Home> 東北の山 > <神室山・小又山縦走・東北百名山・日本二百名山>

<神室山・小又山縦走・東北百名山・日本二百名山>

神室山も小又山も既に登っているけれど、高根さんから泊まりで縦走しようと計画が
あった。

この稜線はいつかは歩きたかったので二つ返事で参加した。

2014年10月25,26日(土日) 天候 ドッ快晴!

メンバー;高根さん、遠藤さん、植松

鹿島台で遠藤さん拾って、早めに鳴子温泉を通過するが、既に大渋滞が始まってい
て、そこを抜けるだけで30分はかかった。

鳴子温泉、正式には鳴子温泉峡、紅葉黄葉で栗駒と同様、物凄く有名なのだ。

11時、登山口着。

<神室山の黄葉>

神室山の黄葉.jpg

<神室山の黄葉2>

神室山の黄葉2.jpg

<6合目より神室山>

6合目より神室山.jpg

16時、神室避難小屋着。

本日、貸切となる。暖かい2階に占拠。

なんと、ストーブもあるのだ。

遠藤さんが水を取りに行った。

下り5分、登り10分。

<遠藤さん家の干し柿>

遠藤さん家の干し柿.jpg

干し柿、甘く、酒のつまみにはならないけど、行動食ではバッチリです。

<鳥海山と新庄盆地の雲海>

鳥海山と新庄盆地の雲海.jpg

日が変わって・・・

6時、神室山頂、ご来光を拝む。

本日は、神室山塊最高峰の小又山へ。

<縦走路を行く>

縦走路を行く.jpg

<神室避難小屋と鳥海山>

神室非難小屋と鳥海山.jpg

<小又山への縦走路>

小又山への縦走路.jpg

<神室山を振返る>

神室山を振返る.jpg

10時、小又山山頂着。

<後ろのピークは火打岳、その後ろは月山>

後ろのピークは火打岳、その後ろは月山.jpg

神室山塊、豪雪地帯で雪の浸食が山襞に物語っている。

これで1,300mですからね。山梨ではありえないですね。

神室山、益々好きになりました。

帰りは、赤倉温泉は三の丞旅館、500円に寄って帰りました。

この温泉もレトロ感たっぷりの温泉でした。

高根さん、お誘い計画、ありがとうございました。

植松一好

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Home> 東北の山 > <神室山・小又山縦走・東北百名山・日本二百名山>

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top