Home> 東北の山 > 安達太良山・沼尻温泉

安達太良山・沼尻温泉

紅葉の安達太良山に行ってきました。
東北新幹線から眺めていた大きな山塊安達太良山、裏側は活火山領域で変化に富む山でした。
 
2012年10月20日(土) 天候 曇り後晴れ
メンバー;石田さん・遊佐さん・柳谷・植松(白鳳会)
 
5時45分柳谷が迎えに来る。石田さん・遊佐さん拾って東北道南下。福島西で降りる。
本日は檄混みのメイン(表)登山道ゴンドラリフトを敬遠し沼尻温泉スキー場から入るそうだ。
とはいいつつもここの駐車場も紅葉トップシーズンなのでマイクロバス含め結構な数の車が駐車している。
しばらく上がり振返れば磐梯山がすばらしい。。。


磐梯山
121020-adatara-01.jpg


沼平・毒ガス発生地
121020-adatara-02.jpg

 
かつてはこの沼平の真ん中に登山道が有り、登山者4人が硫化水素ガスで死亡する事故が起きている。
現在は立ち入り禁止区域となっている。
我々はこの沼平火口跡をぐるりと安達太良山頂を踏んでの周遊コース、これから歩く稜線が一望出来る。


奥のピークが安達太良山
121020-adatara-03.jpg


山頂、順番待ち
121020-adatara-04.jpg

 
周遊コースからメインコースに出ると登山者の数は物凄く、山頂は順番待ちとなる。
大方がメインゴンドラ往復か、有名な通年営業くろがね小屋(くろがね温泉)周遊コースだそうだ。
くろがね小屋との分岐を分ければ登山者は激減する。それなりに多いが。
眼下にくろがね小屋を見る。本日は当然、満員御礼だそうです。


通年営業・くろがね小屋
121020-adatara-05.jpg


奥は吾妻山
121020-adatara-06.jpg


ひときわ大きな磐梯山
121020-adatara-07.jpg

 
這い松帯の緩やかな稜線を磐梯山見ながら行くと、やがて登山道は谷間に下りていく。
胎内岩の下りでは胎内くぐり=登山道が楽しめる。


胎内くぐり・登山道である
121020-adatara-08.jpg


紅葉1
121020-adatara-09.jpg


ナナカマド
121020-adatara-10.jpg


沼尻温泉源泉・湯の花採取場跡
 

無題3333.png
紅葉黄葉2
121020-adatara-12.jpg


白糸の滝
121020-adatara-13.jpg

 
今回のこの素晴しいコースのプロデュースは遊佐さん。
帰りはあの田部井さんが経営する沼尻温泉のロッジで入浴。500円
あの湯の花採取場から源泉を引いているのだ。源泉はチョー熱く危険。
味はチョー酢っぽいです。



沼尻温泉
 
無題33333333333333333333.png

田部井さん経営ロッジ
121020-adatara-15.jpg


東北さいこー!
みちのくさいこー!
 
植松一好

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 東北の山 > 安達太良山・沼尻温泉

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top