Home> Archives > 2015年1月アーカイブ

2015年1月アーカイブ

とある沢

2015年1月25日(日) 天候 晴れ メンバー:バン亀、ide、sano

アイスを始めたころから気になっていた沢へ行ってみた。
行ってみるとその沢には見事な氷瀑があった!

近くにこんなに素晴らしいアイスエリアがあったのか!
手つかずの氷瀑を3人で雄叫びをあげながら登りまくった。

DSCF2944.jpg最初の氷瀑。50m

DSCF2954.jpg

クラゲ氷を楽しみながら登る。

DSCF2961.jpg所々薄い部分もあり、シャワーを浴びながら登る。

DSCF2999.jpg二つ目の氷爆!50m

DSCF3020.jpg登りやすい氷で楽しい。

DSCF3036.jpg三つ目の氷瀑!30m

楽しすぎる。

DSCF3056.jpg懸垂下降中。

DSCF3073.jpg素晴らしかった!!

バン亀

2015年アイス講習会&新年会

●2015.1.11(日) アイスクライミング講習会in 日向山

参加者:バン亀、シンジロー、okamada、丹澤、みみっく

毎年恒例のアイスクライミング講習会。新年会の前に氷を登りましょう。

アイス講習会.jpg講習会全景

ice2.jpg

あいす1.jpg

楽しく一日遊びました。夜は新年会に突入です。

●2015.1.11(日)  白鳳会新年会 in 志ん楽

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

90周年の行事も目白押しになる年です。会員の皆様のご協力お願いします。

新年会.jpgみみっく

蔵王連峰・不忘山

2015年1月10日(土) 天候 風強く吹雪後晴れ 植松単独

白石スキー場8:30着。いつもはスキー場の左端をハイクアップだが、本日は、夏道、
つまり登山道を赤テープに導かれスキーラッセルとする。3時間ほど上がる。
風がとても強く、目出し帽で完全装備。

<登山道通りに行く>

登山道通りに行く.jpg

<本日はここまで>

本日はここまで.jpg

12時、標高1,450m、本日はここまで。

帰りにはワイルドな露天風呂、不忘の湯に寄って帰仙しました。

2015年1月11日(日) 天候 晴れ 植松単独

9時、泉ヶ岳スキー場着。北泉ヶ岳目指しハイクアップする。
この山は物凄い人気のある山で登山者が列をなしている。水神様まで来ると、
 そのほとんどが泉ヶ岳に向かうので静かとなる。

<泉ヶ岳>

泉ヶ岳.jpg

後、30分程で北泉ヶ岳山頂だが、本日はここまで。

<本日はここまで2>

本日はここまで2.jpg

のんびりと定番ラーメンですごす。

<冬の定番>

冬の定番.jpg

帰りは、滝の原温泉に寄って帰仙した。

植松一好

神宮川 本谷

2015年1月12日(月)  天候 晴れ    メンバー:バン亀  今村(岳心会)

駒ヶ岳神社に車をデポして神宮川へ。
林道はスケートリンク状態。少し車でカーリングをしてみた。
神宮川ボルダー前に駐車する。

5時17分スタート
最後の堰堤前にて装備を身に着ける。
トレースがあり歩きやすい。積雪はすね。

DSCF2824.jpg 最初の滝を今村リードで登る。


DSCF2834.jpg 鞍掛沢と本谷の二股を過ぎ本谷へ。

DSCF2839.jpg

DSCF2840.jpgこの辺りは雪も少なく楽しい沢登。

DSCF2847.jpg

谷が開けて気持ち良い。

DSCF2863.jpg  途中からトレースがなくなりラッセルスタート。

傾斜がない沢をひたすらラッセル。

アイスは雪の下...。

DSCF2870.jpg

 

右岸に100mほどの氷瀑が現れた!

登りたいが本流を詰める。

ラッセルラッセル。

 

 

DSCF2880.jpg

2時間ぶりにアックスを振る。

DSCF2891.jpg

二股となり右へ。

スタートしてから6時間、ようやくまともな氷瀑を登る。

DSCF2895.jpg バン亀リード。

素晴らしい氷で楽しめた。

DSCF2896.jpg

上部の壁には見事な氷瀑。

DSCF2901.jpg

そして凄いやつが現れた!! 「蒼龍の滝」

ハングしている岩壁に垂れる氷柱。
登りたい...。
が今回は登らず...。 

沢を詰めると行き止まり。

こちらは本流ではなかった。

DSCF2929.jpg

本流に戻るとまたラッセル。

また素晴らしい氷瀑が!
これも登らなかった。指をくわえながら通り過ぎる...。

このまま本谷を進むと時間がかかるので支流を登り尾根に出た。

DSCF2931.jpg

さっきの凄いやつ!横からの図。垂直!

DSCF2933.jpg 15時尾根着。
尾根にはトレースがあった。
2時間で日向山の分岐着。
錦滝へ降り、林道と登山道を歩いて駒ヶ岳神社に19時11分着。

 

バン亀

鳳凰山2014暮

2014年12月30,31日(火水) 天候 吹雪後晴れ 植松単独

 

長く、鳳凰小屋で働いていた宇佐美君が、この冬で鳳凰小屋を去ると言う。

仙台より登山道具一式担いで電車で帰省した。

 

30日10時、御座石鉱泉を出発。

年末で登山者多く、トレースは問題ない。

燕頭山まで来ると吹雪となった。単独登山者3人抜き16時に鳳凰小屋に着いた。

宇佐美君とは久々の再会である。ウイスキーと牛タンを渡す。

本日の泊り客は10人ほど、こたつ部屋で宴会となった。

 

翌日は快晴、上にあがるつもりは無かったけど。賽の河原まであがる事にした。

 

<地蔵様>image001.jpg

<甲斐駒様>image002.jpg

<八とオベ>image003.jpg

 

昼前に鳳凰小屋に戻った。

 

<新旧交代>image004.jpg

右端が宇佐美君。鳳凰小屋の看板持っているのが新人片倉君、まだ25歳だそうで。

もちろん、鳳凰小屋のオーナーは細田氏、年齢も年齢なので、冬は宇佐美君に任せていたのだ。握手、お別れをいたし12時に小屋を出た。

 

<荒れる甲斐駒様>image005.jpg

 

15時40分、御座石鉱泉着。この後、細田氏と会う予定でしたが、昨晩一緒だったお客さん2名を韮崎駅に送っていったので次回帰省時にでも会いましょう。

 

宇佐美君、良い写真を撮り続けてください。

また、どこかでお会いしましょう。

 

追加写真2015年1月5日撮影

 

<甲府城跡より鳳凰様・甲斐駒様>image006.jpg

 

植松一好

Index of all entries

Home> Archives > 2015年1月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
ウェブページ
購読
Powerd By

Return to page top