Home> 八ヶ岳 > | 山岳レンジャー > 「八ヶ岳レインジャー定経路」

「八ヶ岳レインジャー定経路」

2009年7月18日(土)~19日(日) 天候 雨
参加者 : 植松一好、中川惠美子、荒木陽一

今回の八ヶ岳レインジャーは一般登山道の定経路調査、
県界尾根でのムシトリスミレのチェックなので楽勝・・・と、思いきや・・・

丁度3連休にぶつかったという事もあり、早めに観音平へ到着。
計画としては1日目に青年小屋まで入り幕営、2日目に赤岳県界尾根の調査地点までピストン、
1日目には余裕があるのでテント設営後に西岳まで行ってくる予定でしたが、
終始雨が降ったり止んだりの天候、
当然、長野県側に入る西岳まで敢えて様子を見に行く必要も無く、早々と宴会モード。
それでも正午の時報を待ったのはエライ!
さすがの植松さんも午前中から飲む気にはなれんと。

植松さんのお父さん(要は、植松パパ)のキュウリとジャガイモがとってもおいしかったですね。
みみっくは味噌も付けずに生でボリボリ!
ジャガイモのスライス、焼いてホクホク!

翌朝、3時前。テントから顔を出して満天の星を探す・・・無い。一つも無い。
3時20分、一応、行動食と調査グッズを携えテントを出ると、状況は更に悪く、
あたり一面の深いガス、更に加えて風が強くなってくる。
ヘッドランプも遠くまでは届かない。
やがて岩場が現れ始めると、1m先の、人が踏んでそうな岩を探りながら進む。
稜線に出る頃、漸くヘッドランプがいらない程度に明るくなってきたが、
相変わらずの深いガスと強風。
権現小屋の裏にて風をしのぎしばし休憩・・・ま、3人とも同じ事考えてたと思うのですが。
植松さんの「下りよう」の一言に即決定。
まだほの暗いしガスは深いし東からの風は強いし、
やっぱ、キレットを越える気はしないですね~おまけにピストンだから帰りも通るし。
下りる頃には十分明るいし、気分的にも楽だし、しばしお花の観察。
イワベンケイ、ミヤマオダマキ、ミヤマダイコンソウ、タイツリオウギ、お花がいろいろ。

テントに戻って、ラーメン食べて、特にすることも無し、
雨が降っているから動く気も無し。
それでも9時頃にはテントたたんで下山。

結局、予定していた調査は実施できないし、
晴れていれば眺められたであろう景色も全く見えなかったし、
なんともすっきりしない山行でした。

ま、こんなこともあら~な~! と、諦めましょう・・・

 

雲海にて
09r4_1.JPG    

ハクサンシャクナゲ

09r4_2.JPG

バー・テン場

09r4_3.JPG

ミヤマダイコンソウ

09r4_4.JPG

ミヤマオダマキ

09r4_5.JPG

 

荒木陽一

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 八ヶ岳 > | 山岳レンジャー > 「八ヶ岳レインジャー定経路」

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top