Home> 奥秩父 > | > 伝丈沢

伝丈沢

09年9月5日(土) 天候 晴れ後曇り
 
またまた兵庫からゆっきんがやってた。今度は名古屋の子連れてきた。
そして、植松のメールにいきなり俺を沢に連れて行けと言う怪人登場。
いろいろ質問してきたので面倒だからおまえも連れて行く、だから地下足袋を用意しておけと。
 
メンバー;ゆっきん・わたちゆみ・いわまがとおる・植松。
 
6時韮崎市役所集合。怪人君も初対面です。黒平へ。
伝丈沢は8月2日に荒木さん等と来た。雨でナメ滝で引き返した。
今回は晴れである。やはり沢はこれでないとね。
ナメ滝でわらじを装着。快晴ゆえ水に入るのも心地よい。
 

晴れたぞ!
09densho2_1.JPG

 
伝丈沢2

09densho2_2.JPG

 

やがて二股である。
 

伝丈沢二股
09densho2_3.JPG

 
伝丈沢2
09densho2_4.JPG 

伝丈沢メンバー

09densho2_5.JPG

 

やがてこの沢唯一の大滝30m。右が巻けそうだ。
 

大滝高巻き  

09densho2_6.JPG 

 

30m大滝

09densho2_7.JPG

 

この高巻きは上部で一応ロープをフィックスした。
そして遡行終了。と言うのもいわまくんは日帰りなので安全な場所でバイバイである。
しかし俺もここは初めて。とりあえず飯食いながら雑談。いわまくんなんと!医大生であった。
仲良くしておこう。
 
そして沢身を離れ東側に行けば登山道に出るはず。
登山道に出ればいわまくんは登山道下山していけば地図上で林道にでるはず。
出たら西に向かえば車に出会えるはず。
我々は登山道に出ればいわまくんと反対方向、つまり金峰山に向かえば水晶峠越えて、
本日の幕営予定地御室小屋着くはず。すべてがはずはずはず。
で、唐松林の平坦地に出たところで早くも林道に出会ってしまった???
なんだこれ?こんなに早く出てしまうの?地図を何度も見る。これが登山道???
とりあえずいわまくんはこれを適当に降りていけばトラバースしている大きな林道に出るはず。
で、一応地図を持たしました。まぁ、これで遭難したらおまんの人生はここまでちゅうこんで。
バイバイ。寂しそうでしたが。
さて、我々だ、北に向かうと、伝丈沢に向かっているのだ。ありえん。
北東に進路をとり藪に突入する。とそこはオタカラコウが満開の岡山。
東へ東へ唐松林を行くしかし登山道には出ない。うーんおかしい。
何度も2万5千地図見るが・・・ここは迷いの原点に戻りましょう。
林道に出、地図とにらめっこ、わかった!この林道は地図にない。
平成18年度版の最新の2万5千地図金峰山に載っていないのだ、と思う。
で、この林道を下山する。ビンゴ!である。斜めに金峰登山道が横切っているのだ。
ということはもう少し我慢して東に進めばこの登山道に出れたのだ。
時刻は3時半、ここから御室まで1時間半。
どうする?沢登りの体験できたのでもう幕営してもいいというので、
水場適地にて早々にテント張る事に、夕方にはポツリポツリと雨。
明日、4時に起きて降っていたら金峰にはいかない。
 

快適テン場
 09densho2_8.JPG 

 

9月6日(日) 天候 晴れ

朝雨の音、寝る。
降っていたら小瀬のクライミング場に行きたいと言っていたので本日は小瀬へ。
小瀬には松崎も偶然来て楽しんだ。

白山温泉行って、千円高速で名古屋に帰るのであった。

いわまくんはみんなの集合写真を土曜日中に送ってきたので生きているのであった。

お疲れ様でしたーまた行きましょう。

植松一好。
 

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 奥秩父 > | > 伝丈沢

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top