Home> 八ヶ岳 > | > 権現沢撮影行・雪のゴルジュ

権現沢撮影行・雪のゴルジュ

  • 2005年3月12日 06:17
  • 八ヶ岳 |
2005年3月12日(土) 天候 曇り後小雪
メンバー : 荒木 単独

さすがに3月である。
林道はトレースがついているものの、しばしば踏み抜く。
雪がくさり始めている。
時間は食うし、体力は使うし、スノーシューを使いたくなる。
しかしトレースがあるのにスノーシューを使うもしゃくで、
だいたい前回は目的地に着く前にスノーシュー履いて遊びすぎて、
時間切れとなったのである。
じっと我慢・・・と、思ったが、
結局、立ち杭の堰堤のところからスノーシューを履いた。
この辺まで来ると雪の表面はクラストしているものの
その下はまだくさった感じはない。

出合小屋過ぎ、権現沢に入るとやはり雰囲気が変わる。
心なしか、それまでよりも雪が多い。
権現沢に入ってすぐ、
左側に3~4mほど滝を伴って落ち込んだところがあるはずだが、
完全に雪で埋まってしまって見かけ上はフラットである。
吹き溜まり状態。
知らずに踏み込んだら結構沈み込むのだろうか?
知っていればあまり近寄りたくない。

右俣との分岐を過ぎて一気に左俣を登ってゆく。
天気は怪しげで小雪が舞い始めてきたが
さすがスノーシューの威力、こうなると雪で覆われている分、
夏よりも早い。
ゴルジュ到着。
雪が詰まりつつもなおその深さを保つゴルジュ。
ここはゴルジュというよりも「門」と言った感じである。
2つの世界を分けているのであろうか、そんなふうにも見える。
ひとしきり撮り終えて帰路に着く。

トレースを辿りながら林道を下る、しばしば踏み抜きながら。
ツボ足ではない、スノーシューを履いて、である。
スノーシュー、
どうも雪がくさってくると効き目が無いらしい・・・

 荒木陽一

Index of all entries

Home> 八ヶ岳 > | > 権現沢撮影行・雪のゴルジュ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top