Home> 東北の山 > 小又山・神室山地・東北百名山

小又山・神室山地・東北百名山

神室山地最高峰小又山1,367mに行ってきた。

2013年6月29日(土) 天候 曇り山頂晴れ 植松単独

仙台はやませが吹き天候がよくない。おまけに6月の終わりでも寒いのである。
秋田に行けば晴れるだろう的に神室山地最高峰の小又山(こまた)を選んだ。

林道終点には車は皆無。
杉の伐採用のブル道を行けば、登山道の標識があると思いブル道を延々と登る。
ブル道終点に着いても登山道は見あたらない。下山しながら注意深く右岸を見ていく。
見つけた。1時間半のロスである。
看板も何も無い。ケルンを積んだ。


登山道入口
20130629-Kamuro-01.JPG


急坂を600m登れば、東北特有なブナ林に出る。
12時、山頂着。やはり秋田方面、新庄方面は晴れている。


神室山地最高峰小又山
20130629-Kamuro-02.JPG


小又山頂より神室方面
20130629-Kamuro-03.JPG


小又山頂より火打方面
20130629-Kamuro-04.JPG


13時下山。


ニッxウキスゲ
20130629-Kamuro-05.JPG


エxレイソウ
20130629-Kamuro-06.JPG


15時登山口に着いた。
この日はだれにも会わなかった。

帰りは、鳴子温泉手前の中山平温泉に寄った。
鳴子も湯気が豊富だが、ここ中山平温泉の方が湯気に迫力ある。
源泉93℃


中山平温泉
20130629-Kamuro-07.JPG


公衆浴場、しんとろの湯 420円
乳白色で名前のように超とろとろというかぬるぬるです。
別名うなぎ温泉だそうで。


しんとろの湯
20130629-Kamuro-08.JPG


18時半には帰仙した。

神室はやはり全山縦走でしょう。
写真で素晴らしい尾根道が確認出来るはずだ。


植松一好

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 東北の山 > 小又山・神室山地・東北百名山

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top