Home> 東北の山 > 霞露ヶ岳・姫神山・東北百名山

霞露ヶ岳・姫神山・東北百名山

2013年5月2日(木)~5月5日(日) 天候 最悪 植松単独

明け方仙台を出る。三陸自動車道を終点南三陸町まで行く。
語るまで無いけど、震災から2年過ぎてもひどい有様だ。
高台には仮設住宅がひしめいていて、丁度通勤時間の学生たちがバス停にたわむろしている時間帯である。
国道45号線は三陸海岸を八戸まで行くのだ。同じような悲惨な光景を見るのだろうし、また見なければいけないと感じて旅に出た。


南三陸町
20130502-shimokita-01.jpg


本日の目的は三陸海岸中間部にある山田町、霞露ヶ岳だ。
写真は、登る前に山田湾対岸から撮影。


霞露ヶ岳
20130502-shimokita-02.jpg


霞露ヶ岳山頂
20130502-shimokita-03.jpg


登山道から海岸
20130502-shimokita-04.jpg


今夜の宿泊地
20130502-shimokita-05.jpg


登山口にテント張った。
平日なのでだれにも会わないし、車も一台も通らなかった。


5月3日(金)

本日は目的地である下北半島へ突入。
の前に宮古市の浄土ヶ浜による。GW後半、ここも数時間後は物凄く混雑するのだろうね。


浄土ヶ浜
20130502-shimokita-06.jpg


昨年、三浦さんと恐山行ったので恐山は割愛予定。
下北半島には東北百名山が3座ある。
・吹越烏帽子岳・大尽山・縫道石山
しかし、八戸・三沢を越えた辺りから雲行きが怪しい。
六ヶ所村辺りは大雨、とても山どころでは無い。
まずは尻屋崎を目指す。


尻屋崎灯台
20130502-shimokita-07.jpg


そしてマグロで有名な本州最北端大間崎へ


本州最北端大間崎
20130502-shimokita-08.jpg


しかし、寒い、外気温度3度。
冬の寝袋持ってきて正解である。
大間でいか・たこ買って恐山と薬研温泉入口でテント張って寝る。


5月4日(土)

大間でもらった薬研(やげん)温泉のパンフレットにどうやら無料の露天風呂がこの辺にあるらしい。
テント片して出かけた。


薬研温泉かっぱの湯
20130502-shimokita-09.jpg


7:00~9:00が男性、男女入浴が時間制交代なのだ。
同じよう旅している方と旅の話で盛り上がり2時間あっという間に過ごした。
渓流沿いで雰囲気がよく、緑色の湯、ちょっと熱めですが、なんと言ってもただ!

さて、今日も雨、大間崎通って南下。
浄土ヶ浜など比ではない海岸に遭遇します。仏ヶ浦。
まずは国道から。


国道から仏ヶ浦
20130502-shimokita-10.jpg


仏ヶ浦1
20130502-shimokita-11.jpg


仏ヶ浦2
20130502-shimokita-12.jpg


なんとも素晴しい海岸でした。


20130502-shimokita-13.jpg


下北半島は思っているより大きく、海の幸、温泉もいたるところにあります。

本日、極寒の青森を脱し、一気に南下して岩手に入り、明日最終日は姫神山に登ろうと決めた。
暗くなる頃岩手に入り、4号線をはずれた山間部でテント張った。

 
5月5日(日)

相変わらず天気は悪い。しかし、今日は登る。
天気悪いが駐車場には数台、やはり人気のある山である。


姫神山山頂
20130502-shimokita-14.jpg


国道4号線から姫神山
20130502-shimokita-15.jpg


有名な花巻温泉¥390に寄って、夕方には帰仙した。

追伸;昼食だけは贅沢した。⇒¥1,000越え。
ウニ丼・まぐろ丼・しじみラーメン・焼干しラーメン、いずれも超おいしかったです。

下北半島は出直しかなぁ・・・遠いね。

東北さいこーは今回は言えないなー


植松一好

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 東北の山 > 霞露ヶ岳・姫神山・東北百名山

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top