Home> 南アルプス > | 登山 > 鳳凰山・ガイド登山

鳳凰山・ガイド登山


ひょんな事から四国のツアー会社から鳳凰のガイドを依頼され、受ける事にいたしました。

2005年6月18、19日(土日) 天候 曇り後晴れ
ツアー会社;四国ベースキャンプ;ツーリスト3名 お客様30名

5時韮崎駅へ。貸切夜行バスで既に到着。
弁当2食分渡され、大型観光バスからふた周り小さいバスにみな乗り換え。
一路青木鉱泉へ。契約は鉱泉まで、しかしこのバスの運ちゃん、なんと!中道登山口まで入ってくれた。
プロや~。我々は一時間の林道歩きに得したのであった。
さて、このツアーの年齢は下は40歳~73歳。
はたして夜行寝不足状態でこの中道急坂を行けるのだろうか・・・

香川県BC御一行様1
BC御一行様2

ガイドゆえ先頭ですね。5人6班に分け、休憩事に班は交代のしくみ。
昼過ぎには全員無事に薬師稜線着きました。

薬師を行く人々
岩鏡がかわゆい季節となりました

ミヤマタネツケバナ

キバナ石楠花?黄色くないぞ?

生憎のガスですが、この梅雨の季節にしては雨もなく、しかも時より雲の合間より北岳様等現れ、
四国から来た皆様は感動感動チョー感動してくれるのであって、わてもうれしい次第です。
しかし行く先の観音岳は深いガス、この御一行様に、是非是非オベリスクを見せたいですよねーーー
鳳凰最高点観音様到着。しかし北側のガスは抜けません。
観音のコルからは3名が鳳凰小屋エスケープルートをツアー会社ひとりついて先に下山します。
そして、アカヌケの登りにかかりしばらく行くと・・・

ガスが抜けオベリスクが突然現れました
地蔵ヶ岳全貌

あいや~、、、みなみな様、その特異なオベリスクの岩峰いきなり現れ、
チョーチョー感動しまくりしまくり、しまくりちよこ状態化となるのであったー
16:10分、全員無事、鳳凰小屋に入りました。
この日はテン場もいっぱい。小屋も飯が3回に分けの大繁盛!
鳳凰小屋名物カレーもみんな気に入っていただき3杯おかわりはざらであったのだ。

鳳凰小屋名物カレー・これがうまい!

翌日は6時過ぎには出発。
ドンドコ沢、ぴか一の五色滝、これまた皆々様大感動しまくりちよこ状態で、
いや~、ほんとやりがいありますわー

美しさ一番!五色滝

皆様と武川の湯に入り、同じバスで韮崎まで行く間ご挨拶いたし、
韮崎の町でさよならの握手を交わし帰途に着きました。

香川県まで帰ります

なにか僕自身も非常に勉強になり、そして皆様からの幸せを一緒に味わえ、
本当に貴重な時間を過ごさせていただきました。
また、どこかでお会いしましょう・・・

お疲れ様でしたー 

植松一好

Index of all entries

Home> 南アルプス > | 登山 > 鳳凰山・ガイド登山

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top