Home> 奥秩父 > | > 大双里沢

大双里沢

  • 2009年8月30日 07:21
  • 奥秩父 |

去年、みみっくと田中がレンジャーで行く予定だったが、

途中1本間違ったら藪漕ぎ沢だった。なんて話から1年が過ぎ、

リベンジのお誘いが来た。

 

日時:2009年8月29日

メンバー:荒木、みみっく、わたなべ

 

不動沢駐車場を出発。普通の不動滝登山道を行く。

45分程で不動滝に到着。水量は少ないが、朝日で銀色に輝く滝がまぶしい。

 

IMG_7464.JPG

 

滝の右側を巻いて滝上に出る。

朝っぱら結構な藪漕ぎだが、とてもいい気分だ!

滝を越えて谷に降りると、原生林に朝日が差し込んで幻想的な景色が広がる。

これだけでも来た甲斐があった。癒されます。

 

IMG_7466.JPG

 

不動滝の上部100m位でいきなり水がなくなった。

急に静寂な世界が訪れる。不動滝の岩盤で伏流水になっているようだ。

静かな原生林を進んでいくと、また30分程で沢に水が流れ始めた。

大きな滝はなく、この規模の滝が全部で3つあった。

 

IMG_7470.JPG

 

40分程歩くと、3つ目の滝の手前の左岸に一際きれいな壁が現れた。

高さは50m、横幅は100mはある!きれいだ。

 

IMG_7482.JPG

 

登らずにはいられないので登る!

アプローチはちょうど2時間だが、プロテクションも取れそうなので次回まじめに登ってみたい。

誰か行かないすか?募集します。

 

IMG_7485.JPG

 

3つ目の滝を過ぎると二股になった。

左が大双里沢だ。

段々と水の気配さえなくなり、もう沢靴いらないんじゃない?と俺がいうが、

荒木さんはもう少し履いていたいみたい。

 

(苔むした岩は大変滑りやすく、履いていて正解!脱いだ後は大変でした。)

 

数10分が過ぎ、突如水の音がする。沢が戻った。

下よりも豊富な水量で流れている。

やはり水の流れを見ながら進む方がいい。

 

IMG_7504.JPG

 

そして最後の水源。おいしく頂いた。

 

IMG_7506.JPG

 

このまま谷を詰めて行けば、小川山の山頂に出る。

最後は左の巡視路にトラバースして進む。

この巡視路、踏み跡あるけど使ってんの?と言いたくなる程のシャクナゲ。

結局はこうなるのか!の大藪漕ぎ。。

 

IMG_7509.JPG

 

そして小川山山頂に到着!

360°景色はない。もう2度と来ないだろう。

 

 

IMG_7511.JPG

 

山頂で昼飯を食べ、下山開始。

途中、瑞牆にトラバースできないか検討するもそれらしい尾根はジャングルだった。

あきらめて八丁平へ、そこから富士見平、林道を経由して植樹祭広場へ抜けた。

瑞牆を取り囲む周遊コースは楽しかったです。

また行きましょう!

わたなべ

 

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 奥秩父 > | > 大双里沢

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top