Home> Archives > 2011年10月アーカイブ

2011年10月アーカイブ

最後の山行はやはり鳳凰でしょう・・・

けじめとしての山梨最後の山行は鳳凰と決めていました。
15歳のときに友達とテント背負い、鳳凰小屋にテントを張った。
その時、鳳凰小屋のご主人、倖市さんと出会い、いまや35年以上の経過である。
ランプ下のこたつ部屋では四季を通して多く語り、また素敵な仲間に出会い恵まれた。


2011年10月15,16日(土日) 天候 大雨後快晴
メンバー;のみ子(飯田山岳会)もりしずか(無所属)かなっぺ・紅天久留島(梨大OB)
     ほそっち・はせべまこと・おおや・ささき(梨大)関・植松(白鳳会)

 
市役所9時集合、大雨なのでキャンセル多いが、着いてみれば梨大OB含め全員で10名参加。
16時より大宴会となる。

 

送別・小屋の語らい
111015-Houo-01.JPG 

翌日は朝6時まで大雨、がいきなりやんだ。晴れるぞ!
雨上がりの鳳凰小屋周辺は黄葉が綺麗だ。スペシャルサプライズ。
早朝より小屋の周りを散歩する。

 

16日の朝、鳳凰小屋
111015-Houo-02.JPG 

小屋周辺
111015-Houo-03.JPG 

小屋周辺2
111015-Houo-04.JPG 

快晴!地藏様
111015-Houo-05.JPG 

北岳様
111015-Houo-06.JPG 

観音岳山頂・会旗
111015-Houo-07.JPG 

甲斐駒様
111015-Houo-08.JPG 

小屋・全員集合
111015-Houo-09.JPG 

振り返り地蔵
111015-Houo-10.JPG 

さらば地蔵様
111015-Houo-11.JPG 

お別れにふさわしかった・・・

111015-Houo-12.JPG

 
多くの素晴らしい岳人達出会い恵まれ最高に楽しかったです。
宮城に行ってもどこかの時点でフルスロットルで活動活躍したいと思います。
また、沢山の仲間を作りたいと思います。
この場を借りて、皆様方、本当にありがとうございました!!!
 
お疲れ様でしたーーー

 
植松一好

平成23年度・白鳳会夏山反省会・加賀白山

ここのところ、夏山反省会は島めぐりをしてきた。
今年も、伊豆七島は御蔵島を行くつもりであった。しかし島が小さく宿泊所も抽選会なのである。
団体は不向きとなった。となれば未だ行っていないビックな山、加賀白山をターゲットとした。
この加賀白山、室堂の宿泊も完全予約制750名収容との事。なんとか予約にこぎつけた。


2011年10月8,9日(土日)
メンバー;白鳳会11名他3名 1名は来年度入会予定、2名はバン亀の奥様と長女です。


4時韮崎発、沢渡は物凄い車の数だ。上高地は激混みでしょう。
9時前、登山口である白水湖到着。今日は2,400mの室堂までなのでのんびり行く。

 

夏山反省会白山
111008-HakuSan-01.JPG 

早くついたので白山を眺めながら宴会、つまり植松送別会となる。

 

白山宴会
111008-HakuSan-02.JPG 

翌日も快晴!宿泊客は一斉にご来光を目指しヘッドランプの明かりが山頂目指す。

 

白山日の出
111008-HakuSan-03.JPG 

白山より北ア様
111008-HakuSan-04.JPG 

白山山頂
111008-HakuSan-05.JPG 

大宿泊所、完全予約制
111008-HakuSan-06.JPG 

朝食をいただいて下山。

 

白山1
111008-HakuSan-07.JPG 

白山2
111008-HakuSan-08.JPG 

11時前には登山口である白水湖着。
次の目的地白川郷へ。ここで温泉と昼食。

 

白川郷
111008-HakuSan-09.JPG 

今年度も無事終了。
お疲れ様でしたー

 

植松一好

第55回関東高等学校登山大会・八ヶ岳

関東8県選抜男女高校山岳部62チーム
A隊~E隊、教員役員含めれば500人の大所帯。
9月30日(金)夕方より合流
植松はB隊の支援隊・権現岳はギボシの鎖の通過安全監視係りである。

 

青年小屋B隊
110930-8PeakHightS-01.JPG 

権現山頂C隊
110930-8PeakHightS-02.JPG 

B隊ギボシ通過
110930-8PeakHightS-03.JPG 

B隊権現山頂
110930-8PeakHightS-04.JPG 

権現東壁と赤岳様
110930-8PeakHightS-05.JPG 

 
山岳連盟最後の仕事となりました。
 
お疲れ様でしたー
 
また、遊びに来てください。

 

植松一好

甲斐駒ケ岳・摩利支天南山稜

この3連休は、白馬から日本海に抜ける予定としていた。
先週、穂高の帰りの夕暮れ時、中央高速から甲斐駒のシルエットが浮かび上がった。
そうだ!いつかはこの摩利支天を攀じるつもりでいたのだ!


9月23~25日(金~日) 天候 曇り後快晴
メンバー;関・植松(白鳳会)

 
23日、今日はのんびりと昼のバスで北沢峠に入り、仙水越えて大武川(水晶沢)テン張る。
途中、矢茸さんところで駄弁る。

 

癒し系の森
110923-KaikomaMarishitenNanzan-01.JPG 

 
24日、6時出発。テントの裏から取付く、つまり南西稜より取付く。
樹林帯を確実に高度を稼いでいく。やがて正面に摩利支天中央壁が現れる。
中央壁の下を行き南山稜に出る。

 

摩利支天中央壁全容
110923-KaikomaMarishitenNanzan-02.JPG 

ジェードル状(チムニー状)に残置スリングがかかっている。ここまでは前回も来ている。
前回は、天候悪く、この上で敗退した。
今日は快晴、まだ8時である。
関の頭を借りて(踏んづけて)載り越す。
ここで樹木が切れてオープン状態になる。正面の草付きを関リード、が、行き詰まる。

 

この先行き詰まる
110923-KaikomaMarishitenNanzan-03.JPG 

バンドを右へ左へ弱点探すが、見当たらない。残置も一切無い。
もう一段降りて弱点探しである。植松リードで右の微妙な草付きバンドを行く。
落ちれば空中に投げ出され、いくらロープがあっても落ちたら戻る事は不可能である。
慎重に越える。唐松の大きな木でピッチを切る。
(すいません!ここからしばらくはカメラがザックの中なので写真はありません)
しかし、ここも上には行けそうも無い。更に右へトラバース。壁の中に大きな草付き発見。
大休止!関はここから帰ろうモード。よく見渡せば右の草付きが上がれそうだ。植松リード!
バイルがよく効き頼もしい。潅木でビレイ解除!その先も微妙だが上げれそう。
関を向かい入れる。その先、関リード。潅木にこまめに支点を取っていく。
ロープは25m1本。もう懸垂で戻る事は出来ない。背水の陣だ!
その後もなんとか弱点を付いて行くが、高度感が物凄く、時折体が空中に投げ出される。
つまり足が無いのだ。最後と思われるピッチは悪かったーーー
バイルに身を預け、思い切ったムーブで一気越えた!思ったとおりその先は緩斜面。
「関!抜けたぞー!」思わず吼えてしまった!次は関だ。そこはテンションかかった。

 

核心終了点
110923-KaikomaMarishitenNanzan-04.JPG 

一応安全地帯に抜けたと思う。握手はまだだ。
ロープを解いてとりあえず飯である。
 
ジェードル状を泥んこと格闘していよいよ這い松態に出た。

 

最後の這い松こぎ
110923-KaikomaMarishitenNanzan-05.JPG 

這い松をこいで行くとやがて緩傾斜になりついに摩利支天頂稜に立った!
時刻は13:40。

 

摩利支天様
110923-KaikomaMarishitenNanzan-06.JPG 

摩利支天頂稜
110923-KaikomaMarishitenNanzan-07.JPG 

がっしり握手!
関、山頂は?と聞くと、もうお腹いっぱいでーす。
だそうで、早く俺も祝杯挙げたい!とっと下山する。
甲斐駒ケ岳特有の花崗岩の白い砂、西日に照らされ下山、ザクザクと充実感に満たされ気持ちがいい。
途中、これも思い出深い離山。


 
離山
110923-KaikomaMarishitenNanzan-08.JPG 

仙水峠より摩利支天
110923-KaikomaMarishitenNanzan-09.JPG 

祝杯
110923-KaikomaMarishitenNanzan-10.JPG 

なすバター
110923-KaikomaMarishitenNanzan-11.JPG 

25日、3時起床、7時20分の北沢峠のバスに乗るつもり。

 

仙水の夜明け
110923-KaikomaMarishitenNanzan-12.JPG 

朝の仙丈様
110923-KaikomaMarishitenNanzan-13.JPG 

お疲れ様でしたー
 
久々の緊張感、またワイルドな泥臭い登攀、充実感、達成感、関、ありがとう!
思いはかない、気持ちは晴ればれです。
心置きなくみちのくへ行けます。
なんと言っても名前がいいよね


植松一好

 

補足
クライミングシューズはもっていかず、トレッキングシューズ(運動靴レベル)、ロープは9mm×25mで登攀しています。
クライミング道具をそれなりに用意すれば、正面の貧弱な草つきの突破も可能です(時間短縮になると思います)。


参考文献
日本登山体系 9 南アルプス

 

付録


摩利支天南山陵

110923-KaikomaMarishitenNanzan-14.jpg

 

解説図 110923-KaikomaMarishitenNanzan-15.jpg 

前回の摩利支天南山陵の記録
「大武川遡行~摩利支天南山稜敗退」
http://hakuhohkai.sakura.ne.jp/2009/09/post-349.html

  

Index of all entries

Home> Archives > 2011年10月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top