Home> Archives > 2013年9月アーカイブ

2013年9月アーカイブ

天狗尾根・チャーリーズエンジェルが行く

2013.9.21(土)快晴

メンバー:バン亀、いなぴ、金指、みみっく

 

天狗尾根全景.jpg

《天狗尾根全景》

懸垂下降をしたい金指さんのリクエストで、天狗尾根に行ってきました。9/16の台風18号の影響で沢は倒木、プチ土石流で乱れていましたが、さほど影響なく出合小屋までいけました。

下山が遅くなるかどうかは、『君達次第です』と、隊長(チャーリー)に釘を刺され、エンジェル達は頑張りました。

ご機嫌チャーリー.jpg大天狗では、金指さんリクエストの懸垂下降です。隊長は一足早く降り、遠くから声援を送ります!? 真教寺尾根からも『ヤッホー』と声援が。リクエストをした金指さん、右手を離してはダメですよ。フリーズしたのかと思いましたが、無事に懸垂できました。予定(予想?希望?)通り、お昼に稜線に出て赤岳ピストンし、ツルネ東稜を下りました。

 

みみっく懸垂中.jpg                          《大天狗・懸垂下降》

小天狗バック.jpg                                《小天狗バック》   

  チャーリー.jpg        

赤岳山頂.jpg《赤岳山頂》 

エンジェルが4人.jpg《4人のエンジェル》

キレット小屋の水場とツルネ東稜で遭難しかかった女性と遭遇。一緒に下ることに。約1時間で出合小屋、17:30頃美し森到着。暗くなる前には下山でき、ボヤで休業していたパノラマの湯で汗を流し解散。

12時間行動、お疲れ様でした。

また、行きましょう。

来年には4人のエンジェルでどこかに現れるかも!?

みみっく

 

 

白根三山探索路・レインジャー

2013.9.7~8  雨

メンバー:バン亀、and、いなぴ、みみっく

 

北岳.jpg今年最後のレインジャー、北岳探索路ということで、バットレス四尾根を予定していましたが、悪天候で一般路へ変更。鹿の食害が多数・・・肩の小屋で19時間・・・休養充分で下山しました。

来年こそは、バットレス・・・

 

 

  レインジャー活動中.jpg

ハクサンフウロ.jpg

ホソバトリカブト.jpg   今年のレインジャー業務は全て終了しました。また来年もよろしくお願いします。m(__)m

 

みみっく

鳳凰三山・探索路レインジャー

2013.8.24~25  24日曇り 25日雨

メンバー:ワン、田中、稲木、みみっく

やま.jpg

 週末のお天気が怪しい。中道から薬師岳に上がるルートを選択、普通に登山道の往復レインジャーです。毎年恒例で鳳凰小屋へお世話になります。お土産がザックに満載。

笹平のちょっと上で、オコジョを見かけたという情報。私たちの前には姿を見せてくれませんでしたが・・・けっこう低いところにも生息しているんですね。

薬師岳小屋に立ち寄ります。稜線の小屋は人気ですね。この週末はお天気優れませんでしたが、ほぼ満員のお客さん。トイレも綺麗になり山頂まで3分ぐらいの立地条件のよさはお天気関係ないのでしょうね。

薬師岳小屋.jpg薬師岳小屋からすぐ稜線です。稜線には秋の花がけっこう咲いています。レインジャー活動しますよー。

 

 タカネビランジ.jpg

  ワンさん変顔.jpg夕飯は恒例のカレー。いっぱい戴きました。ごちそうさまです。談話室での宴、楽しかったです。

 

談話室にて.jpg

翌日は雨。すぐやむのかと思いきや、だんだん激しくなってきた。うーん。話が違う。

来た道を戻り中道を下山、蒸し暑い下界に到着。

また行きましょう。

 

みみっく

 

 

舟形山・日本二百名山・東北百名山

正直言って、海抜1,500m、この標高でこんな素晴しい山があるとは。

2013年8月24日(土) 天候 曇り後晴れ 植松単独

宮城県は、大方、この三つの山塊に分けられると思う。
北から、栗駒山塊、舟形山塊、そして蔵王山塊。
仙台から一番近いのが舟形山、しかし栗駒・蔵王の様に観光開拓されていない。
故に、舟形山は常に気になってしょうがなかった。

7時、桑沼を出発。


桑沼
20130824-funagata-01.JPG

 
桑沼の先の登山道は崩壊により通行止めとあり、実際に手の掛かったバリケードがあった。
行けるだろう的に行く。そして稜線に出るところにも下山出来ないようにバリケード。
通過してきたが、何でもなかった。なんだこれ?
地元山岳会とか何もしないのか?昭文社の地図では立派な実線である。
あんな工数かけたバリケード作る暇あれば鉈と鋸で1時間/1人整備で十分である。
まっ、いっか。関係ねーけどもったいない・・・

さて北泉ヶ岳と船形山をつなぐ縦走路に出た。ここから延々とブナ林の中を行く。
そして、森林限界だ。三峰山の一角に出た。
振返れば、長く歩いてきたブナジャングルだ。


泉ヶ岳周辺
20130824-funagata-02.JPG


そして、前を見れば、はるか遠くに目的地、舟形山。
とおぉ~いのだ!


三峰山から舟形山
20130824-funagata-03.JPG


写真見ればわかる、舟形とはよく言ったものである。


山形側・黒伏山方面
20130824-funagata-04.JPG


標高1,400m越えれば這い松帯となるのだ。


ツバメオモトも秋です
20130824-funagata-05.JPG


オヤマノリンドウ
20130824-funagata-06.JPG


山頂は、高山植物が物凄い。
チンクルマ・白山イチゲ・楽園である。
舟形山は山形では御所山と呼ぶそうだ。


山頂、御所神社
20130824-funagata-07.JPG


舟形山頂と非難小屋
20130824-funagata-08.JPG


舟形山頂から
20130824-funagata-09.JPG


下山は、升沢口に降りて、林道を延々と歩いて18時に車にたどり着いた。
久々の11時間行動でした。
この先、舟形山には多く通いそうだ。
舟形山は名山であるね。

久々に、
東北さいこー
みちのく万歳!


植松一好

硫黄 赤岳

日時:2013年8月24日(土)
メンバー:金指 安藤

ジョーゴ沢 沢登の予定であったが  荒天の為 一般道に変更

美濃戸から歩き出す 赤岳鉱泉で休憩
鉱泉に到着すると 途中から我々のペースに付いてきた御仁と話す
この鈴木氏 17歳で初めて八ヶ岳に登り 60年ぶりの八ヶ岳
東京マラソンも 完走したそうである

赤岳鉱泉出発 天気 視界も悪く鈴木氏同行する 

P1010610.JPG
硫黄避難小屋にて休憩


P1010613.JPG
金指と鈴木さん

程なく 展望荘に到着 鈴木氏 今夜は展望荘に宿泊
我々も ここで休憩する事にする 
すると鈴木氏 同行のお礼にと 昼食にカレーライスをご馳走して戴いた
鈴木氏との 別れを惜しみ 赤岳山頂出発

P1010615.JPG
山頂

山頂から下山 権現の分岐で 金指と別れる
金指は キレット小屋宿泊で権現経由で帰宅の予定
安藤は 美濃戸を目指す 
俺だけ日帰り

翌日 金指が権現小屋で まったりしていたら 
鈴木氏と再会 編笠経由で下山との事
二人共 Vitalityが凄いです

鈴木さん カレーライス ご馳走様でした

Index of all entries

Home> Archives > 2013年9月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top