Home> スキー > | 東北の山 > 面白山高原スキー場(4年前から廃業)

面白山高原スキー場(4年前から廃業)

昨年の11月に、使われていないスキー場の整備に参加した。
厳冬期の面白山スキー場は始めてである。
 
2014年1月11日(土) 天候 雪 メンバー;高根さん・植松
 
高根さんの車で作並駅に向かう。作並駅から仙山線に乗車。
ここからスキーブーツを履く。


作並駅
20140111-omo46-01.JPG


駅前の看板
20140111-omo46-02.JPG


無人駅から仙山線に乗り込む。すぐに車掌が来て230円徴収される。


仙山線
20140111-omo46-03.JPG


長い面白山トンネルを抜ければそこは雪国、やまがだ だ!じぇじぇ


冬の面白山駅
20140111-omo46-04.JPG


パウダーキングこと、石田さんも別車両に乗っていた。
総勢6名、山形側からも来るとの事。
駅より板にシール装着し、先行のラッセル跡を使い登りだす。
廃止された中間駅がBC(ベースキャンプ?ハウス?)となっている。快適なのだ。


中間駅がBC
20140111-omo46-05.JPG


植松は、なれていないのでひとり特訓である。
こけた時、板履こうとストッパー着けずに履いたら板がすっ飛んでいっちまった。あ~やっちまった!
これでは、おむすびころりん・・・であるね。情けね―
片足ですべり、片方も脱いで森の中に板探しに入ると腰胸のラッセルだ。
やっとの思いで板回収、すると、目の前をかっとんで行く御仁がいた。すげぇ・・・!
後で聞けば、山形の雪崩講習会の講師だそうだ。早く、ああなりて~・・・無理か!

さて、快適BC(ベースキャンプ?ハウス?)でラーメン昼食である。
ほんと!快適である。


BCの中、ストーブとか使えません
20140111-omo46-06.JPG


この湯気は高根さんのラーメンの湯気です。

午後は、写真の通り、思い思いにトラックをみな刻みます。
植松は下の緩斜面にて特訓!早く、あーなりてぇ・・・


思い思いにトラックを刻む
20140111-omo46-07.JPG


14時の列車で帰仙します。


なぜか石田さんのザックに・・・
20140111-omo46-08.JPG


石田さん、おいしそうにウィスキーを舐めています。

バックカントリーに乾杯!
更に不良中年に乾杯!


植松一好

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> スキー > | 東北の山 > 面白山高原スキー場(4年前から廃業)

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top