Home> 創立80周年記念事業 > | 北アルプス > | 登山 > | 白鳳会行事 > 島々宿~徳本峠~上高地

島々宿~徳本峠~上高地


まだ20代半ばの頃 始めて行った上高地に行くバスから見えた 徳本峠入り口の看板 
何の意味か解らなかった 読み方さへ知らなかった。
ガイドブックを読んでみると 昔の上高地への道 
「今時 上高地まで車で行けるのに わざわざ そんなトコ」なんて思っていた
また 岩魚留小屋の噂を聞くと 見てみたいとは思ったが 行こうなんて考えもしなかった
でも 行っちゃった♪
北ア リレー縦走 ココは外せないでしょ 
こんな企画でもないと 多分 行かないよね

 
メンバー : 安藤 単独

8/5(金) 快晴

8:30 島々着 予定しておいた秘密の駐車場に行き 駐車のお願いをする 快く承諾して頂く
準備を済ませ 9:00 徳本峠看板前出発 島々谷川沿の林道を歩き出す
二俣までは 普通の林道であるが 歴史の古さを感じさせる道である
天正18年(1585) 秀吉打倒を企てた三木秀綱 云々、、とある
10:30 二俣からいよいよ 登山道に入る 今度は 秀綱の奥方の碑がある
飛騨から 追っ手を逃れこの山中で きこりに殺害されてしまったと 
かなり整備されている 一部 崩壊はあるものの 遊歩道と言ったところか
降りてくる人はいるが 登っている人はいないようである 釣り人はいたが、、、
皆 不思議そうな顔をしている やっぱりな 皆そう思っているんだなと 独り納得
12:10 待望の岩魚留小屋着 なんだ 思っていたよりボロくないじゃん↓
ツッカイ棒が 年々増えてるとか 壁の隙間がスゴイとか  いろいろ聞いてたけど、、、
管理人さん不在で 中は見れなかったけど なかなか雰囲気のある山小屋です
岩魚留小屋を 後にし 力水を目指す 道は登山道らしくなる
沢沿いの道のせいか 風は冷たい
しかし 大量の汗はかく そんなに 人もいないので 3回も Tシャツを洗濯 干す
頭も洗う 冷たい流水が 気持ちいい
 
14:40 力水着 ここで水を5L補給 行動用と合わせ テン泊用 
しかし 力水とは良く言ったものである 徳本峠小屋まで後少し これでがんばれる
 
急登を登り 空が大きくなると 人の話声が聞こえる 徳本峠小屋到着 15:45
まずは ビール が 冷えてない↓ 
そ~だよな いくら北アとは言えランプの小屋で 冷たいビールを望んじゃいけない 風情がありません ここなら 許せる
明神 穂高連峰がよく見える
 
8/6(土) 晴れ

今日は降りるだけだが バスまでまだ時間はある 6:10 大滝槍見台を目指す 
あいにく ガスで槍は見えない 
小屋まで戻り テント撤収 徳本峠出発 
12:00 バスターミナル到着
 
釜トンネルが 完成するまでの上高地までのルートであった 徳本峠
ウェストンを始め いにしえの登山者達が通り 槍、穂高を目指したこの道
播隆上人は ここを通り 槍を目指したのであろうか? 
今では 上高地までバスが行き来しているが 当時の入山は 並大抵の苦労ではなかったろう
今回 その気分だけは味わえたつもりである 
その時代 もし自分が生きていたら ここまで来る事があるのであろうか?
いつの日か この道を通り 槍や穂高を登る事があるのであろうか?
いや~ ないでしょう







 
安藤英一

Index of all entries

Home> 創立80周年記念事業 > | 北アルプス > | 登山 > | 白鳳会行事 > 島々宿~徳本峠~上高地

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top