Home> トレイルランニング > | 海外 > UTMB 敗退

UTMB 敗退

日時:2013年8月30日(金)~9月1日(日)
天候:晴れ、曇り、強風
メンバー:森田

今回は、UTMB(ウルトラ・トレイル・デュ・モンブラン)に参加して来ました。

このレースは、トレイルランナーの憧れのレースと言っても過言ではないレースです。 
各国のトレイルの大会を完走してポイントを貯めて申し込み、抽選で参加資格が得られます。
(日本の大会は最近、クリック合戦や抽選で参加するのも大変です。)
また、この期間中に同時にTDS、PTS、CCC、UTMBと全4カテゴリーのレースが行われます。 
(距離、コースが違います。)

コース
フランスのシャモニーをスタートし、モンブランの周り(外輪山?)を反時計回りに1周してシャモニーに戻る、
168km(約100マイル)、累積標高9600mのコース。標高は大体1000m~2500mの間のランになります。

日程:8/27火 夜、羽田からドバイ経由でスイスのジュネーブ。ジュネーブからバスで1時間半でシャモニー着。
現地時間8/28水 17時シャモニー着。
8/29木 受付。
8/30金 ドロップバックを預ける。16:30スタート
9/1日 14:30 UTMBの制限時間。
9/2月 10:00シャモニー発。バスでジュネーブ、ドバイ経由で成田に日本時間の9/3火 17:30着。

8/28水 シャモニーを散策しTDSのトップ選手のゴールを見学。
8/29木 ロープウェイでエギュードミディ3824mへ行き、モンブランを間近で見て、高度順応も。
ユックリ歩く分にはチョイ頭痛くらいだが、走るとヤバイ・・。まぁ、レースは標高2500m位までなので良しとする。
帰りのロープウェイの中間駅で少しランニングして下山し、レース当日の荷物を用意し、長蛇の列に並んで受付終了。
8/30金 午前中散歩して、昼寝の後に準備して16:30スタート

ついに、このスタートラインに立つ事が出来た!
う~ん、長かった・・。
で、この大会、やけに盛り上げるのが上手い!お国柄なのか、応援も凄い!スタート前に号泣している選手もチラホラ。
16:30ついにスタート。老若男女、凄い声援の沿道を歩く、小走り、走り、で結構ペースが速い。

一山越えて隣町へ、また一山越えて隣国へと言う感じで本当に旅って感じです。
童話に出てきそうな町や恐竜が棲んでいそうな絶景まで飽きさせない。
夜は、前を見上げたら山の稜線までヘッドライトの列が連なり、そのまま満点の星空につながって、
後ろを見たらはるか後方まで今まで進んで来た道がヘッドライトで浮かびあがっている。 
イタリアに入ってからは、左にモンブラン、グランドジョラスの絶景、氷河も見える。 
ふぅ~、来た甲斐があった。。
が、40kmくらいで痛めた膝がとうとう動かなくなってきた・・。
騙し騙し、粘って来たが、前半のタイムマージンを使い果たし、スイスに入って103km地点でスイーパーに
回収されちゃいました・・。(8/31土20:30頃)
何が悔しいって、2度目の日の出、この先の絶景が見れないのが悔しい・・。

103km地点のラ・ピュールから車でシャモニー行きのバスが出るシャンペ湖まで送ってもらい、シャモニー行きのバスに乗り、
途中乗り継いで深夜のシャモニーへなんとか到着。

まとめ
皆、最後はUTMBって言うけど、ドンだけのモンかと思っていたが、実際に参加してみて納得。
このレース、チャンスがあれば参加してみる事をお薦めします。

また、いつかリベンジしたいネ。
でも、後半走れなかった所は、CCC(100km/累積標高5950m)で走ったら、1周になるしなぁ・・。

ちなみに、UTMBの参加者の平均年齢は43歳らしい。


ミディからモンブラン
20130830-UTMB-01.jpg


ホシ
20130830-UTMB-02.jpg


アレット モン ファーヴル
20130830-UTMB-03.jpg


グランドジョラス
20130830-UTMB-04.jpg


モリタ

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> トレイルランニング > | 海外 > UTMB 敗退

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top