Home> アイス > | 岳連行事 > | 技術指導 > 技術指導委員会主催・氷訓(2)

技術指導委員会主催・氷訓(2)

県岳連氷瀑訓練に参加してきました。
白鳳会からは3名の参加で、総勢20名という大訓練会と成りました。

林道から沢に下りしばらく行くと途切れとぎれに滑氷が現れ、
アイゼン装着して氷床を進むと30M位のやや傾斜のある滝に出る。
そこでリード訓練(?)する学生参加者を残して先に進むと、
15Mくらいで沢一杯のアイスが現れる。7~8名はそこで登攀訓練をすることになり、
残るメンバー(上級者)はさらに上流にある70~80Mの3段滝(連続)へと進む。
結局3グループに分かれての訓練となりました。

私たち(初心者)は3回ほど繰り返し登攀訓練をして、
昼食を摂り上流の3段滝へ行き最下部滝で又基礎訓練登攀を重ね、
上部登攀者と合流して下山の途に着きました。

終始指導を頂いた白鳳会植松理事長、岳連の役員の皆様に心より御礼申し上げます。 

               






 
三枝 登久夫

Index of all entries

Home> アイス > | 岳連行事 > | 技術指導 > 技術指導委員会主催・氷訓(2)

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top