Home> Archives > 2010年7月アーカイブ

2010年7月アーカイブ

祝・山梨大学山岳部お地蔵様奉納

'10年7月24,25日(土日) 天候 快晴

メンバー;今井夫婦・来島・藤井・小山(山梨大OB)
     細貝部長・大森・中山(現役部員)
     野村様・今井御夫婦様・望月・井上・後平
     田中・安藤・関・植松(白鳳会)

8時市役所集合、梨大は御座石8時集合。
お地蔵様は1対/20kg 計2体 OB&学生が交互に担ぐ。
本日は鳳凰小屋まで、のんびり上がる。
16時、小屋前で地蔵奉納前祝い、野村のお父様も何とか乾杯に間に合った。
きのこも大収穫で料理する。


奉納前祝ベニ天クルシマ
100730jizo1.JPG



翌日7時、犀の河原集合。最高な快晴である。


甲斐駒様とお地蔵様
100730jizo2.JPG

梨大OB&現役
100730jizo3.JPG

女子群
100730jizo4.JPG

犀の河原
100730jizo5.jpg



今年はW杯Year、W杯スタイルでポーズ。
そういえば白鳳80周年で地蔵上げた時、この年も独大会だった。
奉納後はみんなでアカヌケの頭へ。


八様・オベリ様
100730jizo6.JPG



最後は鳳凰小屋で全員と思ったが、
野村のお父様と今井夫婦はお父様が大変なので先に下山していたのであった。


鳳凰小屋全員集合
100730jizo7.JPG



最後に、大変お勉強していただいた村松石材店に感謝!

お疲れ様でした。また行きましょう。

植松一好

八ヶ岳地獄谷本谷撮影山行

2010年7月19日(月) 天候 晴れ
メンバー: 荒木 単独


7月半ばの三連休、植松さんやみみっく達はシレイ沢へ。
荒木は用事があり参加できず。残念・・・

で、天気いいし、最終日にカメラ担いでいつもの地獄谷へ。
そういえば、長いこと本谷の方には入ってないし、
久しぶりに本谷の大滝でも眺めに行ってみましょう。

やはり季節ですね、サワギクが真っ盛りです。


サワギク
1007jtani1.JPG



出合小屋の手前の河原から天狗尾根を眺める、
青空の下に大天狗、気持ちよさそうだなぁ・・・
そういえば、まだ天狗尾根を詰めたことがなかったっけ、ま、そのうちに。


出合小屋手前からの大天狗
1007jtani2.JPG



上の権現との出合を過ぎ、ふと気がつく、天気のいい時に本谷入ったのは初めて。
なので、今まで印象薄かったですけど、
写真の題材にできる小滝が結構ありますね。
しばらくこちらの方に集中的に入ってみてもいいかな。

せっせせっせと登るうち、ほどなく大滝の辺りに到着。


本谷大滝手前の滝
1007jtani3.JPG



あまり足場良くないんで、中版カメラはもちろんのこと、
デジカメと言えどもこの先には持って行きたくない。
で、空身で大滝覗きに。
でもこの滝、意地悪く隠れていて遠目には眺められないんですね~
あと一つ、滑っぽい小滝登れば全景見えるんだけど・・・帰りに滑り落ちそうで、
やめた・・・

帰りすがら、花眺めながら。


クルマユリ
1007jtani4.JPG


オオヤマオダマキ
1007jtani5.JPG



キバナヤマオダマキはあちこち沢山見られたんですがね、
オオヤマオダマキはこれ一つだけでした。

そうそう、そう言えば、地獄谷、また堰堤工事をするそうです。
行きに、立杭堰堤の手前の河原で測量やっているおじさん達がいて、
そう言ってました。
まあ、最終堰堤よりも上に作られなければいいですけど・・・

それにしても、夏の地獄谷、ホント、人に会いません。
稜線の賑わいが嘘のようです。
次は秋頃に行ってみようかな。

荒木陽一

鳳凰山・シレイ沢

'10年7月17,18日(土日) 天候 曇り後快晴

メンバー;あんどー・みみっく・関・バン亀・植松(白鳳会)

梅雨明け、やばい!5時芦安集合、車車車、あんどーさんがタクシーを抑えてくれて、
バスより先に出れた。それにしても凄い人である。
シレイ沢入口でタクシーを降りる、するとバスの大軍来る。
なんと、シレイ沢入る人、沢山降りてくる、やばい、トップで抜けなきゃ!急ぐ。
10パーティはいたか?


シレイ沢1
1007sirei1.JPG

シレイ沢より北岳様
1007sirei1.JPG

チューブライディング?
1007sirei1.JPG



晴れは朝のみ、本日は終日曇り。
黄金の滝も光が無ければ輝かない・・・


シレイ沢2
1007sirei1.JPG

シャワークライム関
1007sirei1.JPG

シャワークライムみみっく
1007sirei1.JPG

シャワークライムバン亀
1007sirei1.JPG



二股は以前に左股に入っているので、今日は右股を行く。
14:30薬師岳よりの稜線に出た。観音岳の百名山標柱は切られていなかった。ホッ。


無くなった標識
1007sirei1.JPG



はずされたと思われる標識を5人で探すが見つからず。
16:00鳳凰小屋着。カレー益々おいしくおかわり!


鳳凰小屋
1007sirei15.jpg


7:00出発。
あんどーさん、みみっくは白鳳峠から広河原に下山。登山道、道標確認のため。
我々は、観音・薬師・夜叉神峠・芦安駐車場まで歩く。金が無いため?


地蔵様・八様
1007sirei1.JPG

盛夏・観音様
1007sirei1.JPG

富士様
1007sirei1.JPG

シレイ沢を上がって来た他パーティ
1007sirei1.JPG



偶然にも3人組のパーティが上がってきた。昨日の朝一便だそうだ。沢中に一泊したそうで、
うちらは昨日16時に鳳凰小屋入ったと言ったらびっくりしていた。


稜線銀座
1007sirei1.JPG

盛夏!
1007sirei1.JPG



薬師小屋・南御室小屋でだべって夜叉神は旧道歩いて16:00駐車場着。

次は快晴の沢に行きましょう。
でも、シレイ沢はよい沢です。
お疲れさまでしたーまた行きましょう。

植松一好


続き 白鳳峠

Continue reading

平成22年度全国山岳遭難対策協議会

期日;716日(金)

会場;代々木青少年総合センター国際会議室

参加者;環境省・警察庁・消防庁・気象庁・日本山岳協会 計200

    内藤日山協副会長・植松

内容;

報告1 「遭難事故の現場から」10:1012:10

報告者 松本広域消防局渚消防署署長補佐 上兼 正宏氏

講義1 「気象遭難を防ぐために」13:3014:40

講師  メテオテック・ラボ 気象予報士 猪熊 隆之氏

講義2 「夏の低体温症」14:5016:00

講師  ふれあい東戸塚ホスピタル整形外科医 金田 正樹氏

 

メテオテックでは山岳気象(山頂)有料にて配信、月額315円なので試してみようかと思います。

夏の低体温症の講義では昨年の大遭難トムラウシの事故詳細報告です。

 

植松一好

小川谷廊下

2010年7月19日(月)海の日
天候 晴れ
気温 暑い
メンバー 上久保(あや隊)、樋川、渡辺、山(チームTC)、津森(チームTC)、森田(白鳳会)

梅雨明けでいきなり猛暑に突入。
と、言う事で、沢登りに行ってきた。

今回は沢登り初体験者3名の講習みたいなもので、
場所はいつもの小川谷廊下。
が、梅雨明けだから?水量が多い!
いつもの1.3倍くらいある・・。
おかげで、大いに水遊びが出来た1日だった。。
帰りは、いつもの東名の渋滞にはまり反省会をし、
深夜の帰宅でした。

0719_1.jpg0719_2.jpg0719_3.jpg

次回は奥秩父かなぁ。。

モリタ

八ヶ岳定経路レインジャー

2010年7月10日(土)-11日(日) 天候 晴れ後曇り時々雨
メンバー: 植松、小野、関、荒木(以上、白鳳)、冠木

八ヶ岳定経路調査、今年から権現山頂~三つ頭の間が新たに加わりました。
対象種はXXXXスミレ。
昨年確認された地点に行ってみると・・・あるわあるわ、実に100株ほど!
見事でした。
7月の中旬は八ヶ岳も花の見ごろの時期、
ミヤマシオガマやミヤマダイコンソウ、イワウメ、ミヤマオダマキ、
実にいろいろな花に出会え、色とりどりの美しさ。
また花に会いに行きたいですね!

皆さん、調査お疲れ様でした!

荒木陽一



青年小屋手前にて
1007rang3_1.JPG

ミヤマダイコンソウ
1007rang3_2.JPG

ミヤマシオガマ
1007rang3_3.JPG

権現山頂
1007rang3_4.JPG

編笠岳
1007rang3_5.JPG

せわしい1日

'10年7月10,11日(土日) 天候 快晴後雨

メンバー;冠木(TEL山の会)・関・小野・荒木・植松(白鳳会)

9日金曜日、サンニチ新聞より電話あり、
茅ヶ岳、山梨百名山の切断された標柱写真が欲しいとの事。
10日、早朝上がる事とした。御供はTEL山の会の冠木。

5時半登山口、防火帯上がり6時半山頂。快晴!

百名山標柱
1007kaya_1.JPG

百名山標柱―1
1007kaya_2.JPG

百名山標柱―2
1007kaya_3.JPG


お見事的に切られている、しかも切り口見ると、どうやらチェーンソーのようである。
ということは切断が目的である。同じ山を愛する者にこのような御仁がいるのは気味が悪いですね。
よく県境の山梨百名山の標柱が抜かれる話は聞くし、事実見たこともある。
また、山の専門誌にも批判の投稿がある。しかしここは北杜市山頂。
昔からある標柱は写真のようになにもされない。まぁ、あまり百名山に興味が無いのですけど。
チェーンソー持ったジェイソンが山中にいるのですね。
防火帯を降りる予定だが、ふと、深田先生のお墓が気になった。
ホッ!そのままの姿である。
7時半林道着。家に帰りサンニチにメール。
そして急ぎ、学院大学に向かう。竹内さんの講演聴くためである。

竹内さん講演会
1007kaya_4.JPG


結構楽しかったです。酒飲みの竹内さん、高山植物のスライド時に
ミヤマオダマキ⇒「俺はミヤマクダマキ」会場、大笑いである。
すると関が、うえまっさんは"タカネクダマキ"だそうで。

講演会午前中で切り上げ、舞台はレンジャー八ヶ岳、早朝から荒木・小野が入っている。
買い出しして、高速で小淵沢へ。14:30登山開始。17時まさに竹内さん経営、青年小屋キャンプ場着。
荒木・小野はすでに祝杯をあげている。
久々の上天気、テントの外で飲む酒はおいしいのである。

青年小屋キャンプ場
1007kaya_5.JPG


お疲れさまでした。また行きましょう。

植松一好

さわら池

'10年7月3,4日(土日)

このメンバーで沢に入るつもりが雨、いつもの小瀬へ。
そして、我が山荘、白鳳荘へ。新緑のさわら池もいいものですね。

メンバー
1007sawara1.JPG

さわら池1
1007sawara2.JPG

さわら池2
1007sawara3.JPG

さわら池3
1007sawara4.JPG

さわら池4
1007sawara5.JPG


また行きましょう。
お疲れ様でしたー

植松一好

レインジャー報告

日程:2010.6.26~27(土、日)
天候:曇り時々雨
メンバー:関、植松、安藤、みみっく(白鳳会)いなぴ(小淵沢山岳会)

前日に林道が開通したばかりの広河原へ8:00到着。アルペンプラザ(以前の名
称)を建て直し、『野呂川広河原インフォメーションセンター』として今日がオー
プニング式典らしい。関係者の皆様が準備をしている。白鳳会の井口さん「関係
者」と、いう事で早朝より準備ご苦労様です。
ここで今年の残雪の多さで大樺沢の不通状況を聞き驚く。渡渉ポイントの橋がま
だ建設できていない。橋の資材がまだ多くの雪の下にあるらしい。藪こぎより凄
い雪崩でなぎ倒された倒木の状況などを写真で見せてもらった。
綺麗なインフォメーションセンターを後にした頃には、すでに雨が降り始めてい
た。
歩き始めて15分ぐらいの地点で大樺沢と尾根道との分岐がある。その分岐に大樺
沢ルートの注意を促す張り紙が無く、状況を知らずに進んでしまうと時間をロス
してしまうので、手持ちの紙に注意を促す張り紙をした。

梅雨時は蒸し暑い。山でも蒸し暑い。何とかならんもんか?昼頃、お池に到着。
テントを張り、残雪多い二俣へ行く。ホント、残雪多し。鹿の食害を防ぐ為の防
護ネットが5箇所あり。バイオトイレもまだ建てられていなかった。

お池へ戻り、お池から草すべりを上がる。お池からすぐ、雪渓になる。雪渓をト
ラバースし、夏道が出ている。右俣との分岐地点まで上がりお池へ戻るが、お花
畑は散々。まず、赤っぽいお花がまったく咲いていない。黄色い花は、キバナノ
コマノツメぐらい。鹿が食べた後と思われる「うど」っぽい茎が多数残っている。
キ○ナノ△ツモリ×ウを探せ!? 10年ぐらい前に咲いていた場所?周辺をくま
なく探すが、見当たらない。やっぱり食べられちゃった?

植松隊が夕方、お池へ到着するというので合流する。御池小屋で芦安ファンクラ
ブのかたがたと交流を深め?美味しいビールを戴き、テントに戻り再び宴会。
関とも久し振りに逢えて良かった。日本語を覚えていたようで、ちゃんと会話で
きたし!

翌朝は、テントを打つ雨の音が煩くて目が覚め、下山。

今年は、乗り合いタクシーが張り切っていて、以前のようにバスと同じ時間の発
着っていうのは、無くなったのか?人数がある程度揃うと、出発してくれます。
バスより100円高いのですが、バスより快適、早いし...っていうことで、オスス
めですね。
早く梅雨明けしないかなぁ~ 
また、行きましょう!


  ∧∧
  =‥=  
   ι   ι ヽ ∫ "

        ι   ι     みみっく


看板
1006rang2_1.jpg


二俣の残雪
1006rang2_2.jpg

シナノキンバイ
1006rang2_3.jpg

食害 シシウド?
1006rang2_4.jpg

シカ柵
1006rang2_5.jpg

ヒロハユキザサ
1006rang2_6.jpg

黒いカタツムリ
1006rang2_7.jpg

Index of all entries

Home> Archives > 2010年7月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top