Home> 南アルプス > | 登山 > 離山・一の沢

離山・一の沢


昨年の忘年会時、山寺相談役より離山を白鳳会として解明せよ!
御下知を賜った。どれどれやれやれと腰を上げだした。
とは言うものの、石空南北沢、今回の一の沢、そして二の沢、山ノ神沢などなど
冬場以外は入っているのである。しかし肝心なピークは踏んではいない。
すでにアルパインや雪稜クラブは、近年この離山に入っていて様子を聞けば、
結構しぶいらしい?なんだしぶいって?
ともあれ、今回は一の沢大滝の氷確認とともに冬の一の沢へ偵察山行に行って来た。

2007年1月27日(土) 天候 曇り
メンバー : 佐久間・植松(白鳳会)

篠沢橋ゲートに車を置く、気温高く林道は凍ってはいない。
林道から一の沢を望む。

一の沢冬景色


対岸に渡るには工事用の橋を渡る。
昨夜の積雪はくるぶしほど。
沢にはいれば堰堤4つほど越えるが最後がいやらしい。

核心の堰堤越え


冬景色2


冬景色3


各滝も、夏場ならわらじのフリクション効かせさくさく登れる滝も、
冬場は凍っていなければ高巻くしかなですねー

懸垂は4回ほど


雪深くなり時間だけが過ぎます。

うまそう・・・


一の沢大滝までたどり着けず・・・
13時、折り返します。

本日、ここまで


今度は尾根を目指しましょう。

離山全景


佐久間さん、だいぶ冬の沢歩きが気に入ったようで。
お疲れ様でしたーまたいきましょう。

 
植松一好

Index of all entries

Home> 南アルプス > | 登山 > 離山・一の沢

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top