Home> Archives > 2010年5月アーカイブ

2010年5月アーカイブ

2010乗鞍岳

富士山滑る予定が降水確率40%、乗鞍に転進した。

2010年5月29日(土) 天候 晴れ

メンバー;金丸(御坂山岳会)あんどー・松崎・関・植松(白鳳会)


5時韮崎市役所集合、三本滝へ。
本日バス4台、9割がバックカントリーである。位ヶ原山荘で終点。

バス4台
1005nori2_1.JPG

雪壁
1005nori2_2.JPG

関&松崎
1005nori2_3.JPG


12時半山頂。

3,026m乗鞍山頂
1005nori2_4.JPG

松崎
1005nori2_5.JPG

金丸
1005nori2_6.JPG


1005nori2_7.JPG

あんどー
1005nori2_8.JPG

林間コース
1005nori2_9.JPG

青登り・赤滑り
1005nori2_10.JPG

山頂の雪質はさいこーでした。
お疲れさまでした。
また行きましょう。

植松一好

中央ア・三ノ沢岳

'10年5月22日(土) 天候 無風快晴後曇り

メンバー;なおみち・もりもり・あんどー・植松(白鳳会)


三ノ沢岳は中央アルプスでも主脈からはずれ人気のない山だという。
しかしその風貌は独立しており、なかなかの山と思う。いつかは行きたいと思っていた山だ。
今回は残雪期、スキー利用で行ってきた。

5時韮崎植松家集合。もりもりは浦和からだ。
6時半駒ヶ根へ。なおみちは京都から。
往復3,800円は高いが一気に2,600m千畳敷へ。

快晴!宝剣様
1005san_1.JPG

まずは稜線へ
1005san_2.JPG

雪壁越え
1005san_3.JPG


稜線に出ると目指す三ノ沢岳が素晴らしい。。。以外に遠いが・・・

目指す三ノ沢岳
1005san_4.JPG

三ノ沢カール目指して・もりもり
1005san_5.JPG

あんどー
1005san_6.JPG

なおみち
1005san_7.JPG

もうすぐ山頂
1005san_8.JPG

山頂から高度感がいい
1005san_9.JPG

2,847m三ノ沢岳・左奥は木曽駒様
1005san_10.JPG


12:30全員山頂へ、この山の登山者は我々のほか3名のみ。
本日はロープウェイ20分おきで混雑しているのだが・・・この山は静かだ。

空木様・南駒様
1005san_11.JPG


さて、山頂から滑りましょう!

山頂からなおみち
1005san_12.JPG

落ちるもりもり
1005san_13.JPG

植松
1005san_14.JPG

主稜線に戻る
1005san_15.JPG

三ノ沢様滑ったところ
1005san_16.JPG


ここで事件発生!
主稜線へ出るところで雪田からハイ松踏んで登山道にエスケープ。
俺と大きく離れていたあんどー以下三名も同じようにエスケープ。
するとピッ!ピッーと笛の音、「ハイ松には入っていけません!」怒られました。
登山道に座ってみんなを待っているところに笛を吹いた御仁が来た。
おれも怒られると思ったらニコニコして来て、気持ちはわかるけどね。レンジャーさんでした。
僕も南アでレンジャーと話ししたら話が弾みました。
「ここはロープウェイがあるからいろんな人が来るので・・・」だそうで。
さて最後の滑り、稜線からロープウェイ駅目指す!

千畳敷へあんどー
1005san_17.JPG

なおみち(2)
1005san_18.JPG

もりもり
1005san_19.JPG


16時のロープウェイにて下山。
駐車場でのむエスプレッソは最高なのだ。なおみちありがとう!

エスプレッソ
1005san_20.JPG


お疲れ様でした。また行きましょう!

植松一好

平成22年度・白鳳総会

'10年5月15日(土) 天候 快晴
 場所;韮崎文化村 18:00~

 平成22年度総会が開催された。

 来賓;横内韮崎市長・清水県会議員
清水韮崎警察署長・佐藤交通管理官・河西地域課長

 会員;28名参加

 19:30~懇親会

今年度は新たに小林(美)・小林(珠)・深沢、3名の新入会員が加わりました。
よろしくお願いします。


平成22年度総会
1005sokai2.JPG

植松一好

平成22年度山梨県山岳連盟総会

平成22年5月8日(土) 天候 晴れ
場所;かいてらす
白鳳会出席者;秋山会長・渡辺・植松

13:30~5月度理事会
15:00~22年度総会

秋山会長のあいさつで総会が始まりました。

平成22年度山梨県山岳連盟総会
1005sokai1.JPG

16:20~四川省双橋溝スライド会

なんと!関会員が現れました。会員に報告します。
その後、懇親会へ。

植松一好

苗敷山(穂見神社奥宮)

日時:2010年5月4日(火)午後1時~
場所:苗敷山(なえしきさん)&穂見神社奥宮
参加者:上野賢司(白鳳会)他1名

山梨県指定の天然記念物【アスナロの巨樹】の看板。この辺りでの時勢は自生は極めて珍しいとの事です。
1005naesiki1.JPG

アスナロの木
1005naesiki2.JPG

坊主上野

間ノ岳細沢カール滑降

甲府盆地から真っ白な間ノ岳が見える。滑りたい衝動が抑えられない。
しかし12kmの林道歩きと、登山道ない藪尾根を重荷担がなければならない。

メンバー;金丸(御坂山岳会)ハッシー(山梨アルパイン)バン亀・植松(白鳳会)

5月1日(土) 天候 快晴

5時、鰍沢の合同庁舎集合、金丸の車で奈良田へ。
奈良田発電所の駐車場に駐車。本日は土曜日、工事車両が入っている。
開運トンネル前にはゲートのおやじがいる。最初は入っては駄目だという。
なかば強引に行く。土建屋天国である。しかし、トンネルの中のダンプのすれ違いは怖い!
入る方はヘッラン必須です。3時間半かかり荒川出会い、そして二股。
なんと!二股の吊り橋は撤去されていた。それと林道は二股から左の沢に延々と続いている。
何のための林道なのだろうか。

荒川出会から農鳥様
1005ski1_1.JPG

二股の渡渉
1005ski1_2.JPG

荷は超重い
1005ski1_3.JPG


ゲレ靴背負っているので重荷はこたえる。2,300m付近でテント張る。

5月2日(日) 天候 快晴

今日も快晴、7時テントを出る。
弘法小屋尾根をシール登行していく。
2,500m辺りからアイゼンピッケルに変える。

我々のみ
1005ski1_4.JPG

延々と雪稜を行く
1005ski1_5.JPG

北岳様
1005ski1_6.JPG

細沢全体
1005ski1_7.JPG


13時半、間ノ岳山頂、遠かったーーー!登山靴からゲレ靴に履き替える。
金丸はそのまま登山靴で滑る、たぶんこけるでしょう。そしたら尻セードで下山すると言う。
さて、ハッシーからドロップイン!雪はもなか状態で重い。


間ノ岳山頂3,189m
1005ski1_8.JPG

絵になるハッシー
1005ski1_9.JPG

バン亀
1005ski1_10.JPG

赤ハッシー・青金丸
1005ski1_11.JPG

金丸
1005ski1_12.JPG


3,189m~2,600m標高差約700mの滑降だった。
弘法小屋尾根に登り返す。振り返れば間ノ岳が大きい。皆大満足。
さーテントに帰って乾杯しよう!


弘法小屋尾根登り返し
1005ski1_13.JPG

雪稜の足跡は我々・赤は滑ったところ
1005ski1_14.JPG

アルパインな農鳥様
1005ski1_15.JPG


5月3日(月) 天候 快晴

今日も快晴、下山のみ。重荷の下山と林道歩き。
つらいがしょうがないよね。ただ連休で工事がなく助かるが。
核心は最後のゲート、早川町では山菜祭り。ゲート前も人多く、我々は動物園状態となる。
重い物はゲートの隙間から出してゲートを越えた。


核心
1005ski1_16.JPG

解放!
1005ski1_17.JPG


お疲れさまでした。

また行きましょう

植松一好

甘利山グリーンロッジ

年月日:2010年(平成22年)5月1日(土)
場所  :甘利山グリーンロッジ
内容  :リニューアル後の報告
報告者:上野賢司(白鳳会)

甘利山グリーンロッジがリニューアルされたと言う事だったので白鳳荘の点検のついでに写真を撮って来ました。
思っていたよりも豪華な素晴らしい施設や設備に超ビックリしました。
この金額(下記添付画像参照)でこの豪華さ。皆さん泊まらない手はありませんよ!!!


平成22年5月1日付の山梨日日新聞の記事
10004amari_1.JPG


外観全体 玄関前はオープンデッキになってます。ここでは大きな天体望遠鏡で天体観測も出来ます。10004amari_2.JPG



玄関 喫煙所完備です。
10004amari_3.JPG


全館オールバリアフリーです。
10004amari_4.JPG


広くて快適なロビー。奥が厨房になっています。
10004amari_5.JPG


個室(個室は3部屋あります。元畳の大部屋を3部屋に分けてリフォームしました。)
10004amari_6.JPG


広くて使い易そうな多目的トイレ(館内のトイレの照明は全て自動点灯&消灯式です。)
10004amari_7.JPG


山岳資料館(昔の登山道具、スキー道具、新聞記事、蝶や昆虫、化石、本、花の写真、白鳳会の記念誌などが展示されています。)
10004amari_8.JPG


素晴らしい厨房(大火力のガスコンロ4口、大きな炊飯釜2個、業務用冷凍庫&冷蔵庫、電子レンジ、製氷機、寸胴釜、新しい大きな鍋などが揃っています。)
10004amari_9.JPG


シャワールームも完備。男女共に3部屋あります。
10004amari_10.JPG


使用料一覧表。安いです。例えば市内の人が大部屋に泊まった場合は寝具付きで1人1,300円。小部屋も人数が多ければ、かなりお得だと思います!
10004amari_11.JPG



管理人の石井利夫さん。石井さんは白鳳会の会員であり白鳳荘の運営委員長を勤める傍ら甘利山倶楽部の事務局をしています。頭が下がります。
10004amari_12.JPG


館内には至るところに白旗史朗先生の写真が展示されています。
10004amari_13.JPG


リニューアル前の甘利山グリーンロッジ
10004amari_14.JPG


おまけ①駐車場近くの【つつじ苑】オーナーは甘利山倶楽部の事務局で本当に頑張っています。いつもご苦労様です。
10004amari_15.JPG


おまけ②【白鳳荘】 皆さん、こちらの味のある山荘にも是非、足を運んでください。素泊まりは寝具付きで一泊1,000円です。(食事は自炊か出来合いの物を持ち込みとなります。)
10004amari_16.JPG


おまけ③白鳳荘の点検を終えて帰ろうとすると駐車場をキツネが横切って行きました。白鳳荘でキツネが出るのは珍しいです。(慌てていてピンボケ申し訳なしです。)
10004amari_17.JPG

坊主上野

Index of all entries

Home> Archives > 2010年5月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top