Home> その他国内 > | スキー > 神楽峰(新潟)

神楽峰(新潟)

2008年1月5日(土) 晴れ

寝正月から脱出しようと、バックカントリーに行く事になった。

場所:神楽峰(新潟)
メンバー:佐久間、森田、(白鳳会東京支部)
用具:佐久間-フリートレック。森田-ゲレンデ用ブーツ&板+スノーシュー

今回は滑り初めなので初心者向けの神楽にした。
なので時間もゆっくりです。

9:30 かぐらみつまたスキー場の1日券を買い、駐車出発
10:30 ロープウェイ、ゴンドラ、リフトを乗り継いで登り口スタート

積雪も雪質もまぁまぁ。ココは登る人が多いのでトレースもバッチリ。

11:20 運休中の最終リフト降り場で休憩。

さらに登り始めて5分後、さっき電源を切った携帯が無い!
ザックに付けていたジャンバーのポケットのファスナーが全開・・
戻って掘ったがやはり見つからない、、深雪に埋まったみたい。
見つかるとしても6月以降の予定。。
さらに、佐久間氏のフリートレックのシールが片方粘着が無くなり
ツボ足に切り替える。

スノーシューでは快適なトレースでもツボ足だと足首からヒザくらい潜る。
大変そうだったが、とりあえず山頂(中尾根)まで行く事に。

12:30 山頂に到着。外人ガイドのパーティーがいて賑わっている。
行動食を取って、さて、ここからが本番。
13:00 中尾根北斜面滑降。チョイ重パウダーで快適。
のあまり谷を降りすぎた・・
トラバースしてゲレンデまで戻るのに藪の尾根越えが待ち受けていた。
スノーシューでヒザから腰のラッセル。後にツボ足の佐久間氏が続く。

15:20 ゲレンデ脇に到着。
やっと着いた。ゲレンデ脇で自炊して、ゲレンデを滑ってクールダウンして
17:00 駐車場着。

登り2時間、滑り15分、ラッセル2時間、携帯紛失・・
正月に溜めたカロリーは予想以上に消費された1日だった。

次は谷川かなぁ。。

雪猿1
08saru1.jpg

雪猿2
08saru2.jpg

もりた

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> その他国内 > | スキー > 神楽峰(新潟)

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top