Home> 南アルプス > | 登山 > 伝付峠から悪沢岳

伝付峠から悪沢岳

メンバー : 植松(白鳳)・橋本(山梨アルパインクラブ)

07年1月4日(木) 天候 曇り後晴れ

田富で橋本拾って、一路新倉へ。
田代川林道に入って発電所の駐車場に車を置く。駐車場は我々のみ。
内河内沢沿いに行く。

内河内沢を行く


このような桟道(橋)は75番まである。

内河内沢


3時ごろ伝付(転付)峠到着、標高1950m。30年ぶりの伝付越えだった。
千枚岳方面の景色を楽しみにしていたのだが、逆光と林にてあまり絵にならず。
二軒小屋に下る。
標高1400m二軒小屋着、もちろんだれもいない。雪も無い。
が、水は豊富。テント幕営。

07年1月5日(金) 天候 無風快晴


3時起床4時出発が1時間寝過ごし5時出発。
急坂をグングン高度を稼ぐ、ガレ場の淵にて千枚岳現る。

ガレ場から千枚&丸山


また深い森の急登が続く。9時10分、標高2503m万斧沢の頭着。
ここから雪多く時間を費やし、12時丁度、最初の目標である千枚岳到着。
橋本と握手。

千枚山頂から塩見・間ノ岳方面


山頂から丸山3002mと悪沢岳3141m


南アの名峰・赤石岳


上河内と聖岳方面


千枚山頂


富士と伝付峠



目標である本邦第7位悪沢岳は天候がいいのでかなり迷ったが、
タイムアップ&水切れにてあきらめた。

塩見遠望


下りも時間かかり17時着。12時間行動でした。
悪沢岳往復の2時間半出せない事はなかったが、結果的に翌日の事考えたら正解だったのでしょう。

07年1月6日(土) 天候 大雪

4時ごろ目が覚める。身体のあちこちが気持ちよく痛い。
うん?なんかヘンだぞ?雪?しかも相当降っている。
「ハッシー起きろ!」テントの除雪する。
3日前の今日の予報は曇り後雨だった。
だからのんびりと午前中下山できればいいや的に考えていた。
しかも谷なのでラジオは置いてきた。
この降り方は尋常ではない。下山準備を急ぐ。
テント撤収して6時半発、伝付9時着。この登りはきつかったー・・・
まったく雪が無かった伝付でももうひざ以上ある。
下山もガンガン飛ばす。降る量がとても怖い。
13時車着。幸い途中から大雨となり車も脱出できた。
しかし、すべてがずぶ濡れ、もう一泊だったら・・・おー怖っ!
 
植松一好

Index of all entries

Home> 南アルプス > | 登山 > 伝付峠から悪沢岳

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top