Home> 八ヶ岳 > | 登山 > 蓼科山

蓼科山

2006年4月6日(木) 天候 風強く快晴
メンバー : TL/I渕さん・SL/A川さん・T橋さん(以上 信州山岳クラブ) 上野賢司(白鳳会&信州山岳クラブ)

コースタイム
 自宅発06:10→女神ノ茶屋登山口発07:55→1980m地点発08:35→2170m地点発09:20→
 2400m地点発10:10→蓼科山山頂着11:25 山頂発11:50→1980m地点発12:40→
 女神ノ茶屋登山口着14:20 登山口発14:40→白州塩沢温泉着15:40 温泉発17:30→自宅着18:00 
 
 3年ほど前に偶然出会った、当時の信州百名山の会(改名して信州山岳クラブ)のI渕さんと久々に連絡をとり、
会主催の蓼科山登山に同行させて頂いた。信州山岳クラブは長野の名山&里山&温泉を、こよなく愛する人々
の集まるクラブであり、現在70名ほどの会員がいる。
 
 当初は蓼科ピラタスロープーウェイで頂上駅まで登り、そこから蓼科山に向かう予定だったが、ロープーウェイ
が点検中で運休しているとの情報が入り、急遽、女神ノ茶屋登山口から登る事になった。このコースはこの時期
比較的入山者が少ない、お勧めのコースである。この日の登山者は他のコースも含め、我々以外皆無だった。

登山口の案内板


雪の中を進むA川さんとT橋さん(奥が蓼科山)


A川さん&T橋さん

リーダーのI渕さん


まるで厳冬期の様な樹氷&景色に感動!!!


急登をあえぎながら登りきり、森林限界に出ると冷たい強風が頬を打ち、耳がとても痛い。森林限界からは右側を
トラバースしながら徐々に高度を上げながら、頂上に至るが右下を見ると、落ちたら絶対に止まれない斜度のうえに
風がとても強いため怖い。そんなこんなでやっと頂上に到着した。

頂上にて今回の参加メンバー(バックは八ヶ岳)

御嶽山と乗鞍岳


浅間山


山頂の祠と槍&穂高


まとめ
 
 晴天に恵まれ誰もいない大自然の中で最高の景色に出会えて、とても良い山行となった。この山行を企画してくださった、信州山岳クラブのI渕さんには感謝しております。この場を借りてお礼申し上げます。また当会の山行には同行させて頂きますので、その節にはよろしくお願い致します。

 
坊主上野

Index of all entries

Home> 八ヶ岳 > | 登山 > 蓼科山

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top