Home> 海外遠征 > 四川省遠征2010・山梨県山岳連盟

四川省遠征2010・山梨県山岳連盟

期間;2010年9月11日(土)~20日(月)
メンバー  アピ登山隊         ; 植松・金丸(御坂)・関
             牛心山登攀隊     ; 亀田・橋本(山梨アルパイン)
             双橋溝トレック隊  ; 小泉(明野)・川島(高根)・岩下(山猫)


この旅はフライト一日前、李慶の衝撃的なこのメールから始まった。

⇒一昨夜の大雨で成都→丹巴、成都→夾金山の道は崖崩れのため、不通になりました。開通は2,3日かかるそうです。

成都周辺はずっと雨、それは知っていた。しかし、このメールは場所を知っているだけに絶望的メッセージである。
キャンセルか・・・向こうに行って10日間どうすればいいんだろう・・・

11日(土)9:00~CA422北京経由成都へ。30分遅れ16:00(現地時間、時差1時間)到着。
現地エージェント李慶のお出迎えだ。成都にしては珍しく晴れ、どうやら晴れ男がやってきたようだ。
と李慶と大笑い。あの悩みはなんだ!道も明日から通れるとのこと。
ただし前回の様にマイクロバスでは無理とのこと。
市内ホテルへ。4年前より古都成都は更に進化。マンション建設ラッシュである。地下鉄も完成とのこと。


歓迎・左は王さんとジャンさん
1009api1_1.JPG



成都で働いている王さんの娘さん二人も歓迎にかけつけてくれた。


王さんの娘さん達も歓迎に!
1009api1_2.JPG



12日(日) 天候 晴れ 成都⇒双橋溝

上記の話に戻ろう、
双橋溝に入るのには3つのルートがある。
一番近いのは4,400mパーロン山峠を越える道、これは四川大地震、その後大雨で土石流で全面通行止め。
残り2つが上記であったのだ。他に行けないことは無いが20時間以上かかる。
雅安⇒小金が昨日開通とのこと。
我々は三菱バジェロ・トヨタプラド・トヨタFJ(米産)3台とも日本車、すべて4ℓ以上である。
植松・バン亀・ハッシーは李慶が運転するトヨタFJで。
途中4,200m峠を越え、8時間で双橋溝、王さん民宿3,200m到着した。


双橋溝・王さん民宿
1009api1_3.JPG



13日(月) 天候 晴れ

それぞれの隊行動 関が具合悪くトレック隊となる。
無線交信時間を18時と決め、それぞれ出発。途中あまりにも天気がいいので車を止めてもらう。


借人峰・未踏 拡大表示
1009api1_4.JPG

アピ山・未踏 拡大表示
1009api1_5.JPG

逆さアピ山
1009api1_6.JPG



3,600mより登山開始、ポータ9名・通訳ジャンさん・コック王さん(民宿王さん3番目の弟)
そして、金丸・植松だ。


バン亀たちの牛心山・手前はポータ 拡大表示
1009api1_7.JPG
拡大表示


1,000mあがってBCである。ここは以前と同じ場所、水が流れ景色は抜群である。


BCからのパノラマ 拡大表示
1009api1_8.JPG

BCより 拡大表示
1009api1_9.JPG

14日(火) 天候 晴れ

まずは高山へのなれ、ゆっくりと偵察に出かける。
アピ山氷河、4年前よりクレバスが開いているように感じる。
とりあえず、4年前のアピ山ルンゼを覗きに行く。
金丸が言った、このルンゼを行くよりも氷河を渡って西の尾根を上がった方がよいのでは。
了解!明日の出直し、ギアをデポする。
今日はいい天気、野人峰の奥の高い山は位置的に四姑娘山だ。


野人峰の奥に四姑娘山 拡大表示
1009api1_10.JPG

BCに戻る。18時、各隊と交信。トレック隊とはつながらず。
バン亀隊は、壁の偵察だが、あまりにも天気よいのでロープのばして今夜は壁でビバークとのこと。
明日、牛心山山頂を目指すとのこと。お互いの健闘を祈り交信終了。

2に続く。
アピの西尾根から未踏、名前のない山々景色が撮れました。
快挙はバン亀隊の成功!乞うご期待!

植松一好

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 海外遠征 > 四川省遠征2010・山梨県山岳連盟

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top