Home> バリエーション > | 創立80周年記念事業 > | 北アルプス > | 白鳳会行事 > 剣岳・八峰~大日岳縦走

剣岳・八峰~大日岳縦走


急遽、会社から1日休みいただいて八峰に行こうとなった。
ついでに我が会の80周年記念企画<みんなでつなげよう北ア主脈縦走>で、
今だだれも踏んでいない大日連山を縦走してこようとなった。
しかし、天気予報は無情にも3日間とも雨予報。
バン亀の「どうします?バットレスでも行くけ」の質問に「太平洋高気圧が頑張るら・・・」で勝負に出た。

メンバー : 植松・バン亀(白鳳会)

7月29日(金) 天候 晴れ後雨

安房トンネル経由にて立山駅に入る。
のんびりと室堂へ、観光客の雑踏から逃げ、やがて別山乗越到着。
パラパラ雨ながらも剣がよく見える。
剣沢テン場に幕営。雨が本格的になる。

7月30日(土) 天候 曇り後晴れ後ガス後晴れ時折パラパラ雨

昨夜まで雨脚かなり強かったが、今はやんでいる。4時過ぎ出発。
剣沢ではアイゼン装着し快適に下り、やがて長次郎谷出会いに到着。
長次郎雪渓を上がり、左岸の顕著な沢を上がるが、いきなり雪渓がきれていて岩登りとなる。
後は急峻なヌメッたルンゼを行くが、結構結構結構ですぞ!かなり冷や汗もんでした。
ノーロープ。出す方はためらわずロープだしましょう。
やがて1,2のコル到着。

長次郎谷
八峰・1峰

さて、ここから八峰である。日差しも出てきた。わくわく感が止まらないよー
2峰着。凄い高度感である。バン亀も高度感に酔いそうと・・・

2峰の懸垂40m・バン亀

懸垂したり、岩よじったり、時に岩峰巻いたり、微妙なクライムダウンと。

歩いてきた八峰


5峰・立ってるぜ!
長次郎たん・左三ノ窓たん

七峰越えた辺りからガスかかりルーファイに苦労する。
後でわかった事だが我々はチンネの頭まで行ってしまったのだ。
迷いの踏み後には要注意!一時間から2時間のロスタイム。
やがて、八峰の頭へ。そして北方稜線踏み後に出、待望な剣岳2,998m山頂。硬い握手!イエィ!

16時山頂


山頂から八峰
テン場から八峰

テン場到着18時過ぎ。14時間行動でした。
夕暮れのテン場から剣がよく見えます。感無量!

7月31日(日) 天候 晴れ後曇り後雨

早暁の剣がやさしい朝を提供してくれました。
今日はひたすら歩くのみです。

八峰夜明け


テント撤収して何度も剣を振り返り、別山乗越目指します。
別山到着。
八峰ルート

さてさて、ここから気が遠くなる大日山群を歩き出します。
しかもロープやらガチャ背負って。称名の滝まで歩くのでほぼ立山駅まで歩くことになります。
まぁ、室堂からのバス代を浮かしたと言えばいいのでしょうか?

別山乗越より大日岳方面
奥大日岳とまさに剣岳

雨が本降りになる頃立山駅につきました。
亀ちゃん、お疲れ様でした。
八峰はクラシカルないいルートでした。
剣岳は本当にいい山ですね

 
植松一好

Index of all entries

Home> バリエーション > | 創立80周年記念事業 > | 北アルプス > | 白鳳会行事 > 剣岳・八峰~大日岳縦走

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top