Home> 奥秩父 > | > ナメラ沢

ナメラ沢

  • 2008年8月16日 06:12
  • 奥秩父 |

荒木さん、沢に行きましょう!
の話にみみっくとてんちゃんが加わり、ナメラ沢に行ってきました。
てんちゃんは初の沢です。みみっくも初めてかな?

8月15日(金) メンバー:荒木L、みみっく、てんちゃん、渡辺

(今日はちょっとガイドブック的に書こうと思います!)

雁坂トンネル料金所に車を止め、舗装された林道を歩きます。
30分程で終点の橋に到着。ここからは一般登山道15分程でナメラ沢の立派な看板に導かれて入渓します。
ナメラ沢は川幅数m、水量も少なく、なるほど初心者向けと言った感じです。
沢靴に履き替え、涼しい水の中を歩き始めます。

ナメの連続
08namera1.jpg

しばらくして滝が現れます。
巻かずに右端から4人とも問題なく抜けます。

15m2段の滝
08namera2.jpg

この先はナメが点在するような感じの景色が続き快適に進みます。
本日の核心はこの滝でしょうか。すべりそうですべらない。そんな感じで抜けました。

ナメの大滝
08namera3.jpg

右俣付近から台風?大雪?集中豪雨?の影響による土砂崩落で結構な量の倒木が沢を塞いでいます。

沢上部
08namera32.jpg

この辺りを超えると水量が減り、やがて水音がしなくなりました。

最後の一滴
08namera33.jpg

これにて沢登りは終了。結局、ロープは使いませんでした。
山靴に履き替えて稜線を目指します。

静かな原生林
08namera4.jpg

踏み跡のしっかりした原生林はかなり歩きやすいです。
しかし、最後の標高差300m程はさすがにキツイ登りとなり、稜線に出ます。
後は快適な稜線を西に進んで西破風山の山頂に立ちました。
お疲れさまでした。

山頂
08namera5.jpg

下山は雁坂嶺を通って、日本3大峠の1つである雁坂峠へ。
雁坂峠の案内板には日本武尊が蝦夷の地平定の際に利用したという逸話が書いてありました。
当時の状況を想像すると本当なんだろうか?と思ってしまいます。

ここからは長~い下り。景色を楽しみながらゆっくりと下ります。
途中、やはり土砂崩落で新しい道がつけてありました。
それ以外にも道は以外に狭いところが多く、踏み外すと結構転落するので注意が必要です。
次第に下界の暑さを感じる頃にはナメラ沢の看板が目に入りました。

<コースタイム>

駐車場6:20-入渓点7:15-破風山山頂10:55-駐車場15:40

渡辺真二郎

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 奥秩父 > | > ナメラ沢

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top