Home> 八ヶ岳 > | 登山 > 飯盛山、鍋山行

飯盛山、鍋山行

2005年12月3日(土) 天候 晴れ、風強し
メンバー: 荒木 S氏、K氏

S氏とK氏は私の古い山仲間である。
以前はよく年末になると鍋山行に一緒に行っていたのだが、
ここしばらくはご無沙汰、久々の鍋山行となった。
早い話が、山での忘年会、従って、公共の交通機関でアプローチできる山が対象。
と、いうわけで、今回は、野辺山駅からテクテクと飯盛山へ。

電車からはよく晴れた八ヶ岳が眺められていたが、いつの間にやら季節風の中、
雪雲に覆われた八ヶ岳から吹き降ろす風は
砂埃を巻き上げアプローチ行く我々に吹き付けた。
頂上じゃあ、鍋、無理だね、どっか下の方の眺めのいいところでやりますか、
心当たりは何箇所かある。
が、やはり欲が出ると言うもの。
もう少し風の弱いところがあるんじゃないの、と言いながらドンドン上へ。
ついに平沢山の頂上まで来てしまった。
風があるものの、鍋できないことは無い。眺めもいいし・・・

しかし、平沢山から眺めてみると、
飯盛山の根元辺りの方がもっと風弱いように見える。これが失敗のもとだった。
平沢山を飯盛山の方へ下り始めてすぐ、強い風が吹き付けてきた。
今更登り返すのも面倒で、適当なところで鍋を始めた。
吹き付ける風から火を守るため、
結局景色に背を向け枯れ草の斜面の上端に青空見上げるのみ。
冷たい風吹きすさぶ中での鍋はいいですねー ホント、温かいもののありがたみがよく分かる。
K氏自慢の味噌+酒煮の牡蠣が実にうまい!

そこそこ食って、うどんで終了、さて下山、問題はゲテモノ好きのS氏、
「ここ行ったことあるよ」と、確かに踏み跡あるが地図には道の無い稜線へ。
案の定、途中で踏み跡はどこかへ消えて、でもまあ、進め、進め、どっか出るだろう。
で、道に出た。ここはどこ?
電波天文台を目印に、たぶんあっちが野辺山駅、
てっくらてっくら、帰路についたのでした。

ちなみに、誰もカメラ持ってこなかったので、一枚も写真がありません。
あしからず・・・
                     
 
荒木陽一

Index of all entries

Home> 八ヶ岳 > | 登山 > 飯盛山、鍋山行

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top