Home> クライミング > | 岳連行事 > | 御坂山系 > 岩だ!三ツ峠

岩だ!三ツ峠


岳連の技術指導委員会主催で登攀研修会が開かれた。
登攀研修会自体は日帰りであったが、のんびり一泊となった。

2006年8月12日(土)~ 2006年8月13日(日)
メンバー : 植松一好・関秀倫(白鳳会)

8月12日(土) 天候 曇り一時雷雨後晴れ

技術指導委員会主催初級岩登り研修会
場所;三ツ峠
講師;古屋仁志
参加者;アルパイン4・梨大2・白鳳2  計9名


我々はテント担いで重荷なのでゆっくりと行く。
テント立ててから屏風岩へ。

講習真っ最中

行くと一般ルート下で学生に講習中。他アルパインの人たちはどこかの壁を登っている様子。
まずはアップつー事でジョキングシューズのままで一般ルート左Ⅳ+を登る。
ジョキングシューズだと結構滑ります。

指導・実践真っ最中

昼食後、さー本格的に登ろっかってことで、観音ルート左Ⅴ-。

観音リード関


観音フォロー、アルパイン布施さん



結構、面白いルートで、楽しいです。
関上がって、アルパイン布施さん登り途中でゴロゴロきました。
植松さん上がって素早く懸垂セットで、降りてくればポツポツ雨が段々と強くなり始める。
撤収撤収ー!!
三ツ峠山荘前で解散となりました。
我々は三ツ峠山荘・中村さんの御好意で雨宿りさせてもらい、早い時間から乾杯となってしまったのである。
雷雨が止むまでの3時間近く中村さんと色々なお話が出来ました。中村さん熱い人です。
(三ツ峠山荘の中に長谷川恒夫の色紙があり"酔壁"と書いてある。酔っても壁に登れたのか、壁に酔っていたのか)

雷雨やんで絶景テン場より


8月13日(日) 天候 晴れ時々曇り

追加:今井智仁、野村真見(山梨大学山岳部OB・OG)

昨日は早い就寝。故にのんびり気分であっても早く起きてしまう。
朝は天気安定で富士山も綺麗。

七時半過ぎ今井さんと野村が上がって来る。
本当は昨日の夜上がって来る予定であったが、雷雨の影響で断念。
登山口で一夜を過ごし朝一で登ってきたのだ。

久しぶりの面子で

今井さん、野村久しぶりの山。
更に今井さんは植松さんとザイルパートナーだった頃より明らかに太くなってます・・・。
なんで、屏風岩でなく天狗岩に行くことに。

まずはザイルの感触を思い出すため、懸垂下降。
下降後、植松さん野村ペア、今井さん関ペアで一本登る。
どー?感覚戻った??てところで天狗岩先端のルートに行く。
懸垂で降りてトップロープにて登ることに。植松さんは上でビレーします。
この面はスラブとクラックで構成しており、スラブ下部はホールド少なくムズイです。

今井さん久しぶりのクライミング
溝にはまるドドンパ

今井さんナンダカンダ言って登れてます。
野村はワーキャー言いながらどうにか。
関登ったところで、ガスも上がってきて今の2人は岩厳しかったかなって事で下山となりました。


アレ、今回全然登ってない!!
まぁ~三ツ峠近いし何時でも来れるでしょ。
初級~上級、人工、マルチとかなり幅広く出来ますしね。

 
                                     記:関 秀倫

Index of all entries

Home> クライミング > | 岳連行事 > | 御坂山系 > 岩だ!三ツ峠

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top