Home> 東北の山 > 祝瓶山いわいかめやま・赤湯温泉

祝瓶山いわいかめやま・赤湯温泉

またまた柳谷君とみちのくは山形、すばらしい山に行ってきました。
1,417mと標高は低いのですが、こんな山、日本に有ったのかと登山後の今でも感嘆の想いです。
 
7月28日(土) 天候 晴れ
メンバー;遊佐さん・柳谷・植松(白鳳会)
 
4時半、柳谷が迎えに来る。遊佐さん拾って山形へ向かう。
長井市から木地山ダム方面の林道に入る。長いダートを終点祝瓶山荘着。
数台の車が既に駐車中。
7時半出発。ひとりしか渡れないつり橋を渡り、沢のせせらぎとブナ林を行くといきなり急坂となる。
一歩一歩が30cm50cmでぐんぐん高度を稼ぐ。


東北の山は花が多い
120728-Iwaigame-01.JPG山頂直下の鎖場
120728-Iwaigame-02.JPG祝瓶山 1,417m
120728-Iwaigame-03.JPG
11時半山頂着。晴れてはいるが雨雲は有りですっきりはしない。
昼食後、遊佐さんから冷たいコーヒーゼリーが出感激!
下山は赤鼻ルート、この尾根をまっすぐ行けば憧れの大朝日岳に行ける。


今回の面々
120728-Iwaigame-04.JPG北岳草滑りの様
120728-Iwaigame-05.JPG標高1,400mの山でないロケーション
120728-Iwaigame-06.JPG大朝日岳方面
120728-Iwaigame-07.JPG祝瓶山・大きな山容
120728-Iwaigame-08.JPG登山ルート
120728-Iwaigame-09.JPG東北の山はブナ林が多い
120728-Iwaigame-10.JPG
ぐるっと周遊コース的登山ルート、しかし東北のマッターホルンと言われる祝瓶山。
堂々と貫禄あり、東北百名山、日本三百名山、もっと格上げな立派な山と思う。
関東に近ければ、GWにはバリエーションルートとして人気があるでしょう。
豪雪地帯で急峻な山なので雪崩の後も多く見受けられます。
 
今回、この山を選んでくれた遊佐さんに感謝!
 
帰りは、赤湯温泉・赤湯の元湯200円入ってきました。
この赤湯温泉郷もレトロな町並みです。


赤湯温泉・元湯
120728-Iwaigame-11.JPG 
東北最高!みちのく最高!
 
お疲れ様でしたー、また行きましょう。


 
植松一好

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 東北の山 > 祝瓶山いわいかめやま・赤湯温泉

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top