Home> 南アルプス > | 岳連行事 > 笹山(黒河内岳)調査第2弾

笹山(黒河内岳)調査第2弾

調査の過程等は7月5,6日の1回目報告書を参照してください。

08年9月27,28日(土日) 天候 曇り

メンバー;古屋岳連副会長・平原(甲府昭和山岳会)秀・あんどー・植松(白鳳会)


8時、奈良田集合。

笹山尾根
08sasa2_1.JPG

2度目なのでさくさくと行く、まずは1,300m地点の迷い尾根の整備。
下りが勢いいいと思わず下ってしまう尾根X整備。

1,300m迷いやすい尾根
08sasa2_2.JPG

1,600m地点で休憩、早川町の長老等の覚えでは、ここの左斜面のどこかに水場があるらしい。
本日、時間があるからちょっと行って見る事に。途中まで行き、うーん、なんか、今日、発見できるかも?
カメラを取りにザックに戻る。そして15分も行っただろうか、谷の切れ込み発見、そして水音。
散開していた皆に声かける「水場!発見!」しかもこの辺り、テン場適地なのだ。

水場
08sasa2_3.JPG

なんか大仕事終えてほっとした。と言うのもルート開削とか調査はいいのだけれども、
水場探しと言うのは結構なプレッシャーがかかるのである。
嗅覚とか感、つーもんは・・・これってなんだろうね。前回の大唐松尾根も意外に早く見つかり、
もちろん、事前情報はある、しかし山中に実際入れば暗中模索状態なのである。だから感なのだろう。
当然、時間とか人をかければいつかは見つかるのだろう。今回も短時間で解決!
手前味噌的になるが自分自身に感心感心!まだお昼と言う時間だがうれしくてここにテント張って
宴会したい気持ちになるのだ。心身軽やかとなる。
さて尾根に戻る。尾根上、秋の味覚、きのこの収穫もたんとたんと。
やがて2,300mBC地到着。

収穫きのこ
08sasa2_4.JPG

やはり夕餉は楽しい、平原宅ねぎを焼き上げる。おいしい~辛さにほんのり甘みあり!
植松はきのこ料理、秀・平原さん喜んでくれ、あっという間に無くなる。
残りは明日の味噌ラーメンに入れましょう。。。
秀いわく、「なんですかこのバター見たいな味は・・・」味付けはしょうゆのみです。

談笑
08sasa2_5.JPG

6時でっぱつ、今回は山頂まで切り開きたい。前回は尾根をはずれた。
今回は着実に尾根を行く。

鋭利な北岳様
08sasa2_6.JPG

11時過ぎ、ジャングルくぐり抜け、南峰2,717m着。
2,733m北峰へ、古屋副会長笹山初めて、その景色の凄さに感動感動大感動!
(山々の写真は1回目も参照)

大唐松尾根と鳳凰様
08sasa2_7.JPG

笊ヶ岳方面
08sasa2_8.JPG

山頂から尾根入口
08sasa2_9.JPG

ついに貫通いたしました。まだ正式ではありませんが、これで縦走者もエスケープルートとして使えます。
健脚者ならば、3時間もかからず奈良田に着くでしょう。。。
さてさて、我々もテントに戻りきのこラーメン作りましょう。。。腹減ったー!!!
下山開始、と降りていくと、、、人影が、、、こんな尾根にこの時間???だれだー???
なんと!うちの会のあんどーでしたー!まぁ、俺が入るのは知っていたので。ゆうべ途中でビバークしたそうだ。
パーティは賑やかとなるよね。
さてさてラーメンラーメン!

きのこラーメン作ります
08sasa2_10.JPG

きのこラーメン出来上がり
08sasa2_11.JPG

ゆうべ早く寝てしまって、きのこ食べれなかった古屋副会長、きのこラーメンにご満悦。
そして、下山時、平原さんは、愛妻とご子息にきのこ食わせるだと張り切りボーイ、童心に返る。
テント、水4㍑はBCに置いて来ました。次回は10月11,12日、参加者募集中。

植松一好

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 南アルプス > | 岳連行事 > 笹山(黒河内岳)調査第2弾

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top