Home> 南アルプス > | 岳連行事 > 笹山(黒河内)ダイレクト尾根

笹山(黒河内)ダイレクト尾根

昨年度は早川町から大唐松尾根調査。
今年度は笹山に直接上がる尾根を調査してほしい依頼が来た。
この笹山、既存ルートでは農鳥岳を南下するか、南の転付峠から北上するか、
どちらにしても遠い存在の山である。近年、山梨百名山に選定された事により、
登山者急増、そこで町として奈良田より直接上がれる尾根の調査依頼なのだ。

7月5,6日(土日) 天候 晴れ

メンバー;望月(南嶺会)・中安(御坂)・平原(甲府昭和)・岩下(山猫)・植松(白鳳会)


8時半、奈良田出発。尾根は林務的に道は整備されていて順調に高度をあげる。

奈良田湖が出発
08sasa1_1.JPG

林務的整備は標高2,000mまで行われている。
その辺は中安さんが詳しい。中安さんは現在峡南林務事務所勤務なのである。
要するにローカルである。
2,300m、原生林に囲まれた平坦地でる。ここをテン場として。
残った時間は空身で上部の調査に出かける。

2,300mテン場敵地
08sasa1_2.JPG

テン場付近
08sasa1_3.JPG

残雪もありで、ビールを冷やす。
最高なテン場で会話ははずむ。

翌朝、5時出発。
やがて、高度上がり、ハイ松現れると、ポッカリと偶然的に笹山南峰に出た。
なんとあっけない。前回は北峰行っていないので行ってみることにした。
こちらの方がやはり高いだけあって眺望は最高である。
是非、北峰を進める。

悪沢様
08sasa1_4.JPG

山頂から北岳方面
08sasa1_5.JPG

塩見様
08sasa1_6.JPG

この尾根は1,900mをいっきに上がる尾根である。
道を整備してしまえば、夏の日が長い時間等、健脚者ならばゆうに日帰りも可能でしょう。
この尾根は秋になったら集中します。
是非、ご一緒しましょう。

植松一好。

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 南アルプス > | 岳連行事 > 笹山(黒河内)ダイレクト尾根

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top