Home> クライミング > | 南アルプス > 北岳バットレス 敗退

北岳バットレス 敗退


北岳バットレス。説明は要らないであろうこのメジャー岩壁。
阿妣アタック隊の技術・連携強化の為、バン亀さん企画で北岳バットレスへ。
関は前週よりバン亀さんの気迫と発破、初バットレスへの緊張でテンパリ気味で向かえた・・・

2006年7月15日(土)~ 2006年7月17日(月) 
メンバー : 亀田博生・三入敏子・関秀倫(白鳳会)

7月15日(土) 天候 晴後夕立

今日は御池にテントを張るだけなので、広河原登山案内所での業務に入る植松さん小野さん安藤さんと共に広河原に正午前に着くバスで行く。
バン亀さんはガチャ類、関はテント、食糧、ザイルを担いでのんびりと御池を目指す。樹林帯は暑く、二人とも汗だく。

御池には2時間半位で到着。テン場は混雑しているかと思われたが、五、六張り程度しかなかった。
テンと設営後、特にすることがなかったので、のんびりしていると二股のトイレを見回ってきた植松さんが来る。
その後、雷と共に夕立になる。

7月16日(日) 天候 雨

この日は何とか持つだろうと予想していたが、夜半より雨。
3:00起床も順延。5時になっても7時になっても雨やまず。

10時、雨が弱まったので、バットレス取付まで偵察に行く。
今年の大樺沢は残雪多く、二股下の大岩より残雪深く、支沢にも雪がびっしり。
天気の悪い中、北岳山荘を目指す登山客が雪渓に列を成している。
雪渓登山道を離れ、取り付きえの急な踏み跡、樹林、草付を行く。壁前は残雪とシュルンド(1.5~2m)があり取り付くのは、ちょいと大変か?
視界は20m前後であろうか、姿は見えぬが壁に取り付いた1パーティーのハーケンを打ち込む音が響いている。
バン亀さんはこの音を聞いて「関?登るぞぉー!!」と言った。天候が悪かった為、二人とも道具はテントに置いてきた。「持ってきてたら、登ってた。」とバン亀さん。関「・・・。」(内心「こんな濡れ濡れの岩無理っス!俺死んじもーー。」)
その後引き返し、二股近くのボルダーが出来る岩等を見、テン場に戻る。

御池に着いてまもなく雨がひどくなったので御池小屋で手伝いに入っている伊藤と雑談しながら天気情報を聞く。
4時過ぎ、雨もやんだ頃、三入さんが上がってきた。


7月17日(月) 天候 雨

3時起床・出発の予定。2時までは雨が降ってはいなかった・・・。
2:50バン亀さんの「起きろー!」ではなく雨音で目覚める。全員で苦笑。
今日もバットレスは無理。
雨は弱まらず大雨の中、広河原へ下った。

天候に恵まれず、バットレス敗退となったのであった・・・。
いつかリベンジ!!

 
参考: 「2004北岳バットレス・ピラミッドフェース&上部フランケ継続」 
 
記:関 秀倫

Index of all entries

Home> クライミング > | 南アルプス > 北岳バットレス 敗退

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top