Home> その他 > | 南アルプス > 2008年鳳凰山道標設置

2008年鳳凰山道標設置

  メンバー;森本部長・志田・細田(以上、韮崎警察署)三入・植松(白鳳会)
  
  期  間;2008年8月13~15日(水~金)15日は予備日
  計  画;取付け道標は3本。
       ①観音岳下鳳凰小屋分岐点⇒13日午後設置予定
       ②アカヌケノ頭     ⇒14日設置予定
       ③高嶺山頂       ⇒  〃
  宿 泊 先;鳳凰小屋

8月13日(水)

①観音岳下鳳凰小屋分岐点
 

観音岳下鳳凰小屋分岐
08dohyo1.jpg

設置メンバー全員
08dohyo2.jpg

鳳凰小屋方面から
08dohyo3.jpg

観音岳方面から
08dohyo4.jpg

<問題点>  
* ここのザレ地の設置は比較的容易と考えていたが、すぐに硬い岩盤にぶつかりツルハシで
  時間かけて砕き設置した。看板取付けの工具(スパナ)がなかった。

設置後、アカヌケの道標・高嶺山頂の道標をそれぞれ担いで全員アカヌケノ頭に移動した。
アカヌケノ頭には元々あった道標を抜いての設置なので、翌日の作業予定だったが、作業が
はかどりそうなので本日に行う事とした。    

②アカヌケノ頭
 

タカネビランジが満開であった
08dohyo5.jpg

アカヌケノ頭設置
08dohyo6.jpg

観音岳方面から
08dohyo7.jpg

旧道標・文字はまったく見えず
08dohyo8.jpg

翌日、ボルト締め
08dohyo9.jpg

問題点
* 土中のTバー丸太に穴が開いておらず、変りに旧道標の太く長いボルト3本で対応した。

8月14日(木)

鳳凰小屋に17mmのスパナとラチェットがあったので借用した。
昨日設置した鳳凰小屋分岐の道標のネジ締めを三入にお願いし、アカヌケノ頭で
我々と合流した。そして3本目、最後の道標を担ぎ高嶺に移動した。
 

08dohyo10.jpg

08dohyo11.jpg

③高嶺山頂

08dohyo12.jpg

08dohyo13.jpg

高嶺は岩稜帯であるが、大きな石を除けば、以外に早く仕事がはかどった。
 
問題点
 * 白鳳峠側から、どう取り付けてもこちら側からは無記名看板となる。
   鳳凰山側から見れば看板表示は理解できる。作成後の確認はしたのか。

 
おまけ。地蔵岳、賽の河原に道標が倒れていました。復活させておきました。

08dohyo14.jpg

以上、韮崎市より白鳳会へ、道標設置依頼3本は完了した。

* 夏山パトロール兼任での韮崎警察署3名のご協力なくしての設置は不可能だった。
   ありがとうございました。
* 薬師小屋メンバーにより、薬師小屋から観音岳下(鳳凰小屋分岐)までの本看板
  の移動もしていただきありがとうございました。
* 鳳凰小屋で借用したツールは、
   スコップ2・ツルハシ1・17mmスパナ1・ラチェットレンチ1
* 最終日は署のメンバーとドンドコ沢のパトロール、南精進ヶ滝の滝見台新ルートの確認、青木鉱泉⇔御座石鉱泉間のルートパトロールを行い、御座石鉱泉にて解散とした

報告者;白鳳会 植松一好
白鳳会・韮崎警察署

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> その他 > | 南アルプス > 2008年鳳凰山道標設置

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top