Home

白鳳会ブログ

2022 夏山反省会 高川山・九鬼山・杓子山

今年の夏山反省会は、郡内の山に行く事となった。

 

20221112日(土) 無風快晴

 

宿泊組;会長・芳賀・上野・中川・オッカ・秋田・植松

日帰り組;亀田夫妻・後藤夫妻・中沢・植田・小尾・広瀬・川崎

 

道の駅つるに集合。まずは、高川山。リニアの下をくぐりすぐ登山開始。

 

<高川山分岐>

 高川山分岐.JPG

 

<山頂より富士様>

 山頂より富士様.JPG

 

<山頂より御正体様>

 山頂より御正体様.JPG

 

<下山>

 下山.JPG

 

<黄葉>

 黄葉.JPG

 

<午後から登る九鬼山>

 午後から登る九鬼山.JPG

 

富士急行線、禾生駅でトイレと昼食。

 

<歴史を感じるアーチ橋>

 歴史を感じるアーチ橋.JPG

 

アーチ橋は、水路だった。

 

<午前中に登った高川山>

 午前中に登った高川山.JPG

 

 

<九鬼山分岐>

 九鬼山分岐.JPG

 

<紅葉黄葉を楽しむ>

 紅葉黄葉を楽しむ.JPG

 

<リニアと中央道>

 リニアと中央高速.JPG

 

道の駅に戻り、今夜の宿泊場所スターランドに向かう。日帰り組も温泉と夕食いただく。

 

11月13日(日)晴れ後曇り

 

本日は、杓子山へ。登山口から見事な富士山が見えた。

 

<見事な傘雲>

 見事な傘雲.JPG

 

<杓子山山頂>

 杓子山山頂.JPG

 

<XXリンドウ>

 XXリンドウ.JPG

 

午後1時には、韮崎に着いた。

 

 

植松 一好

大峰山・大台ヶ原山

4連休となり、思いきって紀伊半島の2山に行って来た。

 

2022年11月3,4,5日(木~土) 快晴

 

植松単独

 

3日は、移動日とした。杖突峠を越え、伊那ICから高速へ乗る。三重県に入り、

多気ICで降りる。奈良県は、川上村に入り、国道309号線行者環トンネル西口が、

大峰山の登山口である。車中泊は、\1,500円。しかし管理人はいないようだ。

 

翌朝、管理人登場、しっかりと徴収された。

6時半出発。1時間ほどで稜線に出た。

 

<稜線に出た>

 稜線に出た.JPG

 

<弁天の森>

 弁天の森.JPG

 

<聖宝の宿跡>

 聖宝の宿跡.JPG

 

<大台ヶ原が見えた>

 大台ヶ原.JPG

 

<大峰山北方の山々>

 大峰山北方.JPG

 

<弥山より八経ヶ岳>

 弥山より八経ヶ岳.JPG

 

<八経ヶ岳>

 八経ヶ岳.jpg

 

<駐車場に戻った>

 駐車場に着いた.JPG

 

舞台は、大台ヶ原へ。

 

<駐車場に着いた>

 大台ヶ原駐車場.JPG

 

翌日、6時半出発。

 

<日出ヶ岳>

 日出ヶ岳.JPG

 

<山頂から太平洋>

 山頂から太平洋.JPG

 

<豪雨地帯だそうな>

 豪雨地帯だそうな.JPG

 

<昨日登った大峰山>

 昨日登った大峰山.JPG

 

<まさに大台ヶ原1>

 まさに大台ヶ原1.JPG

 

<大台ヶ原2>

 大台ヶ原2.JPG

 

<大台ヶ原3>

 DSC03095.JPG

 

昼前には駐車場戻り、帰りは伊勢湾岸道路から新東名⇒中部横断道で、夜7時に韮崎

に着いた。

 

日本百名山80座となりました。年内に80座目指していたので。

 

植松 一好

2022 鹿対策ネット撤収作業(鳳凰小屋周辺)

鹿対策ネットの除去(鳳凰小屋周辺)に行って来た。

作業内容春先の作成作業参考=いわゆる冬に入るので撤収作業に行って来た。

 

2022年10月22,23日(土日) 晴れ

 

後藤夫妻・上野・植松(白鳳会)

小屋・名取(韮崎市役所)

 

5時市役所集合。会長等は、薬師小屋へ。

6時過ぎ、西平下に駐車。市役所のキャラバンは、スタックしたので2名は、後程

追っかけで来る。

 

<西平のカモシカ>

 西平のカモシカ.JPG

 

若いのか、人間が珍しいのか、まったく動かない。

 

<燕頭から甲斐駒様>

 燕頭から甲斐駒様.JPG

 

<石空南沢>

 石空南沢.JPG

 

11時過ぎ、小屋着。飯食って作業にかかる。しかしテントが多く、本日は、ドンドコ沢

入り口と小屋正面の柵の片付け。

 

<大盛況鳳凰小屋のテン場>

 大盛況鳳凰小屋のテン場.jpg

 

時間もあるので、賽の河原に向かう。ここも順調に撤去。雪の流れ止めをしっかりと

養生。

 

<鳳凰小屋の朝>

 鳳凰小屋の朝.jpg

 

<オベリスクに登攀者>

 オベリスクに登攀者.jpg

 

下山後、テン場横の柵の撤去。すべての作業終了。

ちなみに昨晩のテント数は40張以上、山小屋の宿泊者60人以上。恐るべし。

 

<鳳凰小屋>

 鳳凰小屋.jpg

 

 

                                   植松 一好

千頭星山・甘利山周遊

快晴との事で、さわら池より千頭星山~甘利山を周遊してきた。

 

2022年10月1日(土) 快晴 植松単独

 

<南甘利山>

 南甘利山.JPG

 

<南甘利山から富士様>

 南甘利山より富士様.JPG

 

<大笹池から千頭星山>

 大笹池より千頭星山.JPG

 

千頭星山

 千頭星山.JPG

 

<千頭星山から薬師様の双耳峰>

 千頭星山から薬師様の双耳峰.JPG

 

<千頭星山からオベリスク様>

 千頭星山からオベリスク様.JPG

 

<甘利山山頂>

 甘利山山頂.JPG

 

植松 一好

TJAR 2022 トランスジャパンアルプスレース

  • 2022年9月20日 18:15
  • TJAR

会員である井出が、昨年に続き今年も出場。

<コース概要>

富山湾にて日本海にタッチからスタート。北アルプス・中央アルプス・南アルプス、

最後は、太平洋にタッチで完結というもの。しかも8日間限定。

昨年は、台風でレース途中で中止。今年、なんと!完走!しかも11位。物凄い快挙である。白鳳会として、快挙のお祝い会DVDの上映会を行った。

 

2022年9月10日(土)  場所;白鳳荘 天候 フルムーン

 

<出席者>

会長・井出夫妻・後藤夫妻・小林夫妻・山本(俊)・ヤマケン・バン亀・長坂・山田

向山・芳賀・オッカ・小松・片山・中川・中澤・広瀬・上野・大澤・渡辺・植松

 

<上映会の前にガッツポーズ>

 上映会の前にガッツポーズ.JPG

 

<2Fにて上映>

 2Fにて上映.JPG

 

<祝賀会開始>

 祝賀会開始.JPG

 

夜が更けて行くのであった。

 

<朗報>

来週、28日(水)午後6時半~8時半

山梨県立文学館講堂にて、完走した井出氏・中島氏のトークショー、コーディネーターは、

なんとヤマケン。

主催;山梨県山岳連盟・白鳳会・アウティングプロダクツ エルク

 

非常に楽しみしています。

 

植松 一好     

大雪山(ヌタㇷ゚カウㇱぺ)旭岳

後輩の上久保が、札幌で単身赴任している。思い切って行く事にした。

 

2022年8月5~7日(金~日)  天候 無風快晴 佐久間・上久保・植松

 

5日、休みをいただいて10:10あずさに乗った。

新宿⇒東京⇒浜松町⇒羽田第一ターミナル北ウイング。佐久間と合流。

14:35 羽田~ 16:10 新千歳 レンタカー借りて札幌市街へ。上久保と合流。

夜の札幌へ。

 

6日、3時起床。旭川へ。

 

<6日夜明け>

 6日の夜明け.jpg

 

6時40分発、ロープウェイ乗車。往復3,200円。客は7割ほど。7時、登山開始。

 

<大雪山旭岳ロープウェイ>

 大雪山旭岳ロープウェイ.jpg

 

<姿見池より旭岳>

 姿見池より旭岳.JPG

 

<十勝連邦>

 十勝連邦.JPG

 

<トムラウシ山>

 トムラウシ山.JPG

 

<石狩岳・二ペソツ方面>

 石狩岳・二ペソツ山方面.JPG

 

<北鎮岳・黒岳方面>

 北鎮岳・黒岳方面.JPG

 

山頂、10時過ぎ。10時半下山

<山頂>

 山頂.jpg

 

<広大な湿原帯>

 広大な湿原帯.JPG

 

<キンコウカとリンドウ>

 キンコウカとリンドウ.JPG

 

<美しい旭岳>

 美しい旭岳.JPG

 

チングルマの数は物凄いが、既に綿毛化していた。

この辺り、カムイミンタラ(神々が遊ぶ庭)だそうな。

 

<ここだけ咲いていたチングルマ>

 ここだけ咲いていたチングルマ.JPG

 

<はしゃぎ>

 はしゃぎ.jpg

 

12時半過ぎ下山。

番外編写真

<夜の札幌1>

 夜の札幌1.jpg

 

<夜の札幌2>

 夜の札幌2.jpg

 

翌日、11:40 新千歳~ 羽田上空積乱雲の為20分遅れて13:40着。

佐久間の車で新宿駅まで。15:00新宿発16:40分には超くそ暑い韮崎帰ってきました。

佐久間・上久保、いろいろとありがとう。3日間で11万円ほどでした。

 

百名山78座目となりました。

 

植松 一好

苗場山

日本百名山に選定されている苗場山に行って来た。

 

2022年7月30,31日(土日)  天候 晴れ後曇り 杉山さん 植松

 

30日(土)市役所集合。杉山さんの車で行く。12:30に韮崎を出た。

諏訪南ICより高速に載り、豊田飯山ICで降りて、国道117号をひたすら新潟へ。

津南町より中津川渓谷を南下。3合目駐車場には、17:00着。トイレ完備の広い駐車場だ。

植松はテント泊、杉山さんは車中泊。

 

31日、520出発。9時頃、高層湿原に出た。池塘帯が素晴らしい。

 

<ワタスゲ様>

 ワタスゲ様.JPG

 

<苗場山>

 苗場山.JPG

 

<苗場山2

 苗場山2.JPG

 

<キスゲ様>

 キスゲ様.JPG

 

<山頂>

 山頂.JPG

 

<キンコウカ様>

 キンコウカ様.JPG

 

12時半、駐車場についた。杉山さん、終始、運転していただきました。

ありがとうございました。また行きましょう。

 

百名山77座目となりました。

 

植松 一好

恵那山

日本百名山に選定されている恵那山に行って来た。

 

2022年7月2日(土)  天候 快晴後曇り 植松単独

 

1日(金)PM3:30に韮崎を出た。杖突峠を越え、伊那ICより高速に載り、

中津川ICで降りて、神坂峠には、8時過ぎ着いた。車中泊。

 

2日、5時半出発。30分上がるとパノラマ台に出た。

恵那山、でかい!これをピストンとこの暑さ。たどり着けるか。

 

<パノラマ台から恵那山>

 パノラマ台から恵那山.JPG

 

<恵那山最高点>

 恵那山最高点.JPG

 

最高点過ぎても、山頂は、この先だそうな。10時半、山頂。

 

<恵那山山頂>

 恵那山山頂.JPG

 

<ヒメサユリ>

 ヒメサユリ.JPG

 

午後2時半、駐車場についた。久々の8時間行動でした。韮崎には午後6時に着いた。

 

百名山76座目となりました。

 

植松 一好

令和4年 白鳳会総会

R4 白鳳会総会が韮崎市役所3F会議室で行われた。

 

2022年6月4日(土) 14:00~ 天候 晴れ

 

出席者:清水会長・秋山顧問・井口・渡辺・上野・オッカ・山本(俊)・堀内・植田

    大上・杉山・広瀬・中川・亀田・飯島・片山・飯島・小松・向山・稲木・井出

    山田・後藤(美)・中澤・相澤(新人)

 

<R4 白鳳会総会・清水会長挨拶>

 R4白鳳会総会・会長挨拶.JPG

 

<議長・秋山顧問>

 秋山顧問・議長.JPG

 

<今年度の入会は1名>

 今年度の新人入会は1名.JPG

 

<白鳳総会出席者>

 R4 白鳳会総会.JPG

 

<白鳳荘にて夜懇親会>

 白鳳荘にて夜懇親会.JPG

 

白鳳会、2年後は、100周年を迎えます。

 

植松 一好                                                        

鳳凰山高山植物保護鹿対策柵作成2022

 鹿対策網作成の季節が来た。こちらは、鳳凰小屋周辺と地蔵岳賽の河原での

作成報告である。

 

2022年5月28,29日(土日) 天候 快晴

白鳳会:芳賀・上野・オッカ・植松

韮崎市役所:小屋・名取

 

5時、韮崎市役所集合、南御室・薬師小屋対応者

会長・井口・植田・中川 とお別れ。

 

燕頭尾根ひたすら登る。と、ヘリの音、やっと荷揚げが始まった。

ビールが空を飛んでいる。

 

<燕頭尾根から甲斐駒・左は離山>

 燕頭尾根から甲斐駒・左は離山.JPG

 

<まさにイワカガミ>

 まさにイワカガミ.JPG

 

11時、鳳凰小屋着。飯食って、12時より作業開始。

 

<鹿対策網作成1

 鹿対策網作成1.JPG

 

<鹿対策網作成2

 鹿対策網作成2.JPG

 

<完成テント場前>

 完成テント場前.jpg

 

<完成小屋前>

 完成小屋前.JPG

 

15時より小屋前ベンチで乾杯。

 

翌日 天候 無風快晴

 

<鹿対策網作成3

 鹿対策網作成3.JPG

 

<鹿対策網作成4>

 鹿対策網作成4.JPG

 

<完成オベリスク前>

 完成オベリスク前.JPG

 

<賽の河原>

 賽の河原.JPG

 

<トトロ石と仙丈様>

 トトロ石と仙丈様.JPG

 

<アカヌケの頭より>

 アカヌケの頭より.JPG

 

<アカヌケの頭よりオベリスク様>

 アカヌケの頭よりオベリスク様.JPG

 

<鳳凰小屋>

 鳳凰小屋.JPG

 

この土日は、荷揚げに専念の為、宿泊者を40人ほどに絞ったそうな。

中でもヨガの若いおねーさま21名は、凄かった。天気がよいのでテント場でヨガ

しておりました。帰りも燕頭山頂でもヨガしていました。

 

鳳凰小屋、今年は、6月18日から青戸君が常駐との事、テントも解禁との事です。

 

お疲れ様でした。秋には、鹿柵撤収となります。

 

 

植松 一好                                                        

Index of all entries

Home

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top