Home> 奥秩父 > | > 伝丈沢・その3

伝丈沢・その3

  • 2009年10月 2日 23:25
  • 奥秩父 |

 摩利支天敗退から中二日の登板である。右足は壊れたまま、ゆえにびっこ歩き。
会社の山の会の若い奴とかいじんと伝丈沢左俣にのんびり入る。
 
09年9月26日(土) 天候 晴れ
 
メンバー;冠木(T社山の会)かいじんいわまがとおる・植松(白鳳会)

 
冠木拾って昇仙峡へ、7時かいじん君と待ち合わせ。
かいじん君、初めてのテント泊。俺の足が壊れているので、テント・食料はかいじん君に背負わせる。
ナメ滝で沢靴に履き替える。しばらく行くと魚影発見。冠木が竿たらす。
すぐにかわゆいのが喰らいつく。食べるサイズ限界か。まっ、いいっか。
 

かわゆいサイズ
09denjo4_1.JPG 
後2匹
09denjo4_2.JPG

少なくとも後2匹はほしいよね。今日は時間あるのでのんびりである。
大滝越えてしばらくいくと。天然しいたけだ。
そして、ゆるせん!コンビ二のおにぎりを包んであるビニールが散乱。
日付を見ると9月19日とある。一週間前だ。こいつ等に釣られたか。
しかしマナーの悪さは最低である残さず拾っていく。
 

天然しいたけ
09denjo4_3.JPG

 
左俣は明るいナメが続く
09denjo4_4.JPG

 

左俣は気持ちのよい沢だ。やがて源流。そしてそこは最高なテン場が待っていた。
 

収穫は1匹
09denjo4_5.JPG

 
怪人いわまがとおる
09denjo4_6.JPG

 
チゲほうとう
09denjo4_7.JPG

 

自分で言うのもなんだがチゲほうとうは最高だった。
あっという間にカラである。
 
9月27日(日) 天候 快晴
 
夜中に雨、今日はいわまがPMよりバイト。ゆえに八幡尾根まで偵察に行く。
八幡山の岩峰群に出た。水晶堀のあとが凄い。
 

八幡尾根・2035mピーク
09denjo4_8.JPG

下山も伝丈沢をそのまま降りた。
伝丈沢は明るく楽しい沢である。メットもハーネスもいらない。初心者にもってこいである。
今年はよく伝丈沢に通った。
 

植松一好。

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 奥秩父 > | > 伝丈沢・その3

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top