Home> スキー > | 創立80周年記念事業 > | 北アルプス > | 白鳳会行事 > 立山~薬師岳~黒部五郎~双六~新穂高(テレマークスキーツアー)

立山~薬師岳~黒部五郎~双六~新穂高(テレマークスキーツアー)

メンバー : 三浦 単独

2004年4月30日

  9:30室堂~10:20一ノ越~12:30獅子岳~15:00五色ヶ原山荘~16:30越中沢岳登りBP

一ノ越

(一ノ越で、ここからがスキーの始まり)

 久しぶりの山行に不安でいっぱいのまま韮崎を出発するが、室堂から一ノ越にたどり着いた時にはそんな不安な気持ちはすっかり消し飛んでいた。
 一ノ越からスキーを履き御山谷に滑り込む、御山谷2500m地点でシールを貼り鬼岳とのコールまでの登り、鬼岳の東斜面をトラバースし獅子岳に向かう。

ザラ峠

 (五色平から獅子岳を振り返る、写真中央のルンゼを下降する)

 獅子岳からザラ峠までの標高差400mの急斜面を滑り降りる。重荷でのテレマークターンで滑るのはなかなかしんどい。ザラ峠にたどり着いたときはもうバテバテ状態。

五色平

(鬼岳から五色ヶ原方面を見る)

 ザラ峠から五色ヶ原への登るとそこからは広大な五色ヶ原、ただっ広い雪原をシールで進み、五色ガ原山荘を過ぎ鷲岳に向かう。

越中沢岳

(越中沢岳、中腹にツェルトビバーク) 

 鷲岳南面ヌクイ谷の急斜面をスキーでトラバースすると、細い稜線に出てスキーを担ぎ歩く、
グズグズの雪で歩きずらいが少しでも距離を延ばしたく急ぐ。
越中沢岳の中腹に夏道の雪解け水の流れを見つけ、ツェルトビバーク。

2004年5月1日

 5:00越中沢岳~7:00スゴ乗越~8:00スゴ乗越小屋~11:20北薬師岳~12:30薬師岳~
 15:00太郎小屋~北ノ俣岳の登り

越中中岳より立山

(越中沢岳より立山方面)

 早朝の越中沢岳の登りはよくしまった雪面をシールで登る。

薬師登り

(越中沢岳より向かう薬師岳への尾根、左手が黒部の源流域)

 越中沢岳の頂上でアイゼンに履き替え、やせた尾根をどんどん進む、スゴ乗越小屋で一服し、ここからはシールでの登り、間ノ岳付近で先行パーティーを抜き、北薬師岳を超えると薬師山頂がだんだんと近いてくる。

薬師山頂

(薬師岳山頂で小休止)

薬師より立山

(薬師岳山頂より立山を振り返る)

 薬師山頂からは、この日唯一のスキー下降、午後の重たい雪にあしをとられないように
ゆっくりと下降する。

太郎平小屋

(太郎小屋、バックは薬師岳)

 太郎小屋でビールを買い込み北の俣岳にむかって登り始めるが、
ザックにビールがあるとおもうと歩くのがいやになり、時間はまだ早いがそうそうに快適なビバークサイトをみつけツェルトを張る。

ビバーク

(2日目、太郎山でビバーク)

2004年5月2日

 5:20太郎山BP~7:00北ノ俣岳~9:00黒部五郎~12:00三俣蓮華岳~13:30双六小屋~
 15:00大ノマ乗越~18:00新穂高

北ノ俣より薬師

(北ノ俣岳への登り、薬師岳を望む)

北ノ俣より黒部五郎

(北ノ俣岳より黒部五郎岳)

 今日もピーカン。北の俣岳から黒部五郎までの大斜面をトラバースする。
 
黒部五郎

(黒部五郎のカール、カールの右手を滑る)

 黒部五郎の山頂からこれから滑るカールを見下ろすがかなりの急傾斜。山頂からカールの上を200mほどトラバース、すこし傾斜の緩くなるところでカールに飛び込む、雪もやわらかく思ったほどの怖さもなくカールの底に到着、黒部五郎小屋を目指す。
 黒部五郎小屋から三俣蓮華まではひたすらシールでの登り。
途中、丸山でシールを外し、双六小屋を目指す。

大ノマより槍

(大ノマ乗越にて、バックは槍ヶ岳)

 双六小屋をいっきに滑りぬけ双六谷を滑りおり、谷の途中から大ノマ乗越に這い上がる。
槍、穂高が目の前にせまり感激。
 大ノマ乗越からは大斜面をひたすら滑降していく。わさび小屋をすぎたところでスキーを背負い、
あとは新穂高までひたすら歩く。
 
三浦 洋三

Index of all entries

Home> スキー > | 創立80周年記念事業 > | 北アルプス > | 白鳳会行事 > 立山~薬師岳~黒部五郎~双六~新穂高(テレマークスキーツアー)

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top