Home> 創立80周年記念事業 > | 北アルプス > | 登山 > | 白鳳会行事 > 槍ヶ岳 表銀座縦走

槍ヶ岳 表銀座縦走


ある思いがあり この山には二度と登らないだろうと、、、
この山が見える所には 行かないだろうと 決めていた もう登山はしないとも 思った
しかし ある縁で白鳳会に入会し また登山を再開できた
そして 月例会でのリレー縦走割り振りで 自ら志願してしまった
自らの 思いが変わったわけでは ないのに
山に登れる喜びを 再認識させてくれた白鳳会の皆に感謝し
北ア リレー縦走に少しでも貢献したかった
槍ヶ岳 この山は4年ぶりの登山だ

2005年7月28,29日(木,金)メンバー : 安藤 単独

7/28(木) 快晴
5:20 中房温泉出発する 台風7号の後なので 快晴のはずである 
入山者の数は 思っていたより少ない 快調なペースで燕山荘に到着
槍が遠くに見える 複雑な心境だ でも行くしかない
先が長いので燕山頂は見送る
宿泊先は 決めていない 行ける所まで行けばいい どうせ休みは3日有る
7~8年前に 表銀座を縦走したときは 1泊2日でヒュッテ西岳に泊まった
2日目が 長く上高地に降りてからの バス・電車の乗換えが忙しく 
中房に車を取りに戻ったのは 20時を過ぎていた 
当然 温泉には入れずの帰宅となった  それだけは避けたい
自然と足取りも 速くなる 大天井ヒュッテで水を補給し西岳を目指す
西岳で一服していると 40名位の中学生らしき団体に出会う
これから 槍岳山荘に向かう様である ガイドも数名ハーネスを着けている
彼等の後に続いて水俣乗越に降りたら 時間が読めない 先発するしかない
ハーゲンダッツを楽しみにしていたのだが お預けである
これからが 表銀座本番だ  
これまで 捻挫に注意し歩いていたが ジョギングシューズでは 少し辛い
水俣乗越で一服後 再び登りだす 振り返ると中学生達とは1時間以上は差が付いている
安心だ 彼等の後だったらと 考えると大変な事になっていた 
14:56 ヒュッテ大槍に到着 槍まで行っちゃえ♪と言うことで 出発
道を間違え 殺生ヒュッテに降りてしまい 登り返す↓
モチベーション下がるが 生ビールの事を想像し 槍ヶ岳山荘目指す
燕から見えた 槍の山頂が目の前にある ついに到着 16:00 生ビールが美味い♪
翌日の為 水を買う そこで「違ったらゴメンなさい 甲府で、、、」 
あッ そー言えば 働いていたんだここに 前職のお客さん
以前ネパールのカレンダーを頂いた方である 
7/29 曇りのち雨のち晴れ 強風 夜半から風が強い 朝の槍はガスと強風の中である 
朝の山頂を諦め 早急に下山する 10:40発 新島々行きのバスに乗らないと
穂高発中房行きのバスに乗れない 必死で歩く
10:30上高地バスターミナル到着 新島々行きにはなんとか間に合った
今回は バス・電車の乗り継ぎには充分余裕があり 早めに下山した甲斐があり
冷たいお茶が飲めた
穂高で下車し 中房行きのバスを待つ すると中房までタクシーの相乗りを持ちかけられ 同乗
14:40 中房着 有明荘で入浴  帰路に着く
コースタイム28日 中房 5:20発→7:50着 燕山荘 8:30発→10:40着 大天井ヒュッテ 11:00発→12:30着 ヒュッテ西岳 12:40発→13:15着 水俣乗越 13:30発→14:56着 ヒュッテ大槍→16:00着 槍ヶ岳山荘

29日 
槍ヶ岳山荘 6:10発→8:00 槍沢ロッジ 8:05発→8:50 横尾→9:25 徳沢園 9:30発→10:00 明神橋→10:30着 上高地バスターミナル
 
中房温泉への道 
27日夜半に中房に到着したが 10月まで夜間工事の為通行止め 
0:00~1:00までは一般車通行可との看板あり
今回は 偶々にして工事をしていなかったので 通行できた

 




 
安藤 英一

Index of all entries

Home> 創立80周年記念事業 > | 北アルプス > | 登山 > | 白鳳会行事 > 槍ヶ岳 表銀座縦走

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top