Home> アイス > | 南アルプス > 芦安・岳連氷訓04

芦安・岳連氷訓04

参加者;御坂山岳会3名 南嶺会1名 白鳳会8名 その他4名


3月6日(土) 天候 降雪後晴れ
芦安体育館8時半集合。本日の参加者は御坂1名、白鳳4名、その他3名。
ここの所異常に暖かく、岳連でもその他でも、もう氷は駄目ではないの?と言われ続けていた。僕の考えはむしろ逆で、昼間溶けて夜凍り、そして発達。
今日は久々の冬型の気圧配置。強風と時折の降雪。
さて、いつものように桃の木温泉奥に入る。トリコルネ滝前に駐車とテント設営。
トリコルネ滝はお見事に発達。御坂の金丸がトリコルネをやりたい、と言う事で、金丸、植松はトリコルネ。安藤始め他のメンバーはカモシカルンゼないしマシラルンゼへ。
金丸リードでトリコネル。3,40分で終了。我々もカモシカへ。カモシカには安藤がトップロープセット。新人君達の練習の場には打ってつけ。そしてマシラルンゼへ。
緩斜面のカモシカから、バーチカルアイスへ。この日のテント泊は植松・安藤・佐久間。

3月7日(日) 天候 晴れ後曇り
今日はだれが来るのだろう?御坂は前日の金丸含め3名。技術指導委員長の羽田さんも来た。白鳳は4名追加。まずまずの賑やかさ。新人君達、まずは昨日のカモシカルンゼのトップロープで遊ぶ。上級者はマシラへ。金丸もミックス挑戦。白鳳ではミックス挑戦に小野、安藤、そして実力急上昇ノーリューシュの亀田がミックスアイスのお披露目。
鍋焼きうどんの昼食後、御坂の羽田さん始め、カモシカルンゼを上部まで。われ等白鳳はトリコルネへ。安藤リードでトップロープセット。長く立っている滝をトップロープで遊んだ。この土日はとても寒かった。

余談です。千波の滝をやった朝、小瀬の駐車場で廣川さんと雑談。
その中で、最初はトリコルネでは無くてトリコネルと思い込み勝手に言っていた。
トリをコネルでつくね滝となってしまった。
トリコルネは何でもラテン語で三角錐を意味するそうな。
確かにトリコルネは三角錐である。我々は、勝手につくね滝とバクダットルンゼ(ましらルンゼ)と呼んでいるだけです。あしからず。

 報告者 山梨岳連;遭対委員植松




氷訓風景・マシラルンゼ




トリコルネ・リード安藤




トリコルネ・リード金丸

Index of all entries

Home> アイス > | 南アルプス > 芦安・岳連氷訓04

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top