Home> Archives > 2009年12月アーカイブ

2009年12月アーカイブ

八ヶ岳・県界尾根

09年12月26,27日(土日) 天候 快晴

年末、12月29日から北岳に入る、先々週の富士山に次ぐスキルアップ、
八ヶ岳は県界尾根にやってきた。ただし、二日目は中一日で北岳入るので午前10時リミットとした。

メンバー;中山・吾妻(梨大)あんどー・植松(白鳳)

9時韮崎市役所集合。県界尾根入口に駐車。
トレースは無い模様。尾根取付きで冬型の赤岳が見えた。風はまだ強い。

荒れる赤岳をバックに
0912akadake1.JPG

トレース無しルート探し
0912akadake2.JPG

先週遭難があった天狗尾根
0912akadake3.JPG

イケメン赤岳に出会いご機嫌!
0912akadake4.JPG

快晴にはしゃぐ
0912akadake5.JPG

快晴!
0912akadake6.JPG

快適テン場
0912akadake7.JPG

テントの中から
0912akadake8.JPG



27日(日) 快晴

4:00起床 6:00出っ発。
10時で引き返し予定。無風快晴、最高な登頂日よりだ。
しかし雪は深い、今回は先頭をすべて彼女等にやらせた。そう、スキルアップ。


夜明け
0912akadake9.JPG

県界尾根の大天狗
0912akadake10.JPG

引き返し
0912akadake11.JPG


引き返しは標高2,580mでリミット。後300mなのだ。
引き返し写真は大天狗先の鞍部からの赤岳。
コンデション最高な中、後ろ髪引かれる思いだが残念。
そう、あさっては北岳に入るのだから。

下山
0912akadake12.JPG


北岳へはこのメンバーで入山。

植松一好

09年・白鳳会忘年会

09年12月19日(土) 天候 快晴

午後から白鳳会の事務所を掃除いたし、
また、甲州弁で言う'おんなし'は料理の支度して18:00忘年会は開始した。


09年忘年会
09bounenkai.JPG



狭い事務所に今年は24名参加。

みなさん、今年は大変お世話になりました。

植松一好

甲斐駒ケ岳黄連谷左俣

2年前に黄連谷右俣を登った。山頂に抜ける素晴らしいルートだった。
今回は大きめの氷爆がいくつもある左俣を登った。




メンバー バン亀   はっしー



12.9

天候 晴れのち曇り



7時に竹宇駒ケ岳神社から登る。
はっしー重荷なのに調子よく登っている。
横手からの分岐辺りで7丈小屋からボッカ下山中の田辺さんと会う。
「もう右俣は埋まっちゃったよ。左俣も細いよ。今シーズン黄連はまだ誰も入ってないんじゃない」と言われた。
確かに11月下旬は暖かい。
重荷も手伝って汗だくで黒戸尾根を登る。


五合目から甲斐駒
CIMG1090.jpg





12時、五合目小屋跡に到着。









五合目から七丈爆
CIMG1093.jpg




篠沢七丈爆、この時期に見た中では非常に薄く細い氷爆であった。
テントがひと張りあった。30年ぶりに甲斐駒に来られたという男性。8合目にてラッセル厳しく登頂を断念したそうだ。

午後はだらだらと過ごし、飯をたらふく食べて、6時には寝た。







12月10日

天候 晴れのち曇り


4時起床。
ラーメンを食べて6時にヘッランを付けて谷へ下る。
トレースがある。下る踏み跡と登る踏み跡が付いている。
下りながら左に見える五丈の沢はまったく凍っていない。
雪がいい状態で積っており、以前の記憶もあったので順調に谷へ下る。6時40分。




坊主の滝
CIMG1100.jpg




坊主の滝着。
坊主の滝の中央に水流が見える。登る気にはなれず高巻く。
前者のトレースは坊主の滝までで引き返したようだ。




谷へ戻り20mほどの薄い滝をフリーで超える。
CIMG1105.jpg





二俣着。



左俣スタート
CIMG1106.jpg





チョックストーン滝
CIMG1107.jpg




はっしーリード
CIMG1109.jpg



フォローで上がると上部は氷が薄く踏みぬいた後があった。
リードはヒヤヒヤものだったことでしょう。
滝を抜けるとはっしーはもう先にロープを伸ばし歩いていた。
確保してないし・・・まあ落ちませんけど。





大滝60m  9時40分着。
CIMG1116.jpg






バン亀リード
CIMG1122.jpg





見た目より氷はしっかりしていていい感じ。
CIMG1128.jpg




傾斜も立っており小まめにスクリューを決める。
氷は割れやすく顔にあたって鼻の上をパックリ。
長いので腕も張ってくる。上部2回はフィイフィイでアックステンションしながらスクリューセットをした。楽。
傾斜が落ちロープいっぱーいのコールがかかり左のブッシュでビレイを取る。
はっしーが登ってる時に後続が現れた。日帰りのようだ。(下山後わかったがガイドの花谷氏でした)
残り10mほどをはっしーがリードし大滝を登りきった。大滝に1時間ほどかかった。



しばらくラッセルで行くと最後の滝が出現した。(カメラの調子悪く画像なし)
真ん中の氷爆を登るだろうと思っていたが、はっしー左の緩い氷へ。
はっしーリードで最後の滝を登る。フォローに入る。ふくらはぎが辛くなってきた。


あとは沢を尾根に詰めるだけ。
吹きだまりは蟻地獄状態の所もあったが、だいたいがクラストしていてそんなに苦しいラッセルではなかった。
しかし長い。はっしーは先頭でよく頑張りました。

かなり登りつめた。まだ先に沢は続いている。右上に見覚えのある岩壁。
この辺のブッシュを左に登れば登山道に出ると思いラッセルを交代してガンガン登る。正解。
14時30分、八合鳥居跡より下の登山道に出た。昨日男性が歩いたトレースがあった。




登山道から望む八ヶ岳
CIMG1134.jpg




登山道から九合目を望む
CIMG1135.jpg






15時30分五合目に戻りテント撤収
16時30分五合目出

20時竹宇駒ケ岳神社着



氷の状態、天候の不安とありましたが結果的には充実した楽しい山行ができました。
はっしーありがとう。


バン亀



はっしー報告

阿弥陀岳広河原沢左俣

11月28日   天候晴れのち曇り


メンバー  バン亀   はっしー




今シーズン一発目のアイスクライミングに行きました。
6時韮崎を出る
7時船山十字路着。2台駐車していた。






7時40分左俣F1着。 水量多くまったく凍っていない。

CIMG1007.jpg



F3。高巻く。



CIMG1009.jpg



ナメも凍っていない・・・。



CIMG1010.jpg



行けども行けども凍っていない。



CIMG1011.jpg


支流から垂れ下がる氷柱出現 まだ発達中で登れる状態ではありません。 


CIMG1017.jpg


やっとアックスを振れた。


CIMG1027.jpg


凍ってはいるが薄い。


CIMG1031.jpg


上部に来てやっとまともな氷爆が現れた。


CIMG1036.jpg


バン亀リード 短いが立っており手ごたえ十分でした。


CIMG1043.jpg


上部のナメは快適アイスでした。


CIMG1045.jpg


中央稜へ登り詰める。


CIMG1049.jpg


中央稜から山頂向け登る。


CIMG1064.jpg


阿弥陀岳山頂。


CIMG1075.jpg


山頂に12時30分着。



尾小屋尾根を下山しました。





バン亀

09年12月富士山

メンバー;中山・吾妻(梨大山岳部)植松(白鳳)

09年12月12日(土) 天候 晴れ

13時、馬返し着、物凄い車の数、林道脇へ駐車。
金曜の大雨は、富士山では3合目上は完全雪、4合目過ぎるといきなり膝上となる。
が、物凄い登山者の数で登山道は完全高速道路化、佐藤小屋手前の林道はテント村状態なのだ。
冬山シーズン到来で講習会も多いのでしょうね。昨日の雪は講習会にとっては恵みでしょう。
我々もテント張り忘年会。周りも物凄いにぎやかだ。

09年12月13日(日) 天候 快晴

5時起床、快晴である。雲海が凄い。
ハーネス・アイゼン・ピッケル、フル装備にて出ぱつ。



朝、快晴!
0912fuji1_1.JPG

北岳様・間ノ岳様
0912fuji1_2.JPG

6合目
0912fuji1_3.JPG

甲斐駒様
0912fuji1_4.JPG

8合目付近
0912fuji1_5.JPG

9合目付近
0912fuji1_6.JPG


この辺りから植松が右側の股関節が痛くなり、9合5尺の鳥居にて待機、
雪状態もいいし、二人のモチベーションも高いので二人のみで山頂を往復。
山頂の鳥居をくぐったのが見える。しかしこのころより気温が急激に低下、風も出てくる。
そして二人とも無事下山、さあさあ長いは無用パッパと下山。時刻は14時。

頂上より凱旋
0912fuji1_7.JPG

9合半でガッツポーズ
0912fuji1_8.JPG

風強く冷え込んできた
0912fuji1_9.JPG


ブリザード的となる。そして安全地帯の7合目まで降りて来ると風も止まる。

安全地帯まで降りてきた
0912fuji1_10.JPG


テント撤収すると日が暮れた。へッラン点けて下山するが、霧雨でヘッランの電気が吸収されてしまい
自分がどこを歩いているのかわからなくなる。二人はこけまくり、とにかく俺にぴったり着いて来る。
これが一番安全なのだ18時半、馬返し着。
お疲れ様でしたーまた行きましょう!

植松一好。

09年幕岩

09年12月6日(日) 天候 快晴
 
メンバー;湯人・バン亀・NOB・松崎・かまた・植松(白鳳)伊藤・中山(梨大)

 
植松には登れるルートは無いのだけれど、初冬には幕岩によく来る。
昨日の雨は観音峠手前から雪となりノーマルタイヤではちと厳しい。
幕岩に着いた。相変わらず車はいっぱいである。しかも他県ナンバーばっか。
うちの裏のおっちゃんが比志出身、たまに実家に帰り、奥の林道へも行く。

「おいなんだー!他県ナンバーが多く、しかも若いもんが週末にいっぺいいるけんど、ありゃ何してるだー!」

「知らんだけ!水晶がいっぺい出るらしいよ・・・」

「うそいっちょ!・・・」まじ顔。
 
ここ幕岩は標高の割りには南面を向いている為、非常に暖かい。
この日も暑いくらい。

最近始めた鎌田はめきめきと腕を上げている。
 

おかまだ・好ルートHIVE
09maku9_1.JPG 

現梨大部長中山・アコナ
09maku9_2.JPG


伊藤、ここアコナ10b、よくリードした。

前梨大部長伊藤・森の唄
09maku9_3.JPG


言わずともみなさんはご存知なのですが、バン亀・湯人・NOB・松崎はレベルが違うので。
あしからず。
冬の日は短くあっという間に1日は終わる。
今週で林道は閉鎖されるのだ。
 
駐車場
09maku9_4.JPG 


植松一好

番外編

28日から3日間、ウォンボンに会いに韓国へ行ってきた。

ツアー価格はエアーとホテル代でなんと!¥28,800です。

11月28日(土) 天候 晴れ

韮崎 6:00⇒10:00成田
成田13:30⇒16:40ソウル(仁川)

ソウル市内のホテルでウォンボンと合流、早速ソウルタワーへ。


ソウルタワー
09korea1.JPG

夜景1
09korea2.JPG

夜景2
09korea3.JPG

夜景3
09korea5.JPG

 

時間も押してるのでホテル近くの屋台で乾杯!

屋台
09korea6.JPG

出た!ウォンボン!
09korea7.JPG


11月29日(日) 天候 雨

翌日はソウルから特急で30分、水原(スォン)城見学、雨で残念なのと
ちょっとしたハプニングありであまり写真はありませんがお城は凄いですよ。
世界遺産だけあります。スォンは焼肉も有名、お昼はカルビ屋へ。

水原城(スォン)
09korea8.JPG

 

後はソウルに戻り買い物等してウォンボンは翌日仕事なので夕飯たべて、
8時頃さらばいたしました。

どぶろく・マッコリ
09korea9.JPG

どぶろくを飲む
09korea10.JPG

ホテルの前で
09korea11.JPG

さらば!
09korea12.JPG


11月30日(月) 天候 晴れ
キムチ飯店よって、
仁川(ソウル)11:30⇒成田13:40
            ⇒韮崎18:00着
ウォンボン、いろいろありがとう!
ソウルは楽しかったです。また行きまーす!

植松一好

Index of all entries

Home> Archives > 2009年12月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top