Home> クライミング > | 南アルプス > 北岳バットレス・ピラミッドフェース&上部フランケ継続

北岳バットレス・ピラミッドフェース&上部フランケ継続


秋になったらバットレスへ行こうと前々から亀と言っていた。
2年前に、やはり亀と、下部フランケ~Dガリー奥壁と継続した。50mロープで15ピッチであった。今回の計画はピラミッドフェース~4尾根~中央稜の予定。
土曜日、のんびりと広河原に入った。

  メンバー :L亀田博生、植松一好(白鳳会)
04911日(土) 天候 曇り

亀んちよって、一路奈良田へ。ゲートは10時で閉じる。10時半には広河原着。
重荷担いでお池へ。ふた汗もかけば別天地お池小屋着。仰山焼き物担いで来たのでテントの前で早速宴会。しかし本日、お池入りするのはクライマーばかり???
しかもみんな50過ぎみたい???その中の1Pは、なんと!雪稜の田中・安川であった。
なんでも取引先の社長を明日4尾根に連れて行くと言う。
夕方には天気も晴れて、明日の晴天を約束してくれた。

04912日(日) 天候 快晴後ガス

3
時半起床50分出発。お見事快晴。星が物凄い。二俣まで来ると、あいや~
すでに先行のヘッランの列。これ?みんなクライマー?そう、クライマーだ。
途中3P抜いた。でもみんなBガリーを行くよ?全部4尾根?我々はDガリーへ。
ガリーも壁の末端には6人Pがいた。このPは5尾根から横断バンドを行って、4尾根テラスへ行くそうです。要するに俺達以外はすべて4尾根なのだ。
さて取付きましょう。2ピッチで横断バンドへ。ここは崩壊が盛んですぞ。落に注意!
天気は快晴、亀はグングンロープをのばしていく。やがてピラミッドフェース終了。
4尾根に出た。そこに丁度、雪稜の田中と遭遇。物凄い渋滞だそうな。
つー事で、俺達はあっさりと、上部フランケに計画変更。変更はいいが亀さんよー、
上部フランケまでのクライムダウンはかなりの冷や汗もんだぞー!本日の核心はここでしたね俺的には。上部フランケはシュバルツカンテと言うかっちょええ名前のカンテがある。
どんな意味?ガバの小ハングを越えると、後は寝ているフェースで、4尾根マッチ箱から懸垂している人達が渋滞しているのだ。マッチ箱下降点に着くと。他Pはおいら達に先を譲ってくれるのである。まっさん!の声で上見ると、マッチ箱懸垂渋滞の田中の顔がそこにはあった。その先の壁でも途中1P抜いて、枯れ木テラスに着いたけどもうお昼。
3時~5時の広河原ゲート開きに間に合いそうなので、中央稜は次回と言う事にしました。
武装解除してさっさと下山、テント撤収と荷まとめを10分ですませ、駆け足で山降りると、ゲートを閉じる5分前だったのである。この次開門は8時~9時。3時間あれば中央稜も充分出来たのでしょうね。4尾根はこの日25人~30人は入っていたそうな。
これから毎週4尾根は渋滞するのでしょうね。

コースデータ

お池3:505:30Dガリー取付き6:009:00ピラミッドフェース終了・上部フランケ取付き
10:0011:20マッチ箱下~12:30 4尾根終了13:0015:10お池15:2516:45広河原

バットレス、残すは中央稜のみとなりました。来年かなぁ・・・

 植松一好


やっと晴れ・明日の晴天を約束・お池から鳳凰

バットレス基部で御来光

うわさの十字クラックに日が当ります

天に向かってザイルをのばす亀

ピラミッドフェース上部

Pフェース核心終了!

マイギア

上部フランケを行く亀

上部フランケ終了点

赤4尾根・青ピラミッドフェース&上部フランケ・黄下部フランケ&Dガリー奥壁

Index of all entries

Home> クライミング > | 南アルプス > 北岳バットレス・ピラミッドフェース&上部フランケ継続

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top