Home> 北アルプス > | 登山 > 蝶が岳山行

蝶が岳山行

2004年9月1日(水) 天候 晴れ メンバー : 鳥越章夫(小田原ナーゲル山の会)、中川、渡辺(白鳳会)
8/30~9/1槍穂縦走の予定が台風16号のため、日帰り蝶が岳山行となった。

AM5:50三俣駐車場に到着。平日なのに広い駐車場は車がいっぱい。さすが北アルプスは人が多い。
さっさと支度してAM6:06出発。林道左に沢が見える。台風直後なので水量は通常の倍はありそう。
まもなく吊橋を渡って登山道に入る。ここからまめうち平まで急登が続き、これを過ぎるとまた急登となる。
稜線まではずっと樹林帯なので、途中、常念が見えるとなんとなくほっとした。
北アルプスと言っても前衛的な山であるので森林限界は高いようだ。
やっとハイマツが見え、そこはきっと初夏はお花畑であろう場所に出た。
まだフウロがぽつぽつと咲いているが、リンドウの蕾とミヤマトリカブトを見て秋を感じた。

北アルプスの稜線は気温12度+真直ぐに歩けない程の風が吹いていた。
AM10:06蝶が岳着、残念ながら期待していた槍・穂高は雲に隠れている。
蝶が岳ヒュッテに隠れるように昼食を食べ、山頂で記念撮影して下山した。
PM1:40と早い時間に戻ったので、ゆっくりと「ほりで~湯・四季の郷」で湯に浸かり、
明るい内に帰宅した。

 渡辺 真二郎


きっと初夏はお花畑であろう場所

野いちご

ミヤマトリカブト

山頂にて

北ア・パノラマ(写真押すと拡大)

Index of all entries

Home> 北アルプス > | 登山 > 蝶が岳山行

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top