Home> その他 > きのこについて、その1;ナラ茸

きのこについて、その1;ナラ茸

  • 2004年9月18日 07:01
  • その他

毎年毎年、この季節になると、山には沢山のきのこが目に付きますよね。
この、きのこ、茸、キノコ、木の子・・・高山植物と違って、
とてもおいしく食べられるのはみなさんご存知と思います。
えっ?スーパーのしか食わん!ばか、天然もん食ってみ、もろうめぇから。。。
でも、一歩間違えば死!に至る猛毒キノコがあるのもご存知ですよね。
ここではキノコについて、わたくしなりに少ない知識しかありませんが、
確実に毎年1ヶを確実にマスターしておりますので紹介していきますね。
方法は、なめて、嗅いで、噛んで、裂いて、頬ずりして、いやな奴にだまして食べさせてと、
まぁ、あらゆる事をするわけです。
さて、今回はナラ茸を紹介したいと思います。


04.9.11北岳お池手前
04.9.18不動滝周辺
このナラ茸、東北地方ではかなりの市民権を得ていますね。
柄は消化悪いそうです。まっ、食べて見て、翌日うんこを観察しましたが、
特に問題はなかったですね。
わたしの場合は、もやしと一緒炒めたり、味噌汁に入れましたが、
かなり、かなり、かなりおいしいですよ。香りも大変よいですし、
しゃきしゃき感もありますね。
似たキノコにナラ茸モドキがありますが、
これは沢山食べると消化不良を起こして戻すそうです。
同じキノコをそればかり食う馬鹿はいないと思いますが・・・
もうひとつ、コレラ茸もよく似ています。
コレラ茸は腎臓・肝臓を破壊し、死に至るそうです。
怖いですね~
では、次回をお楽しみに。
 植松一好

Index of all entries

Home> その他 > きのこについて、その1;ナラ茸

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top