Home

白鳳会ブログ

鍋越峠

今年は、雪が少ない。例年だと、新年のこの3連休は、面白山だ。

行こうと思っていたが。そんな時、面白山BCの仲間から鍋越峠の牧場に行くという。

初めて聞く場所である。国道347号線のライブカメラで見ると、雪は十分にある。

 

2020年1月11日(土) 天候 晴れ後曇り 植松単独

 

<鍋越峠>

 鍋越峠.JPG

 

<林道を行く>

 林道を行く.JPG

 

先行者のトレース。

 

<林道を行く2>

 林道を行く2.JPG

 

<宝栄牧場に着いた>

 宝栄牧場に着いた.JPG

 

素晴らしい景色が待っていた。

 

<船形山方面>

 船形山方面.JPG

 

<国見峠らしい>

 国見峠らしい.JPG

 

<面白山BC皆様>

 面白山BC皆様.JPG

 

メンバー達に会えた。昼食を食べて下山していった。

3本ほど滑り、天候も悪くなって来たので下山した。

船形山が異様である。

 

<船形山>

 船形山.JPG

 

<白森と思われる>

 白森と思われる.JPG

 

<村山葉山>

 村山葉山.JPG

 

帰りは、色麻町のカッパの湯に寄って帰泉した。

 

                               植松一好

遠野三山・石上山

遠野三山=早池峰・六角牛山・石上山 石上山はまだ登っていない。

本日、恒例の江刺で忘年会。石上山を目指すのであった。

 

2019年12月21日(土) 天候 晴れ後曇り 植松単独

 

<国道4号線から栗駒山>

 4号線から栗駒山.JPG

 

<焼石連峰と北上川>

 焼石連峰と北上川.JPG

 

<石上山登山口>

 石上山登山口.JPG

 

<姥石>

 姥石.JPG

 

<鎖場、鉄ハシゴの連続>

 鎖場・鉄はしごの連続.JPG

 

<中の堂>

 中の堂.JPG

 

<亀石>

 亀石.JPG

 

石上山と言う名前、稜線には大石が沢山ある。

 

<石上山山頂>

 石上山山頂.JPG

 

<たまらん熱さ、うまい!>

 たまらん熱さ・うまい!.JPG

 

<六角牛山>

 六角牛山.JPG

 

早池峰は、雲の中だった。下山後、遠野の街で宝くじ買って、江刺に戻るのであった。

 

<毎度、江刺で忘年会>

 DSC_0624.JPG

 

 

                               植松一好

三森山・オボコンべ山

オボコンべと言う特異な岩峰の山に出かけた。

赤ん坊をおぶる所からきているそうだ。

 

2019年12月14日(土) 天候 晴れ後雨 植松単独

 

<砂金部落から三森山>

 砂金部落から三森山.JPG

 

<登山口>

 登山口.JPG

 

<三森山山頂>

 三森山山頂.JPG

 

<オボコンべ山頂>

 オボコンべ山頂.JPG

 

<オボコンべ山頂から三森山>

 オボコンべ山頂から三森山.JPG

 

<桐の目山方面>

 桐の目山方面.JPG

 

<雁戸山方面>

 雁戸山方面.JPG

 

<オボコンべの鎖場>

 オボコンべの鎖場.JPG

 

<オボコンべの岩峰を振返る>

 オボコンべの岩峰を振返る.JPG

 

                               植松一好

湯殿山スキー場2019

こちらのスキー仲間からお誘いを受け参加することに。

 

2019年12月7日(土) 天候 曇り後晴れ 植松・他5名

 

 7時集合。2台で出かける。

9時過ぎ、湯殿山スキー場着。積雪は、裕に1m越えである。

 

<オープン前のスキー場>

 オープン前の積雪.JPG

 

オープン日、リフトはただである。

 

<本日10時45分よりリフト運行>

 12月7日オープン.JPG

 

<安全祈願>

 安全祈願.JPG

 

<湯殿山方面>

 湯殿山方面.JPG

 

<スキー場、トップの画像1>

 スキー場、トップの画像1.JPG

 

<トップの画像2>

 トップの画像2.JPG

 

<トップの画像3>

 トップの画像3.JPG

 

2本滑ったら、天気もいいため、リフトは長蛇の列。全部で5本滑り終了。

2時には、スキー場を後にした。

 

 

                               植松一好

北蔵王連峰

蔵王連峰をつなげたい。未だ歩いていないところ。北蔵王連峰は、雁戸山は、

北峰と南峰の間。八方平から名号峰の間。ここを歩けば、北の笹谷峠から白石スキー場

まですべてつながる。

 

2019年11月2日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

 ぶどう沢登山口13:20発。2回渡渉有りで急坂になる。

 

<登山道から南雁戸山>

 登山道から南雁戸山.JPG

 

15:40分、今夜の宿泊地、八方平避難小屋に着いた。

 

<八方平避難小屋>

 八方平避難小屋.JPG

 

<南蔵王方面>

 南蔵王方面.JPG

 

<夜の避難小屋>

 夜の避難小屋.JPG

 

 

11月3日(日) 曇り後晴れ

 

期待していたご来光は、拝めなかった。

6:00前に出発。まずは、南雁戸山。

 

<飯豊連峰>

 飯豊連峰.JPG

 

初冠雪か。

 

<月山・奥は鳥海山>

 月山・奥は鳥海山.JPG

 

<雁戸山頂>

 雁戸山頂.JPG

 

ここは、つながった。

 

<大東・船形方面>

 大東・船形山方面.JPG

 

<太平洋>

 太平洋.JPG

 

<南雁戸より縦走路・奥の高いのが熊ノ岳>

 南雁戸より縦走路・奥の高いのが熊ノ岳.JPG

 

<縦走より南雁戸山を振返る>

 縦走路より南雁戸山を振返る.JPG

 

<名号峰>

 名号峰.JPG

 

初めて人に出会った。やはり、熊ノ岳までは人が凄く、こちらに向かったら人いなく

どうやらお互い様のようだ。

 

<名号峰より雁戸山>

 名号峰より雁戸山.JPG

 

名号峰までつながった。これで、蔵王連峰は、すべてつながりました。

来た道を引き返すのであった。

 

 

                               植松一好

令和元年 小暮祭

2019年10月20日(日) 天候 晴れ

白鳳会出席者;清水会長・みみっく・植松

山梨県山岳連盟小宮山会長あいさつ

小暮祭.JPGほうとうのふるまい

小暮祭2.JPG今年は、紅葉が遅いようです。

                                  植松一好

女川町・石投山

海が見たい。仙石線石巻線乗り継いで女川町に向かった。

 

2019年10月5日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

 すきやで朝食食って、7時30分仙石線に乗る。9時20分、女川駅に着いた。

 

<石巻駅>

 石巻駅.JPG

 

石投山、往復4時間を見て行く。

 

<女川から石投山>

 女川から石投山.JPG

 

<山の神>

 山の神.JPG

 

<山頂から太平洋>

 山頂から太平洋.JPG

 

<遠く金華山>

 遠く金華山.JPG

 

<女川駅>

 女川駅.JPG

 

<女川商店街>

 女川商店街.JPG

 

<女川駅2>

 女川駅2.JPG

 

2F右側が温泉¥500 左が休憩所。生ビールは、売店のおねー様が持ってきてくれる。

 

<電車はこれがたまんない>

 電車はこれがたまんない.JPG

 

                               植松一好

南面白山+α

今日は、南面白山に行くことに。夜は、スペシャルイベントに参加。

 

2019年9月28日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

 すきやで朝食食って、7時14分仙山線に乗る。8時4分、面白山駅に着いた。

本日は10人ほど降りた。コスモスベルグ、面白山スキー場跡を抜け、南面白山山頂だ。

 

<コスモスベルグより南面白山>

 コスモスベルグより南面白山.JPG

 

<コスモスベルグより北面白山>

 コスモスベルグより北面白山.JPG

 

<山頂より大東岳>

 山頂より大東岳.JPG

 

<山頂より北面白山・中面白山・後は船形連峰>

 山頂より北面白山・中面白山・後は船形山.JPG

 

<山頂より猿鼻山(中東岳)後は蔵王連峰>

 猿鼻山(中東岳)後は蔵王連峰.JPG

 

<朝日連峰>

 朝日連峰.JPG

 

<ムキ茸>

 ムキ茸.JPG

 

<面白山大権現>

 面白山大権現.JPG

 

15時22分の列車で帰泉した。

で、本日のイベントは、ベガルタVS Fマリノス。

マリノスの16番の選手とは、末永い付合いになりそうです。試合結果は、

1:1 ドローとなりましたが、1アシストしました。

 

<Fマリノス16番>

 Fマリノス16番.jpg

 

 

 

                               植松一好

面白山

東北百名山も終わり、身近な原点に返り登る。

今回は、毎度馴染み深い面白山だ。

 

2019年9月21日(土) 天候 曇り 植松単独

 

 すきやで朝食食って、7時14分仙山線に乗る。8時4分、面白山駅に着いた。

20人ほど降りた。かもしかコースより面白山目指す。

 

<遠く月山>

 遠く月山.JPG

 

<面白山山頂>

 面白山山頂.JPG

 

<面白山山頂2>

 面白山山頂2.JPG

 

<中面白山>

 中面白山.JPG

 

<オヤマリンドウ>

 オヤマリンドウ.JPG

 

15時22分の列車で帰泉した。

 

 

                               植松一好

泉ヶ岳

東北百名山も終わり、さて、どこに登ろうか。もちろん山は沢山ある。けど、

労費かけ遠出するのも考え物である。まずは、身近な泉ヶ岳、冬は、スキーで

足しげに通う。

 

2019年9月7日(土) 天候 晴れ 植松単独

 

 すきやで朝食食って、7時、泉ヶ岳登山口に着いた。

大人気の山、物凄い人である。トレランの大会も近いので若者も多い。

 

<水神様>

 水神様.JPG

 

<泉ヶ岳山頂>

 泉ヶ岳山頂.JPG

 

<ウメバチソウ>

 ウメバチソウ.JPG

 

<三叉路>

 三叉路.JPG

 

厳冬期は、この看板の上を行く。

 

<北泉ヶ岳山頂>

 北泉ヶ岳.JPG

 

ここも厳冬期は雪の下。16時、駐車場に着いた。

 

 

                               植松一好

Index of all entries

Home

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top