

 

初冠雪か。

 

<月山・奥は鳥海山>

 月山・奥は鳥海山.JPG

 

<雁戸山頂>

 雁戸山頂.JPG

 

ここは、つながった。

 

<大東・船形方面>

 大東・船形山方面.JPG

 

<太平洋>

 太平洋.JPG

 

<南雁戸より縦走路・奥の高いのが熊ノ岳>

 南雁戸より縦走路・奥の高いのが熊ノ岳.JPG

 

<縦走より南雁戸山を振返る>

 縦走路より南雁戸山を振返る.JPG

 

<名号峰>

 名号峰.JPG

 

初めて人に出会った。やはり、熊ノ岳までは人が凄く、こちらに向かったら人いなく

どうやらお互い様のようだ。

 

<名号峰より雁戸山>

 名号峰より雁戸山.JPG

 

名号峰までつながった。これで、蔵王連峰は、すべてつながりました。

来た道を引き返すのであった。

 

 

                               植松一好

令和元年 小暮祭

2019年10月20日(日) 天候 晴れ

白鳳会出席者;清水会長・みみっく・植松

山梨県山岳連盟小宮山会長あいさつ

小暮祭.JPGほうとうのふるまい

小暮祭2.JPG今年は、紅葉が遅いようです。

                                  植松一好

女川町・石投山

海が見たい。仙石線石巻線乗り継いで女川町に向かった。

 

2019年10月5日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

 すきやで朝食食って、7時30分仙石線に乗る。9時20分、女川駅に着いた。

 

<石巻駅>

 石巻駅.JPG

 

石投山、往復4時間を見て行く。

 

<女川から石投山>

 女川から石投山.JPG

 

<山の神>

 山の神.JPG

 

<山頂から太平洋>

 山頂から太平洋.JPG

 

<遠く金華山>

 遠く金華山.JPG

 

<女川駅>

 女川駅.JPG

 

<女川商店街>

 女川商店街.JPG

 

<女川駅2>

 女川駅2.JPG

 

2F右側が温泉¥500 左が休憩所。生ビールは、売店のおねー様が持ってきてくれる。

 

<電車はこれがたまんない>

 電車はこれがたまんない.JPG

 

                               植松一好

南面白山+α

今日は、南面白山に行くことに。夜は、スペシャルイベントに参加。

 

2019年9月28日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

 すきやで朝食食って、7時14分仙山線に乗る。8時4分、面白山駅に着いた。

本日は10人ほど降りた。コスモスベルグ、面白山スキー場跡を抜け、南面白山山頂だ。

 

<コスモスベルグより南面白山>

 コスモスベルグより南面白山.JPG

 

<コスモスベルグより北面白山>

 コスモスベルグより北面白山.JPG

 

<山頂より大東岳>

 山頂より大東岳.JPG

 

<山頂より北面白山・中面白山・後は船形連峰>

 山頂より北面白山・中面白山・後は船形山.JPG

 

<山頂より猿鼻山(中東岳)後は蔵王連峰>

 猿鼻山(中東岳)後は蔵王連峰.JPG

 

<朝日連峰>

 朝日連峰.JPG

 

<ムキ茸>

 ムキ茸.JPG

 

<面白山大権現>

 面白山大権現.JPG

 

15時22分の列車で帰泉した。

で、本日のイベントは、ベガルタVS Fマリノス。

マリノスの16番の選手とは、末永い付合いになりそうです。試合結果は、

1:1 ドローとなりましたが、1アシストしました。

 

<Fマリノス16番>

 Fマリノス16番.jpg

 

 

 

                               植松一好

面白山

東北百名山も終わり、身近な原点に返り登る。

今回は、毎度馴染み深い面白山だ。

 

2019年9月21日(土) 天候 曇り 植松単独

 

 すきやで朝食食って、7時14分仙山線に乗る。8時4分、面白山駅に着いた。

20人ほど降りた。かもしかコースより面白山目指す。

 

<遠く月山>

 遠く月山.JPG

 

<面白山山頂>

 面白山山頂.JPG

 

<面白山山頂2>

 面白山山頂2.JPG

 

<中面白山>

 中面白山.JPG

 

<オヤマリンドウ>

 オヤマリンドウ.JPG

 

15時22分の列車で帰泉した。

 

 

                               植松一好

泉ヶ岳

東北百名山も終わり、さて、どこに登ろうか。もちろん山は沢山ある。けど、

労費かけ遠出するのも考え物である。まずは、身近な泉ヶ岳、冬は、スキーで

足しげに通う。

 

2019年9月7日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

 すきやで朝食食って、7時、泉ヶ岳登山口に着いた。

大人気の山、物凄い人である。トレランの大会も近いので若者も多い。

 

<水神様>

 水神様.JPG

 

<泉ヶ岳山頂>

 泉ヶ岳山頂.JPG

 

<ウメバチソウ>

 ウメバチソウ.JPG

 

<三叉路>

 三叉路.JPG

 

厳冬期は、この看板の上を行く。

 

<北泉ヶ岳山頂>

 北泉ヶ岳.JPG

 

ここも厳冬期は雪の下。16時、駐車場に着いた。

 

 

                               植松一好

大東岳

大東岳、仙台で赴任当初、仙山線の面白山駅から登った。この山は、

国道48号線愛子バイバスから真正面に見える比較的に大きい山である。

今月の初めにオオナメ沢オオナメ遡行した。大東岳を正規ルートから登る事とした。

 

2019年8月24日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

11時半、山頂着。大東岳表ルート、山頂までは景色は皆無。

 

<大東岳山頂>

 大東岳山頂.JPG

 

<山頂の祠>

 山頂の祠.JPG

 

<樋ノ沢(オオナメ沢)に降ります>

 樋ノ沢(オオナメ沢)に降ります。.JPG

 

こちらのルートの方が景色が良いです。

 

<右から南面白山・猿鼻山(中東岳)・小東岳>

 右から南面白山・猿鼻山(中東岳)・小東岳.JPG

 

<蔵王連峰・右は仙台神室>

 蔵王連峰・右は仙台神室.JPG

 

<大東岳を振返る>

 大東岳を振返る.JPG

 

<樋ノ沢分岐>

 樋ノ沢分岐.JPG

 

<樋ノ沢避難小屋>

 樋ノ沢避難小屋.JPG

 

16時半、駐車場に着いた。今日もよく歩いた。

<里から大東岳・左三方倉山>

里より大東岳・左は三方倉山.JPG

 

                               植松一好

二口山塊・大行沢(オオナメサワ)

2019 6月、7月、週末は、いつも雨。もう2ヶ月近く山に行っていない。

そして、いきなり真夏がやって来た。二口山塊で有名な大行沢(オオナメ)に

行くことにした。

 

2019年8月3日(土) 天候 快晴 植松単独

 

有名な沢なので、かなりの入渓者がいると思いきや、だれもいない。

さて、駐車場で沢支度。いきなりのゴルジュ帯である。気持ちよく泳ぐ。

ここのところの暑さで、沢水も冷たくない。

 

<ゴルジュ帯>

 ゴルジュ帯.JPG

 

ゴルジュ帯を突破、しばらくは、平凡な沢を行く。とまた、釜に出会った。

このまま泳ぎやへつりを続ければ、上部の天国のオオナメにたどり着けない。

右側の草付きをよじり、登山道に出た。しばらく歩いて行くと、雨滝に遭遇。

見事なミスト滝だ。

 

<ミスト滝>

 ミスト滝.JPG

 

それにしても暑い。沢水をごくごく飲む。

昼過ぎにオオナメ入渓地点に着いた。

 

<大行沢1>

 大行沢1.JPG

 

<大行沢2>

 大行沢2.JPG

 

<大行沢3>

 大行沢3.JPG

 

<クガイ草>

 クガイ草.JPG

 

17時30分、駐車場に着いた。久々の11時間行動でした。

翌日は、階段の昇り降り大変だった。

 

                               植松一好

山梨百名山四天王「鶏冠山」

2019年6月1日(晴れ)鶏冠山

(参加者)順不同敬称略
井口、中川、芳賀、片山、松野、中澤、小松、(文責)保延

行ってきました鶏冠山
私に登れるかしら(´∀`*)ウフフ

道の駅みとみ:6時21分
チンネのコル:9時20分
鶏冠山:11時5分
チンネのコル:14時3分
道の駅みとみ:17時

【道の駅みとみから出発】
鶏冠山1.jpg

【このメンバーで登ります。強力~(笑)】
鶏冠山2.jpg

【え!こんなとこ登るの?ヒイー】
鶏冠山3.jpg

【ガシガシ登る先輩たち。カッコイイヾ(o´∀`o)ノ】
鶏冠山4.jpg

【山頂です(。´-д-)疲れた。。】
鶏冠山6.jpg

【そうか!登ったら下りるのね(≧∇≦)コワイ・・・】
鶏冠山5.jpg

【川を渡って~】
お疲れ様(*^^*)
天気にも恵まれて、とてもいい山行でした
鶏冠山7.jpg

注意)山梨県 鶏冠山は、山梨県にある山の中でも難易度の高い山です
装備、技術、対応できる方同士で登ることをお勧めします

山梨岳連 遭難対策委員会 ロープワーク講習会

開催日時 令和元年6月23日(日)

開催場所 小瀬スポーツ公園クライミング場

参加者 山梨岳連 19名 (内白鳳会参加者 受講生 飯島  Staff  芳賀 保延 川崎 安藤) 

    一般参加者 3名 

山梨県山岳連盟遭難対策委員会では、ロープワーク講習会を開催しました。主にハイキング・縦走登山者を対象としたロープワークの講習を行い、内容は基本的なロープの結束と悪場の通過などに役立つ技術の解説と実習。会員制捜索サービス「ココヘリ 山梨県山岳連盟割引」の紹介。

65293797_1479259528883039_8912686605311934464_n.jpg
小瀬スポーツ公園 クライミング場

65391082_1479260292216296_5369951855902195712_n.jpg

エイトノット・ボーライン・クローブヒッチ・ムンター・他フリクションノットなどの講習

65133780_1479260762216249_4694735885474725888_n.jpg

64817921_1479261518882840_5218383379149357056_n.jpg簡易ハーネス作成

65316190_1479261688882823_7084886955225251840_n.jpg

64992841_1479263255549333_5058870909411000320_n.jpg

アンカー作成

64421692_1479262898882702_3048619489517109248_n.jpg習った結束の検証

午後は各班に分かれ、シュミレーション、講習の成果確認。

受講の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

65249096_1479263575549301_9092636999050854400_n.jpg
ココヘリ山梨岳連割引の案内・捜索実演

すでに会員になっている方が多く、嬉しい限りです。

coco_yamanashi.jpg バナーをクリック


coco_jmsca.jpg

バナーをクリック

未入会の方は、お早めにご入会下さい。

Index of all entries

Home

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top