Home> Archives > 2006年4月アーカイブ

2006年4月アーカイブ

富士山冬山訓練

日   時   2006、4、30(日)
メン バー   三枝、萩原(美)
天   気   晴れ、強風
コ ー ス   吉田口登山道

今回はピッケル制動と滑落、アンザイレン下山中の突風への耐風
訓練を目的とした。

天気は良いが五合目でかなりの強い風である、山頂からは雪煙が大きく左へ上がっていた。 
今日はヤバイ!! 何処まで行けるか心配だ。六合目でアイゼン装着したが、ブリザードが時々起る。大堰堤の陰で強風を避けて小休止、軽食を摂っていたらドイツ人の青年が単独で上がって来た。身振り手振りで話したら少しは通じたらしく、10日間の休暇で来日し、これから京都方面に行くと言う、ふと足元を見るとスニーカー、もちろんノーアイゼン、ノーピッケル、ジィ-ンズ、これ以上ヤバイ話ってある~~?て感じで下山を勧めて居たら、何と...何と何と!!もっとヤバイ!!や×3倍位のが二人下りて来た。聞けばこの二人は韓国から旅行に来たと云う。七合目まで行ったが怖くなって下りて来ただと!!、よくもまあこの強風の中を登ったもんだと呆れけーってものも言えん***?? 我らの完全装備を見せて下山を促しら直ぐ納得して下山して行った。

さて我々も慎重に突風の合間見て進む、七合目鳥居荘突破、ここから東洋館までの間は、富士山の風道だと云うだけあって凄いスゴイ、すっ飛ばされない様にピッケルをぶっすげ、身を伏せながら何とか東洋館着(2、936m)これ以上は中止、下山と決めて遅い昼食を摂り、メット、ハーネスを装着しアンザイレンの準備をして居たら、又、下の方から外人の男女二人が、足を取られヨタヨタしながら登って来た、登山の服装はして居る、が、アイゼン、ピッケルは?と聞くと「有る」と言うが少し変だ、やはり下山勧めて居たら、又また外人が一人、顔を真っ赤にして下りて来た。この御人は冬山フル装備で完全武装
、御人曰く「九合目からはアイスバーンで猛烈な風のため登頂残念して撤退して来た」と云う、エライ!!、思わず拍手を贈る!!我々が外国の山に行って、はたしてこれが出来るのだろうかと・・・・・?。しばらくしてこの3人は下山、二人は両手を広げてヨロヨロ、フル装備の御人はアイゼン鳴らして余裕綽々は云うまでも無い。

さて、他人の事ばかり言っては居られない、今度は我々が下山する番だ、アンザイレンのロープが横に唸り声を上げる度に大声を出して耐風姿勢を取り、途中滑落訓練も何度かやりながら、夏道より須走側の広い沢を真っ直ぐ下った。

さてさて、今日の富士山で遭ったのは外人ばかりでした。一瞬外国の山に居る様な錯覚を覚えました。
ところで皆さん、今日は何人の外人さんと行き会ったのでしょうか??
僕にはまったく判リマシェ~~~ン??????



 
三枝登久夫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

警察署長と山岳パトロール


恒例の季節で恒例行事です。
今回、新任の署長さん日原さんは山登りが趣味だそうで、一緒登りました。

2006年4月29日(土) 天候 肌寒く曇り
メンバー : 会長・望月・植松父・三入・中川・植松
        警察官:署長含め7名

GW突入しました。駐車場は満車です。
瑞牆山荘前にて安全登山ビラ配り等行なう、さて、パトロール登山です。

いつものショット桃太郎石
八ヶ岳をバックに

山頂・全員集合

北側斜面は結構凍っています。
自信のない方はアイゼンの携行をお薦めします。
しかし、スニーカーで終始行動した女性巡査のXXちゃん、
いやー大変でしたね、随所でイナバウアーを見せてくれたり、
着地成功したりと忙しかったですねー
本人はとても真剣で大変なのですが、おかしくておかしくて、失礼。
人生で最初の山登り兼登頂だそうで、また、行きましょう。
山降りてくると、白鳥課長が焼きそば焼いてくれていて、物凄くおいしかったです。
みなさん、お疲れ様でしたー

 
植松一好
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第3回・南アルプス市芦安グリーンカップ

2006年4月23日(日) 天候 パラ雨 
白鳳会エントリー者;バン亀・渡辺・湯人・ノブ(全員エキスパートクラス)

雨が心配でしたが何とか持ちました。
それにしても子供達が多かったです。
これもピラニア塾・天塾のおかげでしょう。。。
それと、今回は特に有名人は来なかった訳ですが、
山梨全体のレベルが間違いなく上がっています。
山森校長・矢花校長のおかげでしょう。脱帽。
これからもできるだけサポートしていきます。

白鳳の結果。
4人共にエキスパートクラス出場;設定は11b
完登者はバン亀のみ、ファイナリストは7名。
設定は12bと俺には天文学的設定。
バン亀は4位と好成績を出しました。

みなさん、お疲れ様でしたー

第3回グリーンカップ・開会式
バン亀・ファイナル進出!
 
植松一好
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

蓼科山ノンストップ訓練P-2

雪山持久訓練場として蓼科山に的を絞り、再度決行しました。
前回(4月1日)は快晴に恵まれましたが、風強く縞枯れ帯でワンストップしてしまい、山頂を踏んだものの失敗しました。この時の頂上小屋は完全に雪で埋没していました。(女神茶屋Pでアイゼン装着)
今回は雨の予報も運よく外れて薄日の差すなか、女神茶屋Pで気合を入れ決行しました。最後の急登である縞枯れ帯から森林限界まではアイスバーンがかなり有り、こんな所で氷瀑のアイス訓練が役にたつとは?、爪先上がりで苦しい登行となりましたが、ノンストップにて山頂踏破し、目的を達成しました。

日   時 2006、4、23(日)
天   気 薄曇り
メ ンバー 三枝、萩原(美)
コースタイム 9:10女神茶屋9:50~12:20山頂(昼食)13:20~15:25女神茶屋





 
三枝登久夫
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

XX山滑降!


2年前、会員の上野がXX山を滑った。
今回誘われ、行きたくて行きたくてでは行きましょうとなった。

2006年4月22日(土) 天候 晴れ
メンバー : L坊主上野・植松・アイスバーグ森田・なおみち(以上・白鳳会)

新幹線、軽井沢駅で森田・斎藤を拾い、峰の茶屋へ。

峰の茶屋からXX山
小XX山から万座方面

仕度して出発!なぜか登山禁止となっているようだ?
砂礫帯の山を黙々と登る。

XX山の斜度


噴火口から中央ア・御岳


山頂2,568m
地球が生きています!

13時、第一次アタック隊、斎藤・植松2,568mサミット着、握手!
地球が生きている体感大観である。
だけど、喉痛く、目も痛い、長い無用、すぐ下山。
第ニ次アタック隊も20分遅れにてサミットへ。
さてさて、滑降である。

滑降スタート地点


上から見ると結構立ってます。しかしワクワクしますよね。

ハイスピード!斎藤!


アイスバーグモリモリ


坊主上野!


植松


斎藤



アッというまでスベちゃいましたー

シュプールと噴煙


小XX山から遠望



この山は登っては行けないのです。
決して、真似しないで下さい。
お疲れ様でしたー
今週は穂高だー!
 
植松一好
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第25回深田祭&碑前祭

日時:2006年4月16日(日) 
    深田祭受付=午前8時~
    碑前祭   =午後2時~午後3時30分
    懇親会   =午後4時~
参加団体:深田クラブ/日本山岳会/山梨県山岳連盟/穂坂公民館/JA梨北穂坂支店
      韮崎市観光協会/韮崎市商工観光室/白鳳会/他
天候:小雪のち曇りのち晴れ

                      記
 
 『日本百名山』をはじめとする数々の山岳著書、小説、紀行文など文壇で活
躍し、日本の山岳界に大きな足跡を残した登山家深田久弥氏が茅ヶ岳で倒れ
てから早くも34年の歳月が流れました。
 
 深田久弥氏の遺徳を偲ぶとともに、山岳観光の振興に寄与することを目的に
25回目の深田祭(記念登山・碑前祭・懇親会)が開催されました。
 
 当初の天気予報では降水確率80%という事で、天候が心配されましたが、
参加者各位の日頃の行ないが良かったらしく、晴天に恵まれました。
 
 記念登山には約250名が参加し、碑前祭には約150名が参加されました。
会場では地元特産物の販売、ワインの試飲、豚汁の無料サービス、観光パン
フレットの配布などが行われ、碑前祭では献花、献酒、献杯に続き【青い山脈】
を参加者全員で合唱して深田久弥氏の遺徳を偲びました。
 
 山梨県山岳連盟の青木茂理事長による記念講演では、青木氏の中国未踏峰
登頂などの経験談に基づく貴重なお話を聞く事ができ、特に『山に登る時は常に
謙虚な気持ちを忘れず、山に登らせてもらっていると言う気持ちが大事です』との
お言葉には、強い感銘を覚えました。
 
 碑前祭終了後には会場を清水屋旅館に変えて懇親会が行われ、深田祭の
成功を祝し、また来年以降の成功も祈念し乾杯が行われました。
 
 深田祭の毎回の成功の影には、実行委員会の皆様のご苦労が有っての事
です。この場をお借りしてお礼を申し上げます。
 
                                           以上


 
上野賢司
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

甘利山塊(タラの芽採り)

2006年4月15日(土) 天候 曇り
メンバー : 上野賢司 単独

 今年は1月から結構暖かい日が続いていたので、タラの芽の発芽も早いだろうと思い、甘利山塊某所に入った。しかし、4月に入ってからの冷え込みが厳しかった事が原因だと思われるが、例年なら採り時の筈が、まだ少し早い状態だった。(標高700~800m)
 丁度、今日は地元仲間との無尽会だったので、初物を天ぷらにして美味しくいただいたのだった。 
                                
 
坊主上野
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

杣添尾根パートⅤ・完結


とうとう横岳東尾根を滑ることできましたー!

2006年4月9日(日) 天候 風強く快晴
メンバー : 単独

本日、家の用あり、だけど、この天気図みれば・・・ねぇー
迷って迷って・・・車は弘法坂を大型トラックを追い越していく、
あーあっ来てしまった!
凍て付くペンション群の駐車場着。気温-8度。
ゆえに、今日は絶対落とす!

本日もひたすらラッセル!


本日の装備!


終始単独ラッセル!6時間かかり横岳稜線へ。
まぁ、この春、よくこの尾根通いラッセルしたものである。
アカデミー主演男優賞獲得・主役;ラッセル・クロウ!

横岳稜線より赤岳・阿弥陀様


風強く、とても寒い・冷たい・痛い。横岳の稜線のナイフエッジはびびり物でした。
さて、東尾根のピーク2,790m、かなりカリカリの面だけど、斜度なく行けると判断。

滑ったバーン


横岳東尾根からそまぞえ尾根


滑った尾根の画像はパートⅢを参照してください。
およそ400m滑ったところで密藪へ突入!
ぼうし・サングラス・ザックは密藪ではがされます。顔も傷だらけ。
いくら下りとは言え、雪は常に股下までもぐり時間がどんどん過ぎていきます。
それと密藪の為のルーファイ、これも2万5千地図と、後は勘・感・観・肝・ですね。
18時駐車場着。
11時間半行動でしたーへろへろでしたが達成感・充実感に満ち溢れますよね。
お疲れ様でしたー!!!杣添尾根!卒業!

横岳東尾根滑った絵です


 
植松一好

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

杣添尾根パートⅣ・天狗&男山


こんどこそ横岳東尾根(仮名)滑るぞっと!

2006年4月8日(土) 天候 曇り後吹雪
メンバー : 単独

前日の天気図は悪い方向に向かっているが、今日やらなくていつやるんだ!
車中ずっとNHK気象通報ききながら自分に言い聞かせた。
しかし杣添尾根は見えず、しかもラジオからは寒冷前線の通過に伴う、落雷、突風注意!
やはり、今日は駄目か・・・と目に飛び込んだ山が天狗山・男山だ。
ここに、本日は登っちもーか!
地図もってないので、コンビニの道路地図を頭に叩き込んで馬越峠に行く。
峠から両山ピストン、中々のナイフエッジの岩山で面白かった。
半日山でした。10時から吹雪にて杣添尾根に行かなくて正解だった。

男山


天狗山


天狗から男山


男山から天狗山


 
植松一好
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

蓼科山

2006年4月6日(木) 天候 風強く快晴
メンバー : TL/I渕さん・SL/A川さん・T橋さん(以上 信州山岳クラブ) 上野賢司(白鳳会&信州山岳クラブ)

コースタイム
 自宅発06:10→女神ノ茶屋登山口発07:55→1980m地点発08:35→2170m地点発09:20→
 2400m地点発10:10→蓼科山山頂着11:25 山頂発11:50→1980m地点発12:40→
 女神ノ茶屋登山口着14:20 登山口発14:40→白州塩沢温泉着15:40 温泉発17:30→自宅着18:00 
 
 3年ほど前に偶然出会った、当時の信州百名山の会(改名して信州山岳クラブ)のI渕さんと久々に連絡をとり、
会主催の蓼科山登山に同行させて頂いた。信州山岳クラブは長野の名山&里山&温泉を、こよなく愛する人々
の集まるクラブであり、現在70名ほどの会員がいる。
 
 当初は蓼科ピラタスロープーウェイで頂上駅まで登り、そこから蓼科山に向かう予定だったが、ロープーウェイ
が点検中で運休しているとの情報が入り、急遽、女神ノ茶屋登山口から登る事になった。このコースはこの時期
比較的入山者が少ない、お勧めのコースである。この日の登山者は他のコースも含め、我々以外皆無だった。

登山口の案内板


雪の中を進むA川さんとT橋さん(奥が蓼科山)


A川さん&T橋さん

リーダーのI渕さん


まるで厳冬期の様な樹氷&景色に感動!!!


急登をあえぎながら登りきり、森林限界に出ると冷たい強風が頬を打ち、耳がとても痛い。森林限界からは右側を
トラバースしながら徐々に高度を上げながら、頂上に至るが右下を見ると、落ちたら絶対に止まれない斜度のうえに
風がとても強いため怖い。そんなこんなでやっと頂上に到着した。

頂上にて今回の参加メンバー(バックは八ヶ岳)

御嶽山と乗鞍岳


浅間山


山頂の祠と槍&穂高


まとめ
 
 晴天に恵まれ誰もいない大自然の中で最高の景色に出会えて、とても良い山行となった。この山行を企画してくださった、信州山岳クラブのI渕さんには感謝しております。この場を借りてお礼申し上げます。また当会の山行には同行させて頂きますので、その節にはよろしくお願い致します。

 
坊主上野
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

杣添尾根パートⅢ


今週は横岳東尾根(仮名)滑降するつもりでやってきた。
杣添尾根通いが続きます。

2006年4月1日(土) 天候 風強く快晴
メンバー : 単独

今日は夕方に会社に行かなくてはならない、時間制限ありです。
それと、先週はずっと冬型でこの一週間の降雪量が心配である。
いつものペンション群に駐車。先行はいない。
登山道に入れば、積雪は、もうくるぶし上。

ペンション群でもくるぶしオーバー


1,800m越えると腰以上


積雪はどんどん増して、とうとう腰ラッセルであり、先週に続きラッセル地獄である。
こりゃ、本日無理だなぁ・・・の想い・・・そんな時、後続が現れました。
やはり単独、この尾根三回目ですが、出会った方、みんな単独行ですね。
<単独行大好き尾根>とでも変更しましょうか?
この彼、若く、勢いよく、ガンガンラッセルします。
僕は安堵いたし、のんびりいきます。
雪はもっと深くなり、彼がもつのか心配でした。
と、枯木エリアまで来ると、彼が倒木の上で寝てました。
そうでしょう、しんどいですよね。もう下るといいます。
しかし、もうすぐ森林限界だと言うと、もう少し行ってみると僕の後をついて来ました。

シュカブラ


森林限界で引き返し


森林限界のピークまで来、僕はタイムオーバーにて引き返します。
彼には、日も長いし時間も充分あるのでピーク行って来いは問題ないと言うと、
では行きましょう。ここで彼と別れいたしました。

滑る予定だった尾根


これ、お薦め・長崎チャンポン


3時には駐車場に戻りました。

お疲れ様でしたー
 
植松一好
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home> Archives > 2006年4月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top