Home> スキー > | 北アルプス > 針の木滑り

針の木滑り

なおみちともりもりが日本三大雪渓を滑りたい、つー事で針の木に向かった。

2004年5月23日(日) 天候 雨後晴れ後ガス後雨

メンバー 、
植松(白鳳)、なおみち(無所属現)、もりもり(いんちき商会)

4時、植松家集合。中央高速は大雨でちと不安だが、扇沢までかっ飛ばす。
扇沢に着く頃雨やんだ。
扇沢のバスターミナルはまだ静か。
天候はどんよりしているが、晴れるだろう的に出発。
一時間ほどで大沢小屋。青空出て新緑がまぶしい。
大雪渓に降りて、ここからシール登行。
2時間ほどでマヤクボ沢出会い。
シールはずしてマヤクボ沢の急な雪渓を登る。
お昼にはマヤクボコルへ。
眼下には黒部湖、そして対岸にはビックな立山。
この頃から雨がポツリポツリ。もりもりは空身で縦走路を針の木山頂へ。
なおみちは山頂付近から滑降、つー事で更に板担いで上へ。
俺は撮影のため先に滑り降りる。撮影する頃は本格的雨。
雷怖いんで、撮影後、ガンガン滑り降り、20分かからず大沢小屋着。
おいしい湧き水汲んで、ふきのとう採りながら、
観光バス仰山おる駐車場へ着きました。

コースデータ
韮崎4:10=6:30扇沢バスターミナル駐車場7:10~8:10大沢小屋8:40~10:40
マヤクボ出会い11:00~12:20マヤクボコル滑り出し13:20~14:00大沢小屋
~15:10扇沢駐車場=18:10韮崎
 植松一好

     針の木・大沢小屋付近               マヤクボ沢中間部より針の木沢出会い

  

立山と黒部湖



マヤクボ沢上部を滑る直道                    マヤクボ・もりもり    

  

ハイスピード直道!                      針の木沢下部・直道

  

石の割れ目からおいしいお水こんこんと

Index of all entries

Home> スキー > | 北アルプス > 針の木滑り

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top