Home> スキー > | 中央アルプス > 中央ア・三ノ沢岳

中央ア・三ノ沢岳

'10年5月22日(土) 天候 無風快晴後曇り

メンバー;なおみち・もりもり・あんどー・植松(白鳳会)


三ノ沢岳は中央アルプスでも主脈からはずれ人気のない山だという。
しかしその風貌は独立しており、なかなかの山と思う。いつかは行きたいと思っていた山だ。
今回は残雪期、スキー利用で行ってきた。

5時韮崎植松家集合。もりもりは浦和からだ。
6時半駒ヶ根へ。なおみちは京都から。
往復3,800円は高いが一気に2,600m千畳敷へ。

快晴!宝剣様
1005san_1.JPG

まずは稜線へ
1005san_2.JPG

雪壁越え
1005san_3.JPG


稜線に出ると目指す三ノ沢岳が素晴らしい。。。以外に遠いが・・・

目指す三ノ沢岳
1005san_4.JPG

三ノ沢カール目指して・もりもり
1005san_5.JPG

あんどー
1005san_6.JPG

なおみち
1005san_7.JPG

もうすぐ山頂
1005san_8.JPG

山頂から高度感がいい
1005san_9.JPG

2,847m三ノ沢岳・左奥は木曽駒様
1005san_10.JPG


12:30全員山頂へ、この山の登山者は我々のほか3名のみ。
本日はロープウェイ20分おきで混雑しているのだが・・・この山は静かだ。

空木様・南駒様
1005san_11.JPG


さて、山頂から滑りましょう!

山頂からなおみち
1005san_12.JPG

落ちるもりもり
1005san_13.JPG

植松
1005san_14.JPG

主稜線に戻る
1005san_15.JPG

三ノ沢様滑ったところ
1005san_16.JPG


ここで事件発生!
主稜線へ出るところで雪田からハイ松踏んで登山道にエスケープ。
俺と大きく離れていたあんどー以下三名も同じようにエスケープ。
するとピッ!ピッーと笛の音、「ハイ松には入っていけません!」怒られました。
登山道に座ってみんなを待っているところに笛を吹いた御仁が来た。
おれも怒られると思ったらニコニコして来て、気持ちはわかるけどね。レンジャーさんでした。
僕も南アでレンジャーと話ししたら話が弾みました。
「ここはロープウェイがあるからいろんな人が来るので・・・」だそうで。
さて最後の滑り、稜線からロープウェイ駅目指す!

千畳敷へあんどー
1005san_17.JPG

なおみち(2)
1005san_18.JPG

もりもり
1005san_19.JPG


16時のロープウェイにて下山。
駐車場でのむエスプレッソは最高なのだ。なおみちありがとう!

エスプレッソ
1005san_20.JPG


お疲れ様でした。また行きましょう!

植松一好

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> スキー > | 中央アルプス > 中央ア・三ノ沢岳

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top