Home> Archives > 2009年9月アーカイブ

2009年9月アーカイブ

大武川遡行~摩利支天南山稜敗退

大武川を遡行して甲斐駒ヶ岳は摩利支天南山稜に行こうとなった。
 
計画は、大武川を遡行して南山稜をまたぎテント泊、翌日摩利支天沢から南山稜に取付き
摩利支天に抜け、甲斐駒山頂から黒戸尾根を降りて1800m地点から桑の木沢と並行している
尾根を下山、車に戻るという物。
 
09年9月22日(火) 天候 曇り
 
メンバー;三上(昇仙峡開拓団)荻原(ワンダー)矢崎(教師)大河原(先生)植松(白鳳会)

 
いつもの篠沢橋に車を置く。
以前は朴の木橋先で林道が荒廃しているのだが、工事車両が入りガンガンと林道工事を続けている。
この工事、どこまでやるのだろうか。工事終点で大武川に降りる。
2箇所ほど右岸を巻き赤薙沢出合いに着く。
川滝沢を左に見送り、カラ沢出合いに出る。
 

大武川1
09nanzan1_1.JPG 

大武川2
09nanzan1_2.JPG


長い遡行続けると赤石沢出合いとなる。この出合いに仙水峠から降りてきたワンダーの荻原待っていた。
やがて六町滝の連瀑帯に出合う。ここは摩利支天前沢に入り、六町立てと言うガレ場を登る。
正面にはサデの大岩がガスの中から見え隠れしている。
 

幻想的サデの大岩
09nanzan1_3.JPG


ガレを登りきると南山稜末端に出た。その向こうはまた大武川本谷である。
本谷に降り、今日はここにテント設営だ。
早速、焚き火となる。料理長は三上さんである。
 

三上ほうとう
09nanzan1_4.JPG 

出来上がり 09nanzan1_5.JPG

これがこれがめちゃくちゃうまいのです。料理長に乾杯!
 
09年9月23日(水) 天候 くもり後雨後くもり
 
宴会は11時過ぎまで行なわれ、少々寝坊だ。
荻原&大河原先生は仙水峠に上がり北沢峠へ。
我々は摩利支天沢をつめて南山稜に。
 
摩利支天沢
09nanzan1_6.JPG

沢から尾根筋に出る。三上のペースは速い。
そしてロックガーデンに出た。この辺りは名前の通り日本庭園である。
晴れていれば最高に気持ちのよいところに思う。
最初の核心に出た。ジェードル状で残地ハーケンとスリング、しかしこの辺りから雨がポツポツと。
ザイル回収で上がると、三上が降りるという、全権をゆだねているので異論など無い。
標高は2500mだ。ここからのエスケープ最短は仙水峠に出て北沢峠からバスに乗る事である。
摩利支天中央壁末端を行き、水晶沢に出る予定、が霧雨で視界もなく適当に行く。
と見た光景なのだ。しかしその光景は8月に水晶沢入渓時。
我々は水晶沢右俣も渡っていないと思っているのでまさかここが大武川本谷とは思わない。
つまり似た光景と判断。そしてまだ谷を降りる、いや、標高は1900mをさしている。
仙水峠は2200mありえない、と同時に三上も気付いたのだろう。
水晶沢の二股よりはるか下の大武川本谷を歩いてると言う事だ。あわてて左の森に入る。
原生林の急斜面を300m上がってトラバース。登山道に出た。我々は栗沢山に登っていたのだ。
仙水峠に出、仙水小屋で矢葺さんを確認したら今日降りたとの事。
北沢峠のバスは最終が15:30。もう16:30である。広河原まで歩く19:00広河原着。
広河原山荘の衛星電話にて各自帰宅が遅くなる旨伝え、夜叉神まで歩く。
帰宅は深夜、翌日となったのである。めでたしめでたし・・・
しかし右足が壊れてしまった・・・
 
栗沢山から09.08.16撮影
09nanzan1_7.JPG
 

植松一好


登山道整備・御座石鉱泉⇔青木鉱泉

東京エレクトロン山の会の冠木君が、友人と鳳凰山登山の際、青木鉱泉~御座石鉱泉を抜ける間で迷った報告があった。
その報告書を植松が受け取り、市観光課、韮崎警察署に提出した。
するとこの春、ハイカーが同場所にて道迷いが発生している事、警察署より言われた。
また、青木鉱泉から御座石鉱泉への看板が非常に見えづらいという苦情もあるとのこと。
そういう背景のもと、なにはともわれ警察官と整備に入った。
 
09年9月19日(土) 天候 曇り
 
メンバー;手塚課長以下3名(韮崎警察署)・冠木(東京エレクトロン山の会)・植松(白鳳会)

 
10時、韮崎警察署集合。ホームセンターよって御座石鉱泉へ。
昼食後、青木鉱泉をピストンする。
 

道標なぞり書き
09goza1_1.JPG 

倒木の除去
09goza1_2.JPG


人数多いので倒木の除去も簡単である。
青木鉱泉着。青木鉱泉側から見るとブッシュで看板見えない。
しかし看板の位置も問題である。ブッシュ以前にどこにあるかが問題である。
 

青木鉱泉側から看板は見えない
09goza1_3.JPG 

看板周りの草刈
09goza1_4.JPG 

草刈後
09goza1_5.JPG


この看板はもっと青木鉱泉側に設置しないと意味がない。
敷地内なので不可能なのか?観光課より青木鉱泉に確認していただくことに。
 
迷い箇所にトラロープの設置
09goza1_6.JPG


たいした所でもないのに以外や以外、遭難とはこんなところでおきるのでしょう。
 
お疲れ様でした。
 

植松一好。


第64回山梨県体育祭り

今年もこの季節になりました。秋の体育祭り。

台風一過の青空の下、おおいに楽しんでくれたと思います。

 

今まで山梨県は太っ腹にもエントリフィ無料だったんですが、

ついに有料化!にもかかわらず、過去最多63名のエントリーがありました。ありがとう!

やはりクライミング人口の増加、山梨においても低年齢化が進んでいる感じです。

そして毎年の事ですが、レベルアップしています。

 

秋山岳連会長あいさつ

09kenta1_1.jpg

 

小野審判長より競技説明

IMG_7554.JPG

 

今年は小野さんが審判長なんです。実に頼もしい。

そして競技開始!

 

ビギナークラス予選、オープンクラス予選は同時進行

IMG_7564.JPG

 

ビギナークラス予選通過者8名は小学生3、中学生1、高校生4という内訳。

小学生が頑張ってます。

予選は通過できなかったけど、うまいな。と思わせる選手が何人もいました。

来年はさらにうまくなった姿を見せてくれると思います。

 

ビギナー決勝1位 川口君

IMG_7599.JPG

 

オープンクラスは年々レベルが上がり、決勝進出はかなり狭き門になっています。

さらに決勝で完登した安田あとり、若尾龍隆の2人の登りは見ていても楽しいです。

おかげでスーパーファイナルではセッター陣を悩ませる結果に。

3本目ということで、2人の登りはさらに洗練され、すばらしい登りでした。

 

オープンクラススーパーファイナル1位安田あとり ランジ!

IMG_7631.JPG

 

オープンクラススーパーファイナル2位若尾龍隆

IMG_7634.JPG

 

では、また来年お会いしましょう!

 

  最終リザルト

わたなべ

 

 

 

 

 

伝丈沢その2

土日で荒木・みみっくリクエストに答え、甲斐駒ヶ岳は黄連谷右俣に行く予定だった。
しかし、土曜日が雨、中止となった。
で、先週の伝丈沢は不完全燃焼だったのでリベンジする事となった。
 
09年9月13日(日) 天候 快晴
 
メンバー;荒木・みみっく・植松(白鳳会)
 
4時半、韮崎市役所。荒木さんとは昇仙峡5時に約束。
 
6時、伝丈沢入渓、ナメ滝まで快調に飛ばす。
ここでわらじ、フェイルトシューズ履き替える。そして二俣、30m大滝となる。
ここまでは先週来ているので先週の報告でも見てくださいな。
大滝越えた先から未知である。
今回はっきりした事がある。2万5千地図の大滝マークはもっと下流である。
大滝は二俣のすぐ上となる。それも先週の迷いの原因でもある。
それと、18年度版の2万5千地図「瑞牆山」では地図に無い林道は点線なのだが載っている。
先週、植松が持っていたのが古かったのだ。まあいい。
今日は八幡尾根に抜けるのでは無く、右側に詰めて行き、先週と同じ登山道を下山予定。
しかしこの沢は上部に行けば行くほど明るくナメ滝も多く楽しい。
初心者にはもってこいの沢である。
 

伝丈沢1   09densho3_1.JPG 

伝丈沢2
09densho3_2.JPG 

伝丈沢3
09densho3_3.JPG 

伝丈沢4
09densho3_4.JPG 

伝丈沢5
09densho3_5.JPG

 

やがて源流に到着。
石の下からコンコンに水が湧き出ている。すごくおいしいのである。
ペットボトル3つに詰める。
 

源流

09densho3_6.JPG

 

源流後は石楠花の藪こぎ、標高2,000mでトラバースしてツガの平坦地に出、反対側の谷に下りる。
そうすれば神子の沢に出るはず。そしてそこを降りていけば登山道に出るはず。
ビンゴ!後は下山のみなのでゆっくりと昼食とする。
 

甲斐駒&チョキ
09densho3_7.JPG 

金峰山
09densho3_8.JPG

 

1,709m三角点の有る山のトラバースからチョキと甲斐駒、金峰山の画像です。
15時には車に戻った。次は左の沢に入り、八幡山とチョキの鞍部に出たい。
それにしても金峰山は大きく懐が深い山である。
 

 

植松一好。

伝丈沢

09年9月5日(土) 天候 晴れ後曇り
 
またまた兵庫からゆっきんがやってた。今度は名古屋の子連れてきた。
そして、植松のメールにいきなり俺を沢に連れて行けと言う怪人登場。
いろいろ質問してきたので面倒だからおまえも連れて行く、だから地下足袋を用意しておけと。
 
メンバー;ゆっきん・わたちゆみ・いわまがとおる・植松。
 
6時韮崎市役所集合。怪人君も初対面です。黒平へ。
伝丈沢は8月2日に荒木さん等と来た。雨でナメ滝で引き返した。
今回は晴れである。やはり沢はこれでないとね。
ナメ滝でわらじを装着。快晴ゆえ水に入るのも心地よい。
 

晴れたぞ!
09densho2_1.JPG

 
伝丈沢2

09densho2_2.JPG

 

やがて二股である。
 

伝丈沢二股
09densho2_3.JPG

 
伝丈沢2
09densho2_4.JPG 

伝丈沢メンバー

09densho2_5.JPG

 

やがてこの沢唯一の大滝30m。右が巻けそうだ。
 

大滝高巻き  

09densho2_6.JPG 

 

30m大滝

09densho2_7.JPG

 

この高巻きは上部で一応ロープをフィックスした。
そして遡行終了。と言うのもいわまくんは日帰りなので安全な場所でバイバイである。
しかし俺もここは初めて。とりあえず飯食いながら雑談。いわまくんなんと!医大生であった。
仲良くしておこう。
 
そして沢身を離れ東側に行けば登山道に出るはず。
登山道に出ればいわまくんは登山道下山していけば地図上で林道にでるはず。
出たら西に向かえば車に出会えるはず。
我々は登山道に出ればいわまくんと反対方向、つまり金峰山に向かえば水晶峠越えて、
本日の幕営予定地御室小屋着くはず。すべてがはずはずはず。
で、唐松林の平坦地に出たところで早くも林道に出会ってしまった???
なんだこれ?こんなに早く出てしまうの?地図を何度も見る。これが登山道???
とりあえずいわまくんはこれを適当に降りていけばトラバースしている大きな林道に出るはず。
で、一応地図を持たしました。まぁ、これで遭難したらおまんの人生はここまでちゅうこんで。
バイバイ。寂しそうでしたが。
さて、我々だ、北に向かうと、伝丈沢に向かっているのだ。ありえん。
北東に進路をとり藪に突入する。とそこはオタカラコウが満開の岡山。
東へ東へ唐松林を行くしかし登山道には出ない。うーんおかしい。
何度も2万5千地図見るが・・・ここは迷いの原点に戻りましょう。
林道に出、地図とにらめっこ、わかった!この林道は地図にない。
平成18年度版の最新の2万5千地図金峰山に載っていないのだ、と思う。
で、この林道を下山する。ビンゴ!である。斜めに金峰登山道が横切っているのだ。
ということはもう少し我慢して東に進めばこの登山道に出れたのだ。
時刻は3時半、ここから御室まで1時間半。
どうする?沢登りの体験できたのでもう幕営してもいいというので、
水場適地にて早々にテント張る事に、夕方にはポツリポツリと雨。
明日、4時に起きて降っていたら金峰にはいかない。
 

快適テン場
  09densho2_8.JPG 

 

9月6日(日) 天候 晴れ

朝雨の音、寝る。
降っていたら小瀬のクライミング場に行きたいと言っていたので本日は小瀬へ。
小瀬には松崎も偶然来て楽しんだ。

白山温泉行って、千円高速で名古屋に帰るのであった。

いわまくんはみんなの集合写真を土曜日中に送ってきたので生きているのであった。

お疲れ様でしたーまた行きましょう。

植松一好。
 

2009夏・あや探・剱岳

昨年の夏、立山に登った。剱岳が見えた。
来年はあそこに行こう行こうとなった。ゲッ、まじかよ。だれが引率するんですか?
で、早くも今年になり、映画のヒットもありで・・・
 
みなさん、登れるのか、不安と期待が入り混じっての形相の面々なのだ。
 
メンバー;バン亀・もみ亀・おーさわ・植松(白鳳会)
      まつ・ジョー・あき・まっこ・Nob・えりこ・まつざき・おかまだ(あや探)

写真提供、バン亀。
 
8月29日(土) 天候 曇り後晴れ
 
5時韮崎⇒阿房経由立山駅9:30⇒室堂12:00~15:30剱沢キャンプ場(テント泊)
 
夏休み最後とあって凄い人です。しかし乗り物は待たせません。
ガンガンバスが出ます。
本日は別山乗越越えのみです。ひとり遅れましたがおおむね順調。
テントを張り終えてウイスキーでも飲みます。
やがてガスがあがり剱が現れました。皆さん歓声をあげます。
そして、どこをどうやって登るのか、みなさん不安でいっぱいとなります。
この景色、これをみんなに見せたかったのである。
 

剱沢テン場
09turugi3_1.JPG 

 

最高なロケーション
09turugi3_2.JPG 

最高なロケーション2
09turugi3_3.JPG

 

明日は快晴だろうと、思っていたら夕刻にはガスが出てしまいました。
 
8月30日(日) 天候 曇り後晴れ
 
3時起床、3時半でっぱつ。
ひざの弱いおーさわはテントキーパー、トランシーバ持たせます。
おーさわは、以前、早月尾根から登頂しています。
 
鎖場の渋滞予測なため、みなさんやはり早く出ます。
3つの営業小屋と剱沢キャンプ場がありますからね。登山道は一箇所のみ。
 

前剱登山中

09turugi3_4.JPG

 

平蔵のコルで今度はエリコを置いていきます。彼女にはこの先は無理ですから。
本人も承知です。登山者はチョー多いので剱岳のフロントでもやってもらいましょう。
そして、渋滞中のかにたてばい。
 

かにのたてばい


09turugi3_5.JPG

 

そして9時半、2,999m剱岳山頂。10人登頂できました。
 

12人中10人登頂
09turugi3_6.JPG

 

みなさん、おめでとうございます!下山は注意して行きましょう。
かにのよこばいでおもいっきり体が空中にでます。
平蔵のコルでエリコを回収して慎重に降ります。
ひざの弱いおーさわにはみんなを待たずにテントから帰還させます。
11時、全員テン場に帰還しました。
テント撤収して乗越降りると、今度は立山が姿を現してくれます。
草紅葉もはじまりつつです。山々は最高な姿を見せてくれました。
やっぱりここも日本最高なナショナル公園ですね。
 
お疲れ様でしたー、また行きましょう。
 

植松一好。

Index of all entries

Home> Archives > 2009年9月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top