Home> クライミング > | 北アルプス > 錫杖・夏壁!

錫杖・夏壁!


初めて錫杖の壁を登ったのは今年の冬。衝撃的な経験をした。
夏の錫杖はどうなんだろう?
バン亀の目標はオールフリー。関、三入は技術の向上。

土曜の夜に新穂高入りし、無料露天風呂に月を眺めながらゆったり浸かる。
ぬるくて少々冷えたが、俺達の明日への思いは熱いぜ!!

2006年8月4日(日)  天候 晴れ
メンバー : バン亀 三入 関

5時に槍見温泉出。
先頭三入、足取り軽く速い速い。
沢を渡りしばらくいくと前衛フェースが見えた!朝日に当たりスゴイ!!二人は口が開放状態・・・

朝日を浴びる前衛フェース

快調に歩いて錫杖沢のテン場着。
テント多い!全て埋まってる。
うざいブシュを漕ぎながら汗だくで取り付着。

左方カンテ

7時に取り付く。
冬に登った1P目とは違うルンゼを登る。
2P目を登ってピナクルのテラス着。焼岳、西穂を望む。

2p目フォロー関
3Pビレイ点にて・バックは焼岳

3P目、快適フェース、ガバホールドつかんで気持ちよく登る。冬とはえらい違い!
せき、みにゅうもフリーで登る。よしよし。

3p目のフェースを登る三入


4P目、チムニーからボルトの打たれた快適フェース。ロープを伸ばし大テラスまで。

5P目、核心ピッチ。出だしが悪く少々悩んだがなんとかフリーで突破。
後は終了点まで一気にロープを伸ばす。
フォローの二人は出だしがフリーで超えられなかった。ざんねん!まーしゃーない。

4,5ピッチは冬に登ったラインと少し違っていた。
ボルトに惑わされないナチュラルなラインを登った佐藤君の凄さをまた感じた。
あらためて、夏は快適!

10時30分終了点。
下降に少々手間どったが無事取り付きに戻る。


注文の多い料理店

取り付きから壁を眺めると中間の前傾壁にロープが垂れていた!
どうもフリーでトライしているようだ。

準備をして1時に取り付いた。
微妙な時間だったが・・・。

1P目、支点ほとんどなくカムで無理やりランナーとってテラスへ。
フォローをビレイしてる時、その前傾壁取り付きの人物と目が合う・・・・あれ?
佐藤君けー?向こうも・・・・あれ!?ありゃりゃ!!
佐藤君はジャンボ君と銀河鉄道のフリー化をしていたのだ。
そういえば左方カンテを登ってる時に変な雄叫びが聞こえていた。
なんだかなー。錫杖、佐藤君とは縁があるな~!!

2P目、左上するクラック。支点は無い。カムで取るが噛ます所は限られる。ランナウトに耐え目がマジになる。
錫杖っ子に上から話しかけられる、こっちもこれが正規ルートか質問する。なんだか変な気分。下の二人はフォローできるだろうか?
狭いテラスに辿り着く。んーこの上もムズそうだ。みにゅう、関、しっかりフォーローしてきた。いいぞ!しかし時間は過ぎている。

注文の多い料理店2p目フォロー三入

3P目、真上のハングしたクラックはムズそうなのでボルトラダーのフェイスに取り付く。とてもバランシー!
ボルト二本上がってホールドが無くなり身動きとれずヌンチャクをつかむ!・・・・・・・あーあ。
ビレイ点の二人の表情はとても不安げ。
バン亀、何故かハングドックもしないでクライムダウン。ビレー点まで戻る。
2,3回真上のハングクラックに取り付こうとするが体がみなぎってこない。
疲れてる?恐れてる?ナチュプロだから?時間も気になる。
さらに取り付こうとするがダメだ~・・・。気力が無い。。。決断し懸垂することにした。
懸垂で下る時、関と目が合い、「バン亀さん目がガチャピンになってますよ」だって!
確かに取り付きに戻ったらものすごい脱力感だった。
まだまだですな~。欲張りすぎたかな?

振り返ると、さとうくんは雄叫び上げて銀河鉄道のRPに燃えていた。がんばれし!

銀河鉄道フリーでトライ・佐藤


悔しいのでまた来ます。またリベンジじゃん。。。

関、三入は今回もいい経験したと思う。面白かったよ!
また来よう。お疲れ~。

 
バン亀

Index of all entries

Home> クライミング > | 北アルプス > 錫杖・夏壁!

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top