Home> スキー > | 東北の山 > 厳冬の不忘山(蔵王連峰)

厳冬の不忘山(蔵王連峰)

仙台で購入した山スキー、今回、つくづく凄い武器を購入したと感じた。
とにかくスノーハイクが楽しいのである。
面白山BCクラブに感謝!

2014年1月18日(土) 天候 下界晴れ山荒れ 植松単独

白石蔵王スキー場に駐車。
ゲレンデ左隅よりシール装着、ハイクアップ開始。
スキー場は晴れているのだ。
スキー場のトップ周辺から山に入る。BC愛好家が多いようで、木々にはテープ等で導きあり。
しかし、本日は先行トレースは無いようだ。
スキー場外れれば、風強く、日差しも無い。
久しぶりに目出帽を装着する。
深い雪もこの板は最高である。
標高1,450m、時刻は正午。後300mで山頂であるが、本日はここまで。


標高1,450mで敗退
20140118-Zao-01.JPG


冬の定番
20140118-Zao-02.JPG


滑り出し斜面
20140118-Zao-03.JPG


雑木林の向こうが白石スキー場だ。
初心の俺にはいい斜度である。


不忘山を振返る
20140118-Zao-04.JPG


14時過ぎには駐車場に着いた。
早速、不忘温泉、不帽の湯へ。
厳冬期は初めて訪問。本日で3回目である。
外気温氷点下5度、湯温45度、お湯出口は熱くて触れない。
手前入口が適温で最高!300円。


不忘の湯
20140118-Zao-05.JPG


次は山頂目指しましょう!

BC、バックカントりーに乾杯!


植松一好

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> スキー > | 東北の山 > 厳冬の不忘山(蔵王連峰)

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top