Home> スキー > | 南アルプス > 仙丈ヶ岳・大滑降!

仙丈ヶ岳・大滑降!


GWだ!予定通り仙丈ヶ岳に滑りに行って来ました。
みんななぜかドタキャン多く、結局ひとりで行って来ました。
まぁ、もともとひとり(単独行)が好きなもんですから・・・

メンバー : 単独

2005年4月30,1日(土日) 天候 

杖突峠越え戸台へ。始発バスに乗る。歌宿まで片道800円荷物代200円なり。
25人乗り2台出る。歌宿からは雪の無い林道を北沢峠までのんびりと行く。
長衛テン場にて幕営。フキノトウが沢山ありでおいしそう。

BC・後ろは仙丈ヶ岳小仙丈から甲斐駒様

テント設営後仙丈へ。
本日は小仙丈カール滑って縦走路に上り返し登山道を限界まで滑る予定。
小仙丈カール、立っていますが、雪さくさくで問題なかったです。

小仙丈カール・滑って縦走路に登り返し

下山も快適に滑っていくと、目の前から雷鳥が飛び、ビックリです。

衣替え中雷鳥の

テントに戻ってフキノトウを料理します。

テント脇にフキノトウ当然、酒のつまみですね

05年5月1日(日) 天候 快晴後曇り後雨

4時半起床、6時出。
またまた仙丈を登り返します。
今日は大仙丈カール(大仙丈谷)を滑って谷を降り野呂川林道を北沢峠まで歩く予定です。
要は長丁場。11時前には山頂着。雲行き怪しいですが予定通り滑りだします。
山頂にいる御仁方は心配そうで、僕にチョコやらお菓子沢山くれます。
お供え物じゃないんだからねー(^^;

仙丈山頂・山頂から滑れます大仙丈上部のバーン

だれのシュプール無い谷、しかし、結構結構立っていて先が見えません。
雪がなかったらどうしよう???なんて思いますが、感でいちばち勝負です。
なんとかつなげますが、途中、斜面で止まり上見ると、俺の滑った跡から雪片が雪だるま化し
ガンガンきます。水分含んでるからたまりません。
逃げるように滑ります。傾斜もだいぶ落ちてくると左岸から大規模雪崩跡です。
板はずして右岸に渡ります。

終了点は大デブリ跡

3,033m~2,090mまで滑れました。
後は慎重にこの谷を林道までおります。核心はここの下山でしょうね。

大仙丈谷

林道に無事出れました。
雨の林道を2時間半かかりテントに戻りました。
翌日は天気悪かったので甲斐駒登山はやめて、
折角ですから高遠城址&歴史館を見学して帰途につきました。

長い林道歩き・お疲れ様でした
 
植松一好

Index of all entries

Home> スキー > | 南アルプス > 仙丈ヶ岳・大滑降!

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top