Home> 南アルプス > 2011年鳳凰山

2011年鳳凰山

御岳山に滑りに行くつもりだった。があんどーが仕事となりドタキャン。
関と二人で金かけて遠出も何なので中道から鳳凰に転進した。
 
2011年4月30日5月1日(土日) 天候 曇りのち雨
 
メンバー;関・植松(白鳳会)
 
先行2台駐車あり。急坂を行く、と警察より電話あり、鳳凰で遭難との事。
場所は、アカヌケの頭下で滑落骨折との事、風強くヘリは出せないとの事。
警察に電話から無線に切り替えるようにと伝え一旦降りて燕頭から登り返しとする。
下山する。が、一応鳳凰小屋に電話をする。こういちさんと会話。風があるかと聞くと無いという。
我々は、ヘリが出ないのであれば、このまま登山を続け、遭難者と合流した方がよいと判断。
また登り返す。風が無い旨を警察に伝えたらヘリの救助を試みると言う。
地蔵がよく見える所まで行く。やがてヘリが来る。韮崎警察署と中継を行う。
どうやら救助出来たようだ。会長とも無線交信するが、御所山が障害となり植松の声は届かない。
救助成功の連絡が警察より来た。我々はこのまま登山を行う。
2千m越えると雪が深くなる。先行はつぼ足で苦労している模様。
我々は、スノーシュー・わかんを持ってきている。
先行者が降りてきた。11時過ぎに山頂に着いたとの事。この時期ではいいペースである。
御座石の巨岩を過ぎ、薬師岳が見える台地状にテント張る。


御座石軒下

houo-01.JPGトトロ石のテン場

houo-02.JPG 

 
翌日は朝から雨、雨が降っていなければ、薬師小屋の珠里君の所に遊びに行く予定だった。
冷たい雨の中、テント撤収して下山する。

1800m付近

houo-03.JPG 

 
植松一好

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 南アルプス > 2011年鳳凰山

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top