Home> 八ヶ岳 > | > 赤岳沢撮影行・倒木の嵐!

赤岳沢撮影行・倒木の嵐!

  • 2005年5月21日 05:54
  • 八ヶ岳 |
2005年5月21日(土) 天候 快晴、一時曇り
メンバー : 荒木 単独

赤岳沢ではまだ大きな滝のところまで行き着いていない。
前回は、天狗尾根の取り付きを越えた辺りで時間切れ、
今回は少なくとも一つは大きな滝を拝んで帰りたい。
とは思うものの、やはり撮りたいものがあるとついつい時間を費やしてしまう。
赤岳沢との出合で沢靴に履き替え、遡行の開始。
天狗尾根取り付きまでは足早に過ぎるものの、夥しい倒木に悩まされる。
単調で、かつ倒木に次ぐ倒木、だいぶ嫌気が差してきた頃、
左から支流が流れ込むのに出合う。
はて、ここはどの辺・・・と、登山体系のコピーを持ってくるのを忘れた。
オマケに地形図も忘れた。
さっぱり分からない。
でも、この支流、覗き込むとすぐにそこそこの落差のある滝が・・・!
流れはチョロチョロ、傾斜もそんなに立ってないが、
方や本流は、まあだ倒木の嵐、というより、倒木で堰ができてしまっている。
やはり滝に興味がそそられる。
えっちらおっちら滝を攀じ登る。
ロープは持ってこなかったので、
常に下りるときのことを考えながら慎重に登ってゆく。
滝のてっぺんまであと2mほどのところにちょっとしたテラスがあった。
ここで三脚を立ててしばし撮影。
ひと段落がついて、上も見たくなった。
登って登れないことは無い。
しかし、ここは下りるのにやはりロープが欲しい・・・
しばし考え込んだがやはり単独で無理は禁物、諦めて下りてきた。
さて、本流はどうしたものか・・・?
やはり行くっきゃないでしょ、倒木の堰を乗り越え更に進むも一向に変化の兆し無し、
ちょっとした滑滝のところでにぎり飯食って帰路に着いた。

帰ってから、登山体系を開いた。
どうやら、この支流を過ぎてもう少し頑張れば大き目の滝があったらしい。
何とも悔しい・・・!







 
荒木陽一

Index of all entries

Home> 八ヶ岳 > | > 赤岳沢撮影行・倒木の嵐!

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top